07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016.09.10 (Sat)

ゆるゆると お楽しみくださいby純 (深夜便Youtube追加あり

ラジオ深夜便にて 聞き手 嶋村チーフディレクター
深夜便

Q. いじめにもあったことがある?

A. 本当にずっといじめられっこで 変わっていると標的になる
 運動神経がまったくだめで、その当時もやせ細っていてひ弱な
  キャラクターでからかわれる・・ 
 小中高とそんな感じで、中学とかになると男の子も不良になる子がいて
 そうなった時に自分もけっこうあざだらけになって帰って、
 それを親に隠すのもたいへんで
 当時は深刻に悩んで学校をやめたかった 
 自分はいじめにあってもやり返すこともなく、
 結局へらへらして自分の中でみじめな自分をわらって
 笑いに変えるしか救われる道がなかった
  
 今の人生につながっているというか・・
 今、おこがましくもお笑いの世界にいて、何でも悲しい事も笑ってしまおう
 とかそういう根底は 学生時代からあって、そんなことがあって、
 今お笑いの世界にいて人生がわりと楽しくやれているかな?
 古い歌が好きだということも恥ずかしくてコンプレックスだったことが
 今思えば、 自分の変わった部分がある意味お仕事になっている
 人と違う ということも いつか違う形でひょっとしたら人に認めて
 もらえることもあるから
 そんなお子さんがいたら、伝えることができたら・・

な~んて筆記してたら Youtubeにあがってました。
上記の部分は22分30秒くらいのところから



---------------------------------------------------
純さんのライブはとにかく楽しい♪
お笑いライブじゃなくて、歌だけのライブでも楽しい♪
真面目に歌を歌うライブでも 楽しい

ピーンと張り詰めた緊張感たっぷりの龍雲ライブは、40年近く見続けてきたもので弾き語りライブとはこういうもの という動かない想いがあって、たまに行く加川良さんもやはり緊張感いっぱいで聴いている やはりライブってこういうももなんだと思ってた。

ジュリーのコンサートは2時間立ちっぱなしという(座ってもOKだけど)身体動かしながら観て、動いて。
甲斐バンドもそうだった・・・

で、それはライブ コンサートとして当たり前のことで、感動して満足して帰る。
時にそうでないこともあるけれど・・・

初めてタブ純を生で見たのは、坂崎クンのお台場フォーク村のゲストで
それはそれはご本人も緊張していて、当たり前のコンサートの風景だったけれど

その後タブ純ライブ として観たとき
純さん 出て来て 「こんばんは~ タブレット純ですぅ よろしくお願いします
今日は ゆるゆるとお付き合いいただけたら 嬉しいです」
って 挨拶して始まった・・・・

大きく違うのは、自分のオリジナル曲が少ないので
ほとんどがカバー曲 自分が好きな歌  青春歌謡 GS フォーク 
真髄のムード歌謡 それぞれがメインだったりそれらがごっちゃまぜ
だったり・・
演奏は弾き語りだったり、バンドだったり、まさるちゃんだったり、カラオケだったり・・・
ライブ中に写真撮ったりがOKなのもびっくりだった
今は事務所も厳しくなってNGのことが多いけれど・・・

そう、こんなゆるゆるなライブ 未体験だったから 緊張もなにもない・・・
緊張するとしたら、 そこに置いたグラスを蹴飛ばさないか?
とヒヤヒヤしたりで、真剣に唄うのをうっとり聴いていても 
ライブが終わって会場を出る時は
あ~~楽しかった ♪  って思う 
それはもう理屈じゃなくって・・・

龍雲さんの歌は、挫折した心に寄り添ってくれるような 
一緒に泣けるような・・・ 特に落ち込んだ時は慰めてくれて
ず~~っと支えになってた
詞をかみしめて、心に刻むように聞いていて
もちろんその声も沁みて・・・・

中高時代、龍雲さんのレコードを擦り切れるほど聴いていたという純さん
いじめられた心を龍雲の歌に慰められていたこともあるのかな?
泣くことよりも 笑うしかなかった というのが悲しすぎるなぁ・・・

なんか そこにあるのかな? 
楽しでもらえたら嬉しい のが伝わってくるライブだからかな?
(龍雲さんの歌で感動するのとはまったく別のもの。)

そんなふうに なんとなく 思ったのでした。

こんな気持ち なんか 残しておきたくなった今夜・・・・

00:05  |  ひとりごと  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |