04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.09.27 (Sun)

岡林信康弾き語りLive2015  上越高田世界館

11713540_515737085246847_1860599050_n.jpg

人生2度目の岡林信康ライブでした。

わざわざ出かけることはないけれど、来てくれるなら是非行きたい!
イベンターさんの告知を見てすぐ予約しました。
(その時はまだタブ純は私の前に現れてなかったんだわ~)

まだツアー中ですので曲目は控えておきます。

LINE BOXさん主催のライブは
今回の岡林さん、加川良さん、大塚まさじさん、茶木みやこさん、下田逸郎さんで参加させてもらってました。
龍雲さんでも3回。
LINE BOX主催の主なアーチストの名前からははずされちゃってますが・・・龍雲さん。

新幹線に乗らないで1時間ちょっとで行ける私にはとてもありがたいライブ地なわけです。

18:00開場に17;30頃到着するともうおじさま、おばさまが並んでらっしゃいました。
今日はどこの席でもいいので、むしろゆっくり見える範囲でいいかな・・・・と。
ですが、中に入ったら前のほうが空いている!
1列目すら空いていたけど、あえて2列目のちょっと右寄りに席をとりました。
座ってステージを見て、あれ? なんか足りないな・・・
4818099_2178255592_218large.jpg

あ! 椅子がない  そだ 今日は龍雲さんじゃなかった。
岡林さんは立って歌うんだな・・・ そういえば加川良さんも立ってた
あの時代の方は座って歌うなんてなかったよね きっと。
強いメッセージソングを座ってはリードできないよね  ん  納得。
譜面台は上を向けてペットボトルのテーブルになってました。

主催永井さんのMCで この高田世界館は文化財指定を受けていて、岡林さんは指定されてないけど
「人間国宝」だ! この組み合わせはすごい と言いながら岡林さんを紹介。
ギターを抱えた岡林さんはマイクの前に出て、無駄な音ひとつさせず
すぐに演奏 歌に入りました。
ギターがエレアコでなく、ジャックを挿してる動きもない。
マイクで拾うだけなのでコードにつながれてない分このスッキリ感! 
そうだ こうでなくちゃ!
いつも気になっていた「無駄」がない。
開演前の緊張感からそのまま歌に入っていける。

(いちいち誰かと比べてすみませんが、見習ってほしいものだと思いました。
 誰か言ってあげて~)

ほぼ歌手人生をデビューから追うようなベスト盤を聴いているような選曲なので
なんとなく曲順も記憶されています。
1曲歌って
「人間国宝などと紹介されましたが、僕は神様です」

当地ならではのMCなのかな?

高田世界館は一時取り壊しの話が持ち上がって、保存運動が起きて
壊されずにすんだと聞き、故郷の近江八幡でも八幡掘という水路の
保存運動が起き、現在では重要な観光資源となっている。

実は岡林さんのお父様は新潟県糸魚川の山の中の出身なんだそうです。
上杉謙信の流れをくむ「下杉」が旧姓だそうで(上杉謙信との関係は
本当かギャグかわからないけど)
下杉姓のお父様はお百姓を嫌い滋賀の紡績工場に働きに出て、そこでキリスト教と出会い
神学校に入り牧師になった。
岡林家に婿養子となったのでもし養子でなければ「下杉信康」であった。
近江八幡の教会に生まれた岡林さんは、神学部にすすむも神学をやめて
歌手になったり、それを辞めて父の嫌った百姓になったり
父はずいぶんがっかりしていたことだろう と今になって思う。

たぶんローカル限定の話かと思いうので書いちゃいましたが・・・・

今まで体験したライブと違うのは、なんだろ? この威圧感
手拍子がそろってない と言われ
拍手するならする しないならしない と言われ
ウケをねらっているのかいないのか? わからない・・・
それが笑ってなごみにもっていくのか?
本当に怒られてるのか?
客席の緊張がとけないような威圧感
これは神様だから??? 

歌手としても紆余曲折 あっちに走り、こっちに走りと
ブレっぱなしの歌手人生だったと思うんですね
ファンはついて行けないだろうなあ?
と客観的に思っちゃったりする。

なんとか歌って生活できればいいなと思ったら本当にそうなっちゃった  とか
休憩時間はトイレのためだけではなく、CDが並んでますから  とか
神様の発言じゃないよな~~

もちろん 神様 を一番否定しているのはご本人と思うのだけど(どうなんでしょう?)
「神様」と闘ってきたんだろうなぁ と
「神様」と呼ばれなければもっと違う歌手人生だったかもしれない? と
思ったりしましたが、声の良さに魅かれるのとベスト盤範囲だけの知識だけなのでよくわかりません。

そうそう、ペットボトルのふたも開けっ放しでさっと水分補給したらすぐに
ペット置いて歌い始める これも見習ってほしいところです。

これぞ弾き語り! の原点を見させていただいたようないいライブ体験でした。
それほど大きな会場ではないにしても各地でSOLD OUTになっているのも
納得できるような気がしました。
やはり、あの岡林信康が弾き語りするなら見ておきたい(私もそう)と
思わせる力があるんだと思います。

10:43  |  フォーク系  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |