09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.06.23 (Mon)

永井龍雲LIVE~旅、ふたたびの須坂~

6月22日(日) 19:00~
会場 笠鉾会館 

須坂がこんなに近くとは思いませんでした。
近くと言っても・・・ 車で寄り道しなければ2時間 でも、寄り道するので3時間はかかりましたが・・・・
新幹線を使わず、高速も使わないで、下道だけで行けるとはありがたいことです。

途中、小布施の街並みを通りながら、おいしそうな街だ~ と誘惑にかられましたが、遅れると大変なので素通りガマンでした。 でも降りてみればよかった~~~ それは、ライブ中のMCでわかったことなのですが。

思ったよりも早く会場に着きました。
祇園祭の鉾の展示館です。
201406230112303ac.jpg

画像の回り込みをすれば、もう少し体裁よく仕上げられるのですが、また下書きで終わってしまいそうなので、今日はUPをめざします。
今回、なぜか4~5人の方から、ブログの更新がないと言われ・・・ あれま見てる人いるんだ????
「さくらホール 行かなかったの?」ときかれ、行ったけど・・・・
書いてないから~ と言われれても・・・ 
須坂は、いつも行かれる常連さんがあまりいらっしゃらず、地元の方がほとんどのようでしたので、それじゃがんばるか~
ってなことで    がんばっております。  イイネを置いておこうかしらん?

余談でしたが。。。

会館が通常公開している時間帯だったので、ひととおり見学させていただきました。
今日の会場も見ることができました。
2階からの写真です。
まだ椅子は並べられておりません。 通常の閉館後に並べるのでしょう。
桐生の鉾座に雰囲気が似てますが、ステキな会場でライブが楽しみ~ワクワクです。
天井が高く、音響も良いそうです。
201406230112373fe.jpg

開場 須坂市の方がご挨拶。
ライブが始まったら写真撮影はご遠慮くださいとのことで、ライブ前はOKみたいなのでステージをパチリ!

201406230112309a3.jpg

今日のチケット代は、須坂市市制60周年記念行事とのことで、なんと1000円です。
1階がいっぱいになって2階にもお客さんが埋まっていきます。
会場アンケートはしませんでしたが(龍雲さんがいろいろ質問して拍手で答えるアンケート)、多分龍雲さんの唄を聞くのは初めてという方が多かっただろうと思います。

鳥のようなもので始まり、 人の四季 
須坂の蔵の街並みにぴったりだなと思い聴いていると、MCでそのうように話してくれました。
曲の紹介も、解説入りで初めて聞く方にはわかりやすかったと思います。

須坂は冨澤一誠さんの故郷、一誠さんの主催コンサートにも出演しているので、今回は須坂3回目(4回目かも?)。
一誠さんとの出会い、仕事でおおつきあい、プライベートでのおつきあい など、一誠さんにまつわるエピソードをたくさん話されました。
・負け犬が勝つ時  のこと
・スキーに誘われて野沢温泉に行ってスキーをしたこと でも、スキーの出来ない龍雲をフォローしてくれたのは、一誠さんのお兄さんだったこと  そのお兄さんも今日ライブに来てくださってること。
・一誠さんから曲の依頼をもらったこと
・今日は、着いてから須坂の街、小布施を案内してもらって(スタッフレポート参照)こんないい所だとは、一誠さんは教えてくれなかった

その小布施で北斎記念館に行こうとしたけど、美味しそうな店がいっぱいあって、結局食べてて行かなかったそう。
あ~~ 私が美味しそうとガマンしていた頃 そこにいたかもしれない~~~

一誠さんつながりで
♪夢は眠っていないか

はやばやと♪道標ない旅  この歌しかこの先知ってる曲ないですよ

1列目に小さい女の子がいるのに気づき、
かわいいね  いくつ?(8才)  お母さんもきれいですね~
眠くなったら寝ちゃっていいからね

まぁ それはやさしい・・・ だけどな! 本当に美人系の可愛い女の子で龍雲さんはちょっかい出す
僕は独身だから・・ って をい! 8歳だぞ!

「11」の紹介とアルバムから数曲、解説つきで歌ってくれ、そこから♪悲しい時代に もいい流れ。

ルリカケスを歌う時、お母さんの話から、奄美のこと、歌碑のこと、愛加奈 西郷隆盛のこと ひととおり解説を聞いた後で歌ってくれたので、知ってはいてもまた感慨がひとしおで、迫ってきました。
初めて聞く方にはやはりとってもいいことだと思います。
知らないと、瀬戸内海の歌だと思った ということも言われたことあるし、アイカナ?? だろうし。

「11」から 愛の光  いいな~~ とマイブームです。

セットリストは順序 違うかもしれません
鳥のようなもの
人の四季
夢は眠っていないか
道標ない旅
桜桃忌
暖簾
私の乙女坂 晴れたらきれい (阿久悠さん作詞 島津亜矢さんへ提供曲)
お元気ですか 三陸港町にて
再生
先人たちの遺産  (1番 震災 2番 特攻隊 の解説つき)
悲しい時代に
愛の光
アンコール
今度生まれてくるとしたなら
祈りの詩

何曲か抜けてそう・・・・
それが自然 なかった 明日へ なかった・・

今日はがんばった私! ほめてください。 ふぅ 疲れた~
03:23  |  永井龍雲  |  コメント(10)  |  EDIT  |  Top↑

★私も待ってたよお~

せっかくやから、「いいね」しようとしたけど、
フェイスブック入ってないと、できへんやんっ><

ゆうちゃんがんばった!えらい!!
ありがと!

すてきな会場やね。
ライブの進行も、いつもと違って親切。
選曲も好きやなあ。


小布施・・・栗のお菓子が美味しいと思う。
買ってきた?
そら |  2014年06月24日(火) 23:00 | URL 【コメント編集】

★早速ありがとうございます。

そらちゃん ものほしそうに「拍手」を置いてみました。
FACE BOOK はどうやって消すのかわからない~
ほめてくれてありがとう。
無理やりおねだりした気もするがぁ・・・
いつもありがとう。

やっぱり、曲を作った背景がわかると、聴いていてもよくわかっていいですよね。
特に、初めての方が多そうな時はいいなと思います。

小布施の街並みもすてきだったんですよ。
栗らくがんで有名なお店の本店もどっしり構えてありました。
降りればよかったな~~
おみやげは自分用も買わなかったの・・・
ゆう |  2014年06月25日(水) 00:28 | URL 【コメント編集】

★楽しみました

レポ楽しみました。
会場が華やかですね。

選曲もいいです。♪
曲名の説明などはほんとに始めて聴く方にもお久しぶりの方にも必要だと思います。歌ができたエピソードなどを話してくれるといいですよね。

私も小布施にバスツアーで行ったとき北斎記念館には入れませんでした。
かけら |  2014年06月28日(土) 07:09 | URL 【コメント編集】

★かけらさん

一緒に行きたかったです。
曲名くらいは言ってくれたほうがいいと思うけれど、解説も必要だと思う時がありますよね。

小布施 バスツアーで行ったのね。
おいしそうな街なみでした。
栗らくがん しか知らなかったので、あれほど観光地化されいるのにびっくりでした。
ゆう |  2014年06月29日(日) 06:21 | URL 【コメント編集】

★セットリストありがとうございます!

初めてライブに参加させていただきました、小さい子の母です。

とてもとても感激し、すっかりはまって、いろいろ調べているうちにこちらページに伺いました。
曲名がわからないものも多かったので、セットリストを掲載していただいているなんて感動でした。本当にありがとうございます。

レポもとても楽しく拝見しました。
十数年前から一度でいいから生で龍雲さんの歌を聞きたいと思っていましたが、下の娘がようやくつれていけるまでに大きくなり、すぐ近くの須坂ということで今回、ついに実現できました。
ちなみに、娘も眠ることなく、すっかり一緒にはまってしまいました。

一度だけ、と思っていましたが、CDよりずっとずっときれいな歌声が忘れられず…また行きたい気持ちでいっぱいです。とはいえ、なかなか地元以外の参加は難しいので、今後もゆうさんのレポを楽しみにしております。
ウルトラマンタロウ |  2014年06月29日(日) 21:35 | URL 【コメント編集】

★ウルトラマンタロウさん

あのきれいな美しいお母さん!!
コメントいただけてびっくりです。
お見かけした時から、龍雲ファンにしては若い!! 
開場前に並んでらっしゃいましたね。
お子さん連れだし、どんなきっかけでライブにいらっしゃったのかな?と気になっていました。
十数年からの夢がかなったのですね。
ステージの上から見つけた美しいお母さんと可愛いお嬢さん。
龍雲さんは気になって仕方なかったのでしょう
龍雲さんは美人に弱いですから(笑)
ライブ後のサイン会ではお話できましたか?
須坂市のブログのほうにお写真が載っていて、いい記念になりましたね。
可愛いお嬢さんがはまってくれたなら、時間と環境の許すかぎりお出かけになってみてくださいね。

セットリストまではいかずいい加減なUPですみません。2~3曲足りないような気もするのですが・・・
この日歌った歌は、私の乙女坂 以外はCDになっている曲ばかりですので、また振り返ってCDを聞いてみたりしてください。
ファンになったきっかけなどお聞かせいただけたら嬉しいです。
また、何か知りたいこと などありましたらご質問くださいね。
お答えできることがあればお返事させていただきますので。
ありがとうございました。
ゆう |  2014年06月30日(月) 01:26 | URL 【コメント編集】

★ありがとうございます!

暖かいお返事をいただき、ありがとうございます!
美しいなんてとんでもないですっ。
須坂市のブログも全く知りませんでしたので、教えていただき本当にありがとうございます。

あんなに近くで生歌を聞けた上に、あんなに近くで龍雲さんにお目にかかれるなんて思っていなかったので、すっかり舞い上がってしまった私は、サイン会でも到底お話させていただける状況ではなく、「落ち着きなさい」と娘に言われてしまう始末…「応援しています」とお伝えするのが精いっぱいでした…トホホです。

サイン会のときには、ほかのファンの方々が「明日学校でしょう。」とおっしゃって、順番を先に譲ってくださったり、帰り際に声をかけていただいたりと、龍雲さんファンの方々の暖かさにも感激し、感動の嵐だったのですが、すでに舞い上がって動揺していた私はろくにお礼も言えず、大変失礼してしまい、それも心残りです。とてもとてもありがたかったです。おかげさまで、娘も10時には布団に入れました。

私はもともとフォークが好きだったのですが、十数年前坂崎さんが司会をされていたNHKのフォーク番組のスペシャルに出られていた龍雲さんを拝見しました。龍雲さんは、デビュー当時、髪型が似ていた坂崎さんとよく間違われた、なんてお話をされていたと思います。道標ない旅の歌詞・メロディ・そしてきれいな声に衝撃を受け、ずっと生で聴きたいと思い続けていました。実際のライブは想像以上に素敵で、きれいで、夢のような時間でした。


これからも、いろいろと教えていただけたらとてもうれしいです。
お言葉に甘えて質問させていただいてしまうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。
ウルトラマンタロウ |  2014年06月30日(月) 22:29 | URL 【コメント編集】

★永遠のフォークソング大集合

1996年11月オンエアのBSの番組でしたね!
ウルトラマンタロウさん こんばんは
(なぜにウルトラマンタロウ?)
もう18年も前になるんですね~
ということはファンになってもう18年!!
あの番組では、かなりマニアックなフォークシンガーが出演されてましたけど、え? その頃は少女ですよね~?
シブい!
でもあの時の龍雲さんはまだ30代なかば頃でしたものね
今の龍雲さんもお嬢さんから見たらすでにおじーちゃんと言ってもいい?
言い過ぎ?
それにしても2時間もよくガマンしていられたなぁと思いましたが、心配無用でしたね えらい!

最近は長野でライブをする機会が増えていますので、ぜひぜひまたおでかけくださいね。
CDでももちろんですが、やはり生はズンズンと心にせまってきます。
そして、次回はじっくりサインをしてもらってお話してくださいね。
左側に私へのメールも送れるようになっていますので、こちらでききにくいことがあったら遠慮なくどうぞ。
ゆう |  2014年07月01日(火) 01:08 | URL 【コメント編集】

★笠鉾会館、UPありがとうございました

ゆうさん、こんにちは。

須坂でのコンサートはホント良かったです。
須坂にも新たなファンが増えたのは言うまでもありません。

一緒に行ったご夫婦も、旦那様は前からファンだったそうですが、
奥様の方も、久々に感動することに出会えたと言っていました。
旦那様も、業者として週1回、職場に来ていますが、
コンサート後にお会いした時、普段は無口でニコニコしているだけなのですが、本当に良かったと興奮気味に話をしてくれました。
歌はもちろん、龍雲さんの人となりが好きになったとおっしゃっていました。

私はあのあとから抜け殻状態です。
次は8月を目指してがんばろうと思いますが・・・
つばめ |  2014年07月02日(水) 12:15 | URL 【コメント編集】

★つばめさん 

帰り道はお世話になりました。
お話できてよかったです。

お知り合いのご夫婦も感動されたようで、よかった!
ファンならもちろんでしょうが、奥様にも気にいっていただけてよかった!
奥様のほうが夢中になっちゃったりして?
遠くない日にまた近くでライブがあるといいですね~

8月は木馬亭でお会いできますように。
それまで須坂の余韻に浸って、「11」聞いて
がんばりましょう!
ゆう |  2014年07月02日(水) 23:36 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |