07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007.10.04 (Thu)

10歳の放浪記/上條さなえ

10歳の放浪記

「心やさしい子どもを育てるために」というタイトルの
講演会に行ってきました。
どちらかというと講演会などはほとんど行かないのですが
FMから流れてきた講演会のお知らせを聞いて話を聞いてみたいと
思いました。

講師は「10歳の放浪記」の著者上條さなえさん

私生児として生まれ小学校5年生の時に1年間父親とホームレス
生活の後、擁護学校に入れられ中学は母親の元でトイレもない
4畳半一間のアパートで暮らした。
母が働いて大学まで出してもらい小学校教員になりその後
結婚を機に家庭に入り後に児童文学を書くようになる。

ホームレスの時期、学校にも行けずご飯も食べられず簡易宿泊所を
転々として、擁護学校に入れた時はこれでご飯の心配をしなくていい
、寝るお布団がある、勉強ができると幸せを感じたそうです。

教員時代の受け持ちの生徒に自分と似た境遇の子がいて
その子に子どもの頃の自分を見てなんとかしてやらなくちゃ
と葛藤した体験や家族の味を知らなかったゆえに
家庭訪問がとても楽しみだったことなど・・・

テーマの心やさしい子どもを育てるために?
要は その子を愛すること 
自分が愛されていないと人を愛することができない。

事業に失敗し家をなくし働かないでお酒ばかり飲んでいる父を
どうしても見捨てられなかったのは、小さい頃にその父に
すごく可愛がってもらい愛されていた実感があったからだろう と。
赤ん坊の自分を父が抱いてくれている写真が宝物だそうです。

旦那さんが帰ってきた時に「もう帰ってきちゃった」って
子どもの前で言ってませんか?
そうすると子どもはお父さんは帰ってこないほうがいいんだ
って思っちゃう。
1品でもいいからお父さんの好きなメニューを出して
お父さんを持ち上げると子どももそういう目でお父さんに
感謝するようになる。

説教じみてなく なるほどね~ と頷けるような
お話でした。
00:15  |  その他  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |