09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2005.03.23 (Wed)

いくつかの場面/沢田研二

先日書いたのはアルバムタイトル「いくつかの場面」でしたが今日は曲の「いくつかの場面」です。
作詞・作曲河島英伍さんによるJulieへの書下ろしです。
えいごさんの「ご」は「伍」で記されています。
でも一般的には「五」ですよね? そのへんわかる方がいらしたら教えてください。

私は(たぶん多くのJulieファンは)この曲は河島さんがJulie自身のことを
書いた歌だと思っていました。
あまりに内容がJulieそのものだったから・・・
(ずっと後になってこの歌は英五さん自身のことを書いたものだと知りました。)

歌っているJulieも自分と重ね合わせて(当時は自分そのものとして歌っているのだと思っていました。)歌っていました。
コンサートではほとんどラストあたり、もしくはアンコールで最高潮に盛り上がったあたりでしっとりと歌い、時に涙しました。

野次と罵声の中で司会者に呼び戻された
苦い思い出のある町


ここの詞は、歌謡界ではロックと言われロックフェスに出れば歌謡曲を歌うヤツと帰れコールされたことが浮かんできます・・
でも、実際はこの部分は英五さん自身の実際にあったエピソードだと
後から知りました。

いくつかの場面があった 瞼を閉じれば
いつも何かが歌うことをささえ 歌うことが何かをささえた

瞼を閉じれば数々の思い出が胸を熱くよぎる
そしていつも心を離れない幾人かの人たちがいた
出来るならもう一度 僕のまわりに集まってきて
やさしく肩たたきあい 抱きしめてほしい


もしかしたら歌うことを仕事にしている人たちの
誰が歌ってもこの歌は心を打つのかもしれませんね。

このレコーディングの時、1takeは最後のあたりで泣き声になってしまいNG
また録りなおしてからその夜にヨーロッパの仕事へと旅立ったそうです。
帰国して出来上がったアルバムには泣き声のほうのtakeが収録されていたそうです。
そう、今目の前にあるCDから(当時はもちろんレコード)流れてくる歌声です。


07:33  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://youyu.blog2.fc2.com/tb.php/29-d86da4b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |