10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2006.09.02 (Sat)

友部正人Live

朝、偶然ネットで見つけた友部正人さんのライブ。
家から車で30分で行けるところ。
せっかくの生歌が聴けるのだからと出かけてみました。

友部さん単独ではなく「ふちがみとふなと」という男女のデュオとのジョイントライブ。

図書館の中にある視聴覚ホールが会場。
立派なコンサートホールをそのままコンパクトにしたようなホールで座席100弱ながら客席は一段ずつの階段状でホールの座席。
あ~こういうところで龍雲さんがやれたらいいなぁと思ってしまいました。

「ふちがみとふなと」さんたちは伴奏がウッドベースとボーカルだけ、それに鳴り物が加わる 鳴り物ってボーカルの方が歌の前後におもちゃのラッパとかピアニカを吹いたりする・・
なんとも不思議な なんじゃそれ? って感じのユニットでした。

友部さんは「一本道」しか知りません。
アルバム2枚分ほどカセットでいただいたのは持ってるんだけど聴いたこともあるはずなんだけど 耳に残ってなくて・・・

今まで行ったライブの中でかなり印象の違うものがありました。

当日決めてふらっと行った全然気構えのないライブで座った席も前の席があいてるのに後ろのほうでのんびりと。。

たまにはこういうのもいいかも?

具体的な感想を書くのが躊躇されるので・・・・・書かないでおこ。

最後に日本語にした「ラブミーテンダー」が変に耳に残りました。



t2006.9.2.jpg

23:36  |  フォーク系  |  コメント(8)  |  EDIT  |  Top↑

そうなんですよね・・・ 友部さんのステージって。
何かこう、いつの間にか始まってなんとなく終わるみたいな・・・
MCもなんか硬いし特に印象というかそういうものが残らない。
でも、何か聴きたくなるんですよね、この人の唄。
パッと聴いていいな~と言うより聴くたびにだんだん良くなって来る
みたいな・・・ そんなアーチストなのではないのでしょうか?。

単独ライブよりもブッキングでやった方が友部正人さんの良い所が
見えてくるような気がするのは、私だけ? でしょうか・・・

♪今日は、友部さん聴きながらアイロンかけることにしよ~っと。。。
へらへら |  2006年09月05日(火) 09:14 | URL 【コメント編集】

★へらへらさん

ありがとうございます。
感想にもならない記事書いてさぞやもどかしく感じたでしょう?
友部さんの良い所 伝えたいとコメントくださったかなぁ?

ド素人の聴き手としては素直な感想があるんですけど そんな失礼なこと書けないし・・・だから素人なんだけど。
なんだかね前衛的なものを感じてわかる人にはわかるけどわからない人には全然わからない世界??
もちろん私はわからない人で・・・
どうしてあの歌で?
どうしてあのギターで?って思っちゃった。
「うまいからいいとは限らない」「味がある」「決してうまいわけじゃないけど伝わるものがある・・」そういうものだと思うんだけどどれもあてはまらない。
だからってイヤってわけじゃない。
「人の良さ」かなぁ~? 
1回でわかるわけないけどその最初の1回 最初の1曲目って大切だって思っているから。
私が聴いた友部さんの1曲目「一本道」がよかったからライブに足を運んだのも事実だし。

まだまだ未熟者です。
今日はアイロンかけながら友部さんのどんな歌聴いているのかな?
ゆ |  2006年09月05日(火) 10:08 | URL 【コメント編集】

あはは・・ 素直な感想ですか・・・
ひょっとしたら私と同じような内容かもしれませんね・・・
わたしも失礼で書けませんw~。

初めて友部さんを見たのは20年位前で日比谷公会堂だったかな
この時は、武蔵野軍団が共演で高田渡、なぎら、シバ、斉藤哲夫
などが出演したライブでした。
この時は、周りがアクの強い人ばっかりだったので友部さんが
いい感じで美味しい所を持っていきました。本当にいいステージ
でしたよこの時は。
二回目は、この二年後位で40人くらいのキャパの喫茶店みたい
な所でした。
確か渋谷だったかな? このときのライブは、まさに・・・・?でした。
ギターも?だし唄も弱いし何よりも何も伝わってこない・・・
2時間弱のステージがとても長く感じました。
以来友部さんのステージには足を運んでません(汗)
でも、何かの番組とかでちょと出てきたりすると「あ~ いいなぁ」
なんて思います。

今日は、『休みの日』と言うなんとも半端なアルバムを何度も繰り返
し聴きました。
2.3年前に買ったのですがこのアルバムいいのか悪いのか分から
ない・・・ これと言った曲もない変わりにちょっとと言うのも無い。
だからと言ってお蔵入りと言うのでもない・・・ 
聴いてて邪魔にならないしなんとなく聴いてみたい気もするし・・・

結局何度聴いてもやっぱり分かりませんでしたw~(爆)
へらへら |  2006年09月05日(火) 17:31 | URL 【コメント編集】

★ほっとしました

へらへらさんが書いてくださったことと自分が感じたことがおおよそで違ってなかったこと。
あ~ やっぱりそうなんですね。
その不思議さが魅力なのかな?

あとひとつね、ルックスがいいでしょ?
あのルックスだからOKみたいなところありますよね
吟遊詩人と言われるのも哲学っぽいイメージも。

もしも もしも たとえば。。。(あはは もうこの先言いにくい)

ゆ |  2006年09月05日(火) 21:40 | URL 【コメント編集】

もしも もしも たとえば・・・・
まさに仰る通りですぅw~(謎)
へらへら |  2006年09月06日(水) 08:51 | URL 【コメント編集】

やっぱり? (笑)
ゆ |  2006年09月06日(水) 09:55 | URL 【コメント編集】

★遠来

友部さんはやっぱクセが強くて、好き嫌いがはっきりしてるようですね。
僕も昔に一度だけライブに行きました。その時、歌はすんなりと入ってきました。

アマのフォーク歌いの方は、「遠来」を歌われる方が多いようですね。
歌詞も簡単で、盛り上がりもあって、歌いやすいのかな?
もちろん「一本道」は定番ですね。
old |  2006年09月09日(土) 09:27 | URL 【コメント編集】

★えんらい

「遠来」って書くんですね。
ライブでやってたけど「遠雷」だと思ってました。
クセというよりも なんだろう?
一種独特ですね。
「一本道」を初めて聞いたのはoldさんの歌でだったかも?
ゆ |  2006年09月09日(土) 14:51 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |