06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2006.02.13 (Mon)

なぎら健壱フォークライブ

20060213004502


11日、12日と2日続けて雪祭りゲストでなぎらさんがいらっしゃいました。
出かけなければ見ることができないライブが今回はあちらからいらっしゃってくれました。
それも無料!

真冬の雪が舞い散る中での野外ライブです。
真冬の野外って想像つきます?
20060213195712


1回が30分ステージで時間にしたらあっというまの短い時間
短すぎ~~って思うけど多分それくらいが限度なんだろうと思います。
こっちは手袋してても凍りそうなのにあちらは素手でギターを弾くんですから・・

なぎらさんの曲といえば有名な2曲と「フォークシンガー」くらいしか知らなくて。
もちろんいろんなフォークソングを歌っているのは聴いていますが、オリジナルってほとんど知らなかった。
で、歌った歌は半分以上知ってました。
1日目は「鉱夫の祈り」 これは高田渡さんでしか聴いたことなかった。
「その朝」これは加川良さん! 今まで良さんのしか聴いたことがなかったので良さんのオリジナルだと思ってたんだけどそうじゃなかったんですね。
最後は英語になってたしブルーグラスっぽいアレンジしててびっくり!
「イムジン河」誰でも知ってる歌だからでしょか?

寒さのせいかサポートギターの方の弦が突然切れました。 
すごい音がしました。
それでもその曲の最後まで引き続けてたから すごい!
なぎらさん曰く「泉谷は弦4本でも弾いてた あいつが弾くとギターは打楽器だから」

ステージ上で凍える手で弦を張り替えてましたがプロが弦を張り替えるのって初めて見ました。

そのつなぎに会場から「街」のリクが!
「やっちゃおうか」と突然のリクに答えて歌ってくれました。
初めて聴いたけどすご~~くいい歌でした。
な~~んともほのぼのした下町の香りがしてきて・・・

演歌をやります。でも演歌といっても北島三郎や八代亜紀の演歌じゃありません。
演歌っていうのは本来演説の演 明治時代に演説で警察に捕まっても歌では捕まらなかった それで演説の内容を歌に乗せたのが「演歌」の始まりなんだそうです。
勉強になるなぁ・・ で、明治時代のその風刺のきいた演歌(タイトルはわからない)
あともう一曲でラストだったかな?

2日目はもうどしゃぶりの雨を雪にしたような吹雪のような中でのライブ。
降ったら中止にしましょうって言ったのにだめだったって。
そりゃそうだよね 雪祭りだもん。
でも、本当にすごかったんだ・・・ じっとしていてもコートに雪が積もっていく・・ステージ上にテントを張ってそこで歌ってたけどそれでも横殴りの雪がもろにあたって気の毒なくらい。

サポートの松本さん「まるで傘子地蔵の前で歌ってるみたい」
傘子地蔵はお客です。 そうそう、イスなんてないんですよ みんな立ち見です。

曲は「生活の柄」渡さんとはまた全然違ってまろやかな「生活の柄」でした。
あと、昨日とは違う「演歌」
あとなんだったろう? 有名な歌はあまりやらなかったような・・

今度は屋内でじっくり聞いてみたいもんです。
やっぱり生はいいなぁ~~
00:45  |  フォーク系  |  コメント(10)  |  EDIT  |  Top↑

なぎらさん、渡さんファミリーらしさが出てますね。
渡さんファミリーはアメリカン・ルーツというかトラディッショナルをベースにしている曲が多いので、メロディーなんかはそのまま、ってのも多いですよ。
詞もラングストン・ヒューズやカーター・ファミリーetcなんか。
いいライブに出会えて、羨ましいです。
亀仙人 |  2006年02月14日(火) 12:04 | URL 【コメント編集】

亀さん どうも
カタカナいっぱいでよくわかんないけど・・・(笑)
なんとなくあんな感じ♪ですね・・・
渡さんもよくわかってないのでそのルーツとなるともう▲□X&※?ですけど・・
ゆ |  2006年02月14日(火) 18:07 | URL 【コメント編集】

なぎらさんのステージ楽しいですよね!
お客さんに対してのサービス精神が凄いです。
私も雪の中2度程野外ライブやりましたよ(@_@;)
二回とも50分のステージだったのですがとても辛かったです・・・
取りあえずプレーヤーは、雪はかからなかったのですが観てる方は
大変だったみたいですw~。

「その朝」、なぎらさんは「永久の絆」というタイトルで
唄ってました。
原曲はアメリカ民謡らしくジョンハートがカバーして
日本では有名になった曲です。
参考までにタイトルは、『Since I've Caid My Burden Hurt』です。

私のブリーフの扉開けときますのでよかったら聴いてみてください。
非公開のジョンハートのNO,13です。

亀仙人さんも良かったら覗いてみて興味が有る音源がありましたら
持って行ってください。

アドレスです↓
http://briefcase.yahoo.co.jp/hqncm973

へらへら |  2006年02月14日(火) 19:25 | URL 【コメント編集】

どうも、ミシシッピー・ジョン・ハートは好きで今もよく聴いています。
12弦をフィンガー・ピッキングでやるあの感じ、そして素朴さがいい。
デルタ・ブルーズは大好きです。
特に臭ってきそうなのが(笑)。
Since I've Laid My Burden Hurt は大好きで、『その朝』を初めて聴いたときは、「おいおい」と思ったものです。
おまけに日本語の詩は、そのまんまラングストンの詩でしたから(笑)。
でも、それでもいいんですよ。
いいものをみんなに聴かせてくれているので。
ジョン・ハートに話がきたんで・・・。
その Mississippi John Hurt を唄った、 Happy and Artie Traum の 『Mississippi John』のメロディーは、良さんの『夜明け』なんですね。
詩はこれまた、ラングストン・ヒューズなんですよ。
この Happy and Artie Traum も大好きですが・・・。
亀仙人こと、miurat_tdi |  2006年02月14日(火) 20:58 | URL 【コメント編集】

やはり知っておられましたかw~
なんか嬉しいです。あまりこの手の話は他では出来ませんので・・・・
と言ってもここはゆ~ゆさんの家ですね(汗)

この頃の高田ファミリーは、ほんとにウッディー、カーターファミリー、ジョンハートそのもの? 
という曲多いですねゞ( ̄ー ̄*)オイオイ
教訓Ⅰもジョンハートの曲に売り二つのがありますもんね。
この頃は、盗作といわないで確かインスパイア?でしたっけ???

ジョンハートの息子(ジョン ウィリアム ハート)が渡さんの
『秋の夜の会話』の原曲を唄ってる映像を持ってますが見たことあります?
興味が有るのでしたら送りますが・・・
へらへら |  2006年02月14日(火) 22:14 | URL 【コメント編集】

亀さん へらへらさん 
どぞどぞやってください 大歓迎です。
こんな奥で申し訳ないくらいです。

お茶だけ出しとくのであとはお二人のお話をそばで聞かせてくださいませ。
だって全然わからないんだも~ん。

あの・・・聞きづらいのですが・・
「ミシシッピー・ジョン・ハート」というのは名前ですか?
「ジョン・ハート」が名前ですか?
「ミシシッピー」はアルバムのタイトルかと勘違いしてました。
すんません いきなりレベルを下げて・・・

へらへらさん 貴重な音源ありがとうございます。
いただきま~す。
でも、全部は聴ききれないので渡さんや良さんがカバーしている原曲がほかにあったら番号を教えてください。
つまみぐいさせていただきたいと思います。
ゆ |  2006年02月14日(火) 22:38 | URL 【コメント編集】

またまた、ゆーゆさんちに入り浸ってしまいましたね(笑)。
私もジョン・ハートもウッディー・ガスリーもジャック・エリオットもカーター・ファミリーもピート・シーガーもシスコ・ヒューストンもオデッタもウィーヴァーズも・・・、もうええか(笑)。
冗談抜きで、ここらがベースになっています私は。
ジョン・ウィリアム・ハートの映像というだけで興味津々です(笑)。
お願いしてもいいですか?
で、 Happy and Artie Traum はいかがですか?
よければCD-Rに焼きますが?
ゆーゆさんもどうですか?
『夜明け』のメロディーが聴けます(笑)。
亀仙人こと、miurat_tdi |  2006年02月14日(火) 23:50 | URL 【コメント編集】

ミシシッピー・ジョン・ハートは、名前なんです。
通称は『マン』と呼ばれてたみたいです。
当時のブルースマンは、地名とかそういうのを付ける人結構いたみたいです。
あと、ブルースマンには盲目の人が意外と多くて、頭にブラインドと付く人は
たいてい目が見えない人なんです。ブラインド・レモン・ジェファーソンとか・・・・

亀仙人様、Happy and Artie Traum 是非是非お願いします。
ジョン・ウィリアム・ハートは、昔深夜のTVからとった物なのですが送らせていただきます。
ドキュメンタリー番組でブルースを辿ってミシシッピーから北へ(シカゴへ)どんど
ん上がって行くのですが
語り手が「北へ行くに従ってブルースが無くなって来る」と言う言葉が印象的です。
他にBSからとった武蔵野たんぽぽ団復活がありますがお持ちでしょうか?
へらへら |  2006年02月15日(水) 09:17 | URL 【コメント編集】

シカゴに近ぢくに従って、リズミカルなシカゴ・ブルーズに姿を変えていく。
所謂、ロックン・ロールに近づいていくんですもので。
武蔵野たんぽぽ団復活ですか・・・?
初耳です(笑)。

Happy and Artie Traum の Hard Times In The Country もダブ(CD-R)します。
おもしろそうなものがあれば、一緒にダブします。

勿論、ゆーゆさんにもね。
亀仙人 |  2006年02月15日(水) 22:18 | URL 【コメント編集】

ありがと~
でも、聴ききれないかもしれない・・
ちょっとあっぷあっぷおぼれそうですぅ・・
どうぞお気遣いなくぅ・・
まだ、渡さん良さんも聴ききれてないんですもの・・もっと聞き込みたいので・・

武蔵野たんぽぽ団復活って新宿フォーク祭りの録画でしょうか?
あの~~もしそれだったら「永井龍雲・山崎ハコ」の録画はありませんでしょうか? ないよね~ 
思い切りずれてごめんなさい。
ゆ |  2006年02月16日(木) 00:36 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |