07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2005.07.29 (Fri)

Concert Report 加川良withすぎの暢

2005年7月22日 ヘヴンズカフェ・ダイニング

ヘヴンズカフェダイニング
開場時間よりもかなり早くに余裕をもたせて到着し、ライブ会場のお店をまず下見と思って階段を昇ったとたんにお店のドアから一人出てきた方が・・・『あ!良さんだ!』どうしよ~~ どうしようと思ったとたんに「良さん!」と声が出てました。
良さんは剃刀を手に外へ出てこられて指の手入れをするところ。
お店の中は暗いからね・・・
お友達にギターにサインをしてもらうようにすすめられていたので、積んでは来たのだけどいつ、どう頼んでいいのかわからなかったので「あとでギターにサインをいただけますか?」ってきいたの。
「はい なんなりと・・」と笑顔で承諾してくださった やった!
でも、ドキドキ・・・ 

前売り券を買いに来た時にお店の人に、早めに並んだほうがいいですよ と言われていたので1時間くらい前にまた行ってみたのだけど、だ~~れもいない。
ベンチに座っていると主催の方がいらして「もう少しお待ちくださいね」。
な~んか手持ち無沙汰なので車の中で時間をつぶしていたら、先ほどの方がこちらにやってきて「FMをつけてください 今良さんが出てますから」と教えてくださって、でもチューニング合わせられなくてもたもたしてたらこっちでどうぞ ってその方の車で聴かせてくれました。

地元FMの電話インタビューをやっているところでした。
番組も終わって、お店のほうに案内していただいたけどまだ準備中。
外のベンチに座っていると中から良さんが出てこられて(お店の中には楽屋がない で、外に出て別の場所で休憩するもよう)すぐに声をかけてくださった。
「おつかれさまです。」 その時に主催の方が私がちょっと遠方から来ていることを言ってくださったら「それはそれは・・・」って感じでとってもやさしかったぁ・・・ぽっ。

開場時間になりあとは始まりまで中でのんびりとCDを買ったりしながら待ってました。
レストランの正面が一段高くなっていてお店のレイアウトをアレンジするとライブスペースになる造り。

時間になって良さんとすぎのさんがステージ後ろの引き戸を開けて登場。

「まだまだ始まりません。 リハーサル中ですから音楽かけといてくださいね。」と言ってチューニングが始まりました。
5~6分してチューニング、音合わせをしているうちにそのまま1曲目に入っていきました。

1.贈り物
2.高知
3.ビールストリート
4.ラブ・ソング


曲ごとにちょっとずつMCをはさみながら
「まだ本番じゃありませんから・・」
「まだリハーサル中ですから・・」

・・・ってもうしっかり曲やってますが??(笑)
ステージはかなり暑いらしく(クーラーの風が届かない)
1曲終わるごとにタオルを広げて汗をふきまくっていらっしゃいました。

MC ここらで自己紹介

5.駒沢あたりで
MC 3年ぶりくらいかと思ったら5年ぶりだそうであの時25だった
   のでもう30になりました。 
   すぎの暢さんの紹介
   ラップスティールをこれほど使いこなす人は日本ではすぎのさん
   くらいしかおりません。
   世界では103番目くらい? (笑)


すぎのさんがステージを出て、良さんソロ
   僕の歌はつまみにして どうぞ飲んでください。
   ご自由になさっててください。
   私も自由にやらせてもらってます。
   注目されるとやりずらい・・

   高田渡とは京都で知り合って僕は20をちょっと超えてたけど
   高田渡はまだ十代。
   十代の頃の高田渡すごいかっこいい人だった


6.赤土の下で
    途中で3拍子か4拍子かわからなくなって・・・
    1.2.3...1.2.3.4...とカウントを取ってました
    こんなことあるんだぁ~

   十代の頃の彼の存在は衝撃でした。
   人生で最高のところ 高田渡は十代だったんだと思う。
   ぼくらが140くらい生きた分彼は生きたと思うから
   大往生どうかお祝いしてやってください。


7.下宿屋
8.この世に住む家とてなく

すぎのさん再び登場 良さん退場
すぎの暢さんのソロ
ラップスチールのインストルメンタルを2曲

良さん登場 
どんどん飛ばしていきます。

11.女の証し
12.アイ&アイ
13.小さな宇宙の横に
14.明日天気になあれ
15.幸せそうな人たち
16.ONE

アンコール
17.教訓Ⅰ
18.胸にあふれるこの想い

ライブ終了後、ひと息ついて着替えをされた良さんとすぎのさんが
お店に入ってこられそれから片付け。。。
その合間にCDにサイン、写真撮影など本当に気軽にやさしく
応対してくださってました。

私も最初にCDにサインをお願いしました。
手売りのCDだからこそのデザインだなぁと思いました。
CDジャケットにそれぞれメッセージを入れてくださり
世界に一枚その人だけに作られたジャケットに仕上がりました。
世界に一枚のCDだ!ギターにサイン やったね!
ギターにいただく時は、一旦ギターを抱えてくださって
どこにしようかな?と考えて場所を選んでくれました。

主催の方に打ち上げも誘っていただいのだけど、な~んか関係者ばかりみたいなので気後れしてしまってお礼を言って帰ってきてしまいました。
もったいなかったなぁ・・・
帰り際も「おつかれさまでした~ 気をつけて帰ってくださいね」と声をかけてくださり もう ぽっ ぽっ ぽっ。

心配していた夜の帰り道もCDをかけながら2時間があっというまでした。







00:27  |  加川良・高田渡  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

★ライヴレポ

読んだよぉ なんか嬉しい 自分が行ったみたいな感覚になりました^^ ギターもいいところにサインしてもらったねっ! これから拭きにくくなるよ・笑 俺はコーティングするかどうか迷ったけれど、弾いてこそギターだということで、音の劣化が嫌だったのでそのままです^^ ごちそうさまでしたぁ!! しかし、打ち上げ・・・一人ではちょっと気後れするよなぁ。。。でも勿体無い
ムジナ |  2005年08月01日(月) 03:09 | URL 【コメント編集】

★>ライブレポ

ムジナさん いつもありがとうございます。
文章が上手だったらもっともっと臨場感のあるレポでお伝えできるのでしょうけど、思いつくままのだらだら文で申し訳ないです。

ムジナさんのHPで良さんのサインギター見せていただいてますよ。
コーティングまで考えもしなかったけど(どうやっていいのかもわからない)
>弾いてこそギター
うんうん そうだよね! 飾っておいても音は出ない。
「弾いてこそギター」 かっこいい表現だ!

打ち上げ やっぱりもったいなかったね・・・
なんせ、良さんには初心者マークだから・・・・
ゆーゆ |  2005年08月01日(月) 16:46 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://youyu.blog2.fc2.com/tb.php/100-9858402a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |