02月≪ 2017年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017.03.30 (Thu)

黄金時代2017年7月~9月

月別: 2017年7月

.


第38回 平成29年7月22日放送分
【浜口庫之助特集・その1】

①星のフラメンコ/西郷輝彦(1966.07.01) 作詞・作曲:浜口庫之助

②風が泣いている/ザ・スパイダース(1967年7月15日) 作詞・作曲:浜口庫之助

③夜空の笛/野口ヒデト 作詞・作曲:浜口庫之助

④夜間飛行/和田弘とマヒナスターズ 作詞:作曲:浜口庫之助

⑤淋しい影のある男/北見沢淳 作詞:、作曲:浜口庫之助

⑥笑えピエロ/植木等(1967年) 作詞・作曲:浜口庫之助

⑦タブレット生歌 どこにいても/二宮ゆき子

⑧へんな女/水原弘(1970年9月5日) 作詞・作曲:浜口庫之助



【黄金リクエスト①】

①黄色いさくらんぼ/スリー・キャッツ(1959年) 作詞:星野 哲郎、作曲:浜口庫之助

②涙くんさよなら/坂本九(1965年5月15日) 作詞・作曲:浜口庫之助

③みんな夢の中/高田恭子(1969年3月1日) 作詞・作曲:浜口庫之助

④バラが咲いた/マイク真木(1966年4月5日) 作詞・作曲:浜口庫之助

⑤夜霧よ今夜も有難う/石原裕次郎(1967年) 作詞・作曲:浜口庫之助



【黄金リクエスト②】

①恋のメキシカンロック / 橋幸夫(1967年5月1日) 作詞:佐伯孝夫 作曲:吉田正

②ふたりの愛ランド/石川優子&チャゲ(1984年4月21日) 作詞:チャゲ・松井五郎 / 作曲:チャゲ

③DEEP/渋谷哲平(1978年7月10日) 作詞:松本隆 作曲・編曲:都倉俊一

④青春の坂道/岡田奈々(1976年3月10日) 作詞:松本隆、作曲:森田公一

⑤謝肉祭/山口百恵(1980年3月21日) 作詞: 阿木燿子、作曲: 宇崎竜童

⑥青葉城恋唄/さとう宗幸(1978年5月5日) 作詞:星間船一 作曲:佐藤宗幸



【浜口庫之助特集・その2】

①花の手拍子/英亜里(1967年) 作詞・作曲:浜口庫之助

②港町涙町別れ町/浜口庫之助 作詞・作曲:浜口庫之助

③燃える恋の雪花火/ジョージ佐藤(1977年) 作詞・作曲:浜口庫之助

④銭ゲバ大行進/唐十郎(1970年) 作詞・作曲:浜口庫之助

⑤大人になれば/大場久美子(1978年2月5日) 作詞・作曲:浜口庫之助

⑥人生いろいろ/島倉千代子(1987年4月21日) 作詞: 中山大三郎、作曲: 浜口庫之助







第37回 平成29年7月15日放送分
【松本隆特集・その1】

①白いパラソル/松田聖子(1981年7月21日)作詞:松本隆、作曲:財津和夫

②夏色のおもいで/チューリップ(1973年10月5日)作詞:松本隆 、作曲:財津和夫

③あやか市の動物園/はっぴいえんど(1970年8月5日)作詞:松本隆、作曲:細野晴臣

④北京で朝食を/佐藤隆(1980年5月13日)作詞:松本隆、作曲:佐藤隆

⑤ブルーエンジェル/アップルズ(1976年5月)作詞:松本隆 、作曲:馬飼野康二

⑥Wの悲劇/薬師丸ひろ子(1984年10月24日)作詞::松本隆、作曲:呉田軽穂

⑦タブレット生唄  えんだん/五つの赤い風船

【黄金リクエスト①】

①ポケットいっぱいの秘密/アグネス・チャン(1974年6月10日)作詞:松本隆、作曲:穂口雄右

②ルビーの指環 / 寺尾聰(1981年2月5日)作詞:松本隆、作曲:寺尾聰

③好きよキャプテン/ザ・リリーズ(1975年9月20日)作詞: 松本隆、作曲:森田公一

④タイムトラベル/原田真二(1978年4月10日)作詞:松本隆・作曲・編曲:原田真二

⑤September/竹内まりや(1979年8月21日)作詞:松本隆 作曲・編曲:林哲司

【黄金リクエスト②】

①君は天然色/大滝詠一(1981年3月21日)作詞:松本隆 作曲:大滝詠一

②しあわせ未満/太田裕美(1977年1月20日)作詞:松本隆、作曲:筒美京平

②はーばーらいと/水谷豊(1977年)作詞:松本隆、作曲:井上陽水

④夢・恋・人/藤村美樹(1983年2月1日)作詞:松本隆、作曲・編曲:細野晴臣

⑤ハートブレイク太陽族/スターボー(1982年7月7日)作詞:松本隆、作曲・編曲:細野晴臣

⑥内心、Thank you/The東西南北(1986年4月2日)作詞:松本隆、作曲:久保田洋司

【松本隆特集・その2】

①ハイスクールララバイ/イモ欽トリオ(1981年8月5日)作詞:松本隆、作曲・編曲:細野晴臣

②愛染橋/山口百恵(1979年12月21日)作詞: 松本隆、作曲: 堀内孝雄

③女ともだち/高田みづえ(1978年9月25日)作詞:松本隆、作曲:筒美京平

④三枚の写真/三木聖子(1977年1月25日)作詞:松本隆、作曲:大野克夫

⑤哀愁トゥナイト/桑名正博(1977年6月5日)作詞:松本隆、作曲:筒美京平


第36回 平成29年7月8日放送分

【夏の歌特集・その1】

① 真っ赤な太陽/美空ひばり、ジャッキー吉川とブルーコメッツ(S 42.5.25)  作詞:吉岡治  作曲:原信夫

② 黄色い麦わら帽子/松崎しげる (S47.10.25)  作詞:ちあき哲也  作曲:中村泰士

③ 夏しぐれ/アルフィー(S49.8.25)  作詞:松本隆 作曲:筒美京平

④ 貝がらの秘密/とんぼちゃん(S49.9.25)  作詞作曲:実川俊晴

⑤ 遠野物語/飛行船  作詞作曲:安部光俊

⑥ 夏をあきらめて/研ナオコ(S57.9.5)  作詞作曲:桑田佳祐

⑦ 夏が来たのね/タブレット純(生歌)



【黄金リクエスト】

① 渚のシンドバッド/ピンクレディー(S52.6.10)  作詞:阿久悠、作曲・編曲:都倉俊一

② あなただけを/あおい輝彦(昭和51年6月25日)  作詞: 大野真澄、作曲: 常富喜雄

③ 蜃気楼/クリスタルキング(昭和55年4月5日)  作詞:天野滋、作曲:山下三智夫

④ 精霊流し/グレープ(昭和49年4月25日)  作詞作曲:さだまさし

⑤ 夏の日の思い出/日野てる子(昭和41年6月5日)  作詞作曲:鈴木道明



【GSサマーソング・マイベスト5】

① シー・シー・シー/タイガース(昭和43年7月5日)  作詞:安井かずみ 作曲:加瀬邦彦

② 夏の夜の動物園/ダイナマイツ(昭和43年6月)  作詞:橋本淳、作曲:鈴木邦彦

③ 思い出のビアガーデン/レモンルーツ(昭和44年7月1日)  作詞・作曲:おむろまこと

④ エルムの恋/デビィーズ(昭和44年5月)  作詞:水島哲、作曲ベン・ミラー(遠藤実)

⑤ 愛のカデンツァ/前田美波里、井上宗孝とシャープ・ファイヴ(昭和42年12月)  作詞:池ひでし、作・編曲:古屋紀

⑥ 白夜の騎士/タイガース(昭和43年7月5日)  作詞:有川正子(補作:橋本淳) 作曲:すぎやまこういち

【夏の歌特集・その2】

① 涙の太陽/安西マリア(昭和48年7月5日)  作詞:R. H. Rivers(湯川れい子)、作曲:中島安敏

② 恋する夏の日/天地真理(昭和48年7月1日)  作詞: 山上路夫、作曲: 森田公一

③ 夏の夜祭り/北見恭子(昭和48年)

④ サマーノクターン/木下節子 (昭和43年5月25日)

⑤ 七月の子守唄/水原弘 (昭和39年4月10日)

⑥ 暑中お見舞い申し上げます/キャンディーズ(昭和52年6月21日)  作詞:喜多條忠、作曲:佐瀬寿一

月別: 2017年8月

.


第41回 平成29年8月19日放送
【平尾昌晃特集・その1】

①霧の摩周湖/布施明(1966年12月1日)作詞:水島哲

②恋のしずく/伊東ゆかり(1968年1月20日)作詞:安井かずみ

③愛の園/平尾昌晃・クッキーズ 作詞:山上路夫

④榛名湖の少女/ロスインディオス 作詞:なかにし礼

⑤第一勧銀のうた・心のふれあい

⑥タブレット生歌/瀬戸の花嫁

⑦美しい季節/ザ・ジャネット(1974年3月20日)作詞:阿久悠

【黄金リクエスト:平尾昌晃作品】

①夜空/五木ひろし(1973年10月20日)作詞:山口洋子

②星に願いを/アグネス・チャン(1974年2月25日) 作詞:安井かずみ

③赤い絆(レッド・センセーション)/山口百恵(1977年12月21日)作詞 :松本隆

④キラキラ星あげる/大場久美子 作詞:伊藤アキラ

⑤キャプテンハーロック/水木一郎(1978年のアニメ)作詞:保富康午



【黄金リクエスト②】

①勝手にしやがれ/沢田研二 (1977年5月21日) 作詞:阿久悠 、作曲:大野克夫

②せんせい/森昌子(1972年7月1日)作詞:阿久悠、作曲:遠藤実

③水色の街/三輪車(1974年)作詞・作曲:山崎稔

④八月の空へ飛べ/NSP(1978年5月25日)作詞:天野滋 作曲:平賀和人

⑤赤とんぼ/ちあきなおみ(1988年10月5日)作詞:吉田旺、作曲:船村徹

⑥蒲田行進曲/松坂慶子・風間杜夫・平田満

【平尾昌晃特集・その2】

①カナダからの手紙/平尾昌晃・畑中葉子(1978年1月10日)作詞:橋本淳

②旅愁/西崎緑(1974年8月1日)作詞:片桐和子

③哀愁のバイパス道路(ロード)/平尾昌晃 作詞:水島哲

④雨の舗道/ジャッキー吉川とブルーコメッツ(1968年4月25日)作詞:橋本淳

⑤愛は不死鳥/平尾昌晃 ※京都ベラミライブ

⑥みんな誰かを愛してる/石原裕次郎(1979年)作詞:なかにし礼



17081901

今日使用した、貴重なレコードの数々!!


平尾先生の直筆サイン入りのアルバム!あの作詞家の!?「岩谷時子様」とメッセージが!?


どれもこれも・・・レアです!



第40回 平成29年8月12日放送

【海の歌、山の歌特集・その1】

①シーサイド・バウンド/ザ・タイガース(1967年3月8日) 作詞:橋本淳/作曲・編曲:すぎやまこういち

②野バラ咲く径/市川染五郎(1967年) 作詞、作曲:市川染五郎

③愛のリメンバー/寺内タケシとバニーズ(1967年10月20日) 作詞・作曲:鈴木義之

④山のロザリア/スリー・グレイセス(1961年) 作詞:丘灯至夫、作曲:ロシア民謡

⑤寒椿の島から/春日はるみ(1974年 ) 作曲:森田公一

⑥農夫の唄/キャッスル&ゲイツ(1969年1月) 作詞・作曲:牛尾等

⑦海のうた/かまやつひろし(1975年6月1日) 作詞:阪田寛夫、作曲:黛敏郎

⑧木曽は山の中 /葛城ユキ(1974年12月5日) 作詞:松田篝(かがり)、作曲:福井峻



【黄金リクエスト】

①太陽がくれた季節/青い三角定規(1972年2月25日) 作詞:山川啓介、作曲:いずみたく

②ボタンを外せ/西城秀樹(1977年9月5日) 作詞:阿久悠、、作曲・編曲:三木たかし

③岬めぐり/山本コータローとウィークエンド(1974年6月1日) 作詞 :山上路夫、作曲 :山本厚太郎

④北アルプス/あおい輝彦(1979年1月25日) 作詞:ちあき哲也、作曲:平尾昌晃

⑤星の砂 /小柳ルミ子(1977年4月25日)  作詞:関口宏、作曲:出門英



【タブ純一週間日記うた】

①お化けのロック/郷ひろみ・樹木樹林 (1977年9月1日) 作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童

②ブランコとゆりかごそしてシーソー/佐藤公彦(1972年5月5日) 作詞、作曲:佐藤公彦

③水虫の唄/カメ&アンコー(1969年7月21日) 作詞・作曲:山田進一、補作詞:足柄金太、補作曲:河田藤作

④映画ちょっとだけよ全員集合~ドリフの会津磐梯山(1973年)作詞:なかにし礼、作曲:日本民謡

⑤タブ純生歌  レディータウン蒲田

⑥愛のアンジェラス/玉川砂記子



【海の歌、山の歌特集・その2】

①レットキス(ジェンカ)/坂本九 (1966年9月15日) 作詞、訳詞:永六輔、作曲:ラウノ・レティネン

②高原のお嬢さん/舟木一夫(1965年10月 ) 作詞:関沢新一、作曲 :松尾 健司

③海のトリトン/須藤リカ・かぐや姫(1 972年3月25日 ) 作詞:伊勢正三 作曲:南こうせつ

④GO! GO! トリトン/ヒデ・夕木、杉並児童合唱団 作詞 :林春生 、 作曲:鈴木宏昌

⑤タブ純生歌  高原に咲く恋(山中みゆき)

⑥海と女の子/ドライポッド 作詞、作曲:早川義夫

⑦海・その愛/加山雄三(1976年5月20日) 作詞:岩谷時子作曲:弾厚作(加山雄三)

第39回 平成29年8月5日放送分

【阿久悠特集・その1】

①白い蝶のサンバ/森山加代子(1970年1月25日)作曲:井上かつお

②朝まで待てない/モップス(1967年11月10日)作曲:村井邦彦

③おもいで岬/新沼謙治(1976年 2月1日)作曲:川口真

④ミクロイドS/ヤングスターズ(1973年4月7日)作曲:三沢郷

⑤私の花言葉/三橋ひろ子(1972年7月25日)作曲:森田公一

⑥初恋の頃/淡路まさみ(1972年3月10日)作曲:平尾昌晃

⑦時の過ぎ行くままに/タブレット生歌(1975年)



【黄金リクエスト①】

①十年ロマンス/ザ・タイガーズ(1981年11月21日)作曲:沢田研二

②林檎殺人事件/郷ひろみ&樹木希林(1978年6月21日)作曲:穂口雄右

③昨日・今日・明日/井上順(1971年4月25日)作曲:都倉俊一

④ピンポンパン体操/杉並児童合唱団(1971年版)作曲:小林亜星

⑤乙女のワルツ/伊藤咲子(1975年7月5日)作曲:三木たかし



【黄金リクエスト②】

①また逢う日まで/尾崎紀世彦(1971年3月5日)作曲:筒美京平

②透明人間/ピンクレディー(1978年9月5日)作曲:都倉俊一

③お手やわらかに/夏木マリ(1974年3月10日)作曲:川口真

④世迷い言/中島みゆき(アルバム「おかえりなさい」より1979年11月21日発売)作曲:中島みゆき

⑤日曜日はストレンジャー/石野真子(1979年1月25日)作曲: 筒美京平

⑥若き獅子たち/西城秀樹(1976年9月5日)作曲:三木たかし

【阿久悠特集・その2】

①闘牛士/Char(1978年3月25日)作曲:Char

②ワインカラーのときめき/新井満(1977年 )作曲:森田公一

③恋のパスポート/田頭信幸(1972年3月21日 )作曲:宇崎竜童

④純愛時代/あおい健(1972年11月10日)作曲:ぺぺよしひろ

⑤漁火/上村次郎(1976年)作曲:ぺぺよしひろ

⑥熱き心に/小林旭(1985年11月20日)作曲: 大滝詠一



月別: 2017年9月


第44回 平成29年9月23日放送

【秋を感じる歌謡曲・Ⅰ】

①誰もいない海/トワ・エ・モア(1970年11月5日)作詞:山口洋子、作曲:内藤法美

②秋の気配/オフコ―ス(1977年8月5日)作詞、作曲: 小田和正

③燃える秋/ハイ・ファイ・セット(1978年)作詞:五木寛之、作曲:武満徹

④白壁と夕陽の町/小川めいみ(1972年10月)作詞:かぜ耕士、 作曲:川口真

⑤青い黄昏/小野階子(1971年)作詞:林春生、作曲:鈴木邦彦

⑥秋の一日/下成佐登子(1978年)作詞、作曲:下成佐登子

⑦タブレット生歌/秋止符



【黄金リクエスト】

①すみれセプテンバーラブ/一風堂(1982年7月21日)作詞:竜真知子 、作曲:土屋昌巳

②おかあさん/森昌子(1974年9月1日)作詞:神坂薫/作曲:遠藤実

③あなたの前に僕がいた/フォーリーブス(1972年10月21日)作詞:北公次 作曲:筒美京

④君について行こう/ザ・シャデラックス(1966年)作詞、作曲:平岡精二

⑤船を出すのなら9月/中島みゆき(1980年4月5日 アルバム「生きていてもいいですか」より)作詞、作曲:中島みゆき



【橋本さんの1週間】

日)①素敵なタミー/ザ・ダウンビーツ(1968年2月25日)作詞:吉岡治、作曲:リビングストン,エバンス

月)②恋のTEA FOR TWO/三上ツカサとハミング・バーズ (1970年)

火)③君だけに愛を/ザ・タイガース(1968年1月5日)作詞:橋本淳 作曲・編曲:すぎやまこういち

水)④夢行きチケット/とんねるず(1981年8月25日 日本テレビ系「新・ど根性ガエル」エンディングテーマ)作詞:大津あきら、作曲:加瀬邦彦

木)⑤世界は笑う/コント55号(1968年)作詞:岩城未知男、作編曲:すぎやまこういち

金)⑥夏の終わりに/サウンド・スペース(1975年)作詞、作曲:ホール・スズキ



【秋を感じる歌謡曲・Ⅱ】

①風は秋色/松田聖子(1980年10月1日)作詞:三浦徳子、作曲:小田裕一郎

②秋の午後/南沙織(1973年8月21日)作詞: 有馬三恵子、作曲: 筒美京平

③つぶやき/ソニア・ローザ(1976年8月5日)作詞,:万里村ゆき子、作曲:坂田晃一

④秋だなァ/森田公一とトップギャラン(1976年アルバム「青春時代」収録)

⑤旅立ち/松山千春(1977年1月25日)作詞、作曲:松山千春

⑥コバルトの季節の中で/沢田研二(1976年9月10日)作詞:小谷夏、作曲:沢田研二

17092301

17092302



第43回 平成29年9月9日放送

【1974年9月のうた・Ⅰ】

①よろしく哀愁/郷ひろみ(1974年9月21日)作詞:安井かずみ、作曲:筒美京平

②想い出のセレナーデ/天地真理(1974年9月1日)作詞: 山上路夫、作曲: 森田公一

③夏しぐれ/アルフィー(1974年8月25日)作詞:松本隆、作曲・編曲:筒美京平

④コーヒー一杯の幸福/ベル(1974年)作詞:小泉正美、 作曲:萩田光雄

⑤なみだの季節/キャンディーズ(1974年9月1日)作詞:千家和也、作曲・編曲:穂口雄右

⑥東京暮色/及川恒平 作詞:阿久悠、作曲:及川恒平

⑦タブレット生歌/酒場にて



【黄金リクエスト】

①なみだの操/殿さまキングス(1973年11月5日)作詞:千家和也、作曲:彩木雅夫

②ハピネス/タケカワユキヒデ(1979年)英語作詞 奈良橋陽子 日本語作詞 山川啓介 作曲タケカワユキヒデ

③横浜Day break/柴田恭兵(1989年のテレビドラマ「勝手にしやがれヘイ!ブラザー」のエンディング)作詞:山川啓介、作曲:川上明彦

③心の扉をあなたのために/中尾ミエ(1972年6月)作詞:阿久悠、作曲:川口真

④はじめての出来事/桜田淳子(1974年12月5日) 作詞:阿久悠、作曲:森田公一



【橋本さんの1週間】

日)①大阪ラプソディー/海原千里・万里(1976年2月25日)作詞:山上路夫、作曲:猪俣公章

月)②京都の青い空/NAC 作詞:林春生、作曲:すぎやまこういち

火)③人生一、ニ、三/江波健太郎(1969年)

水)④僕にまかせてください/クラフト(1975年4月10日)作詞、作曲:さだまさし

木)⑤虹子の夢/吉永小百合 和田弘とマヒナスターズ(1963年1月5日)作詞: 佐伯孝夫、作曲:吉田正

金)⑥かぐや姫先生のうた/堀江美都子(1971年TVドラマ『好き! すき!! 魔女先生』主題歌)作詞:丘灯至夫、辻真先、作曲:渡辺岳夫



【1974年9月のうた・Ⅱ】

①上級生/フィンガー5(1974年9月10日)作詞:阿久悠、作曲:井上忠夫

②ちっぽけな感傷/山口百恵(1974年9月1日)作詞: 千家和也(原案: 川緑浩幸)、作曲・編曲: 馬飼野康二

③踊り子/下田逸郎 作詞:下田逸郎、作曲:下田逸郎

④もう一年になる/マギーメイ(1974年9月)

⑤じゃあまたね/浅田美代子(1974年8月21日)作詞:安井かずみ、作曲:吉田拓郎

⑥傷だらけのローラ/西城秀樹(1974年8月25日)作詞:さいとう大三、作曲・編曲:馬飼野康

17090903二

17090902

17090901



第42回 平成29年9月2日放送

【山川啓介特集・その1】

①太陽がくれた季節/青い三角定規(1972年2月25日)作曲:いずみたく

②家路/岩崎宏美(1983年8月21日)作曲:大森敏之

③風のメルヘン/サーカス(2003年3月19日発売のベストアルバム「サーカス 歌の贈り物」に収録)作曲:佐藤健

④白いページ/小野寺昭(1975年6月)作曲:大野克夫

⑤木もれ陽/田中健(1976年3月)作曲:いずみたく

⑥海を抱きしめて/中村雅俊(1978年11月1日)作曲:筒美京平

⑦タブレット生歌/ふれあい



【黄金リクエスト・山川啓介特集】

①Mrブルー~私の地球~/八神純子(1980年12月6日)作曲:八神純子

②時間よ止まれ/矢沢永吉(1978年3月21日)作曲:矢沢永吉

③雨上がりのダウンタウン/アグネス・ラム(1977年8月11日)作曲:弾厚作

④愛の園/西城秀樹(1980年3月21日)作曲:スティーヴィー・ワンダー 編曲:坂本龍一

⑤宇宙刑事シャリバン/串田アキラ 作曲:渡辺宙明

⑥帰らざる日のために/いずみたくシンガーズ(1974年「われら青春」主題歌)作曲:いずみたく



【橋本さんの1週間】

日)①赤頭巾チャン、バスストップ/野沢那智、白石冬美、小島一慶、林美雄

月)②歩くのが好き/ザ・ポエッツ

火)③子ねこのフーガ/麻上洋子

水)④お花おばさん/ザ・フレッシュメン

木)⑤愛の誕生日/あいざき進也(1974年10月25日)作詞:岡田冨美子、作曲:すぎやまこういち

金)⑥びん感!メカニック/小林明子 小林直子 (1985年 アニメ「はーいステップジュン)



【山川啓介特集・その2】

①北風小僧の寒太郎~ニューバージョン~/堺正章 作詞:橋本淳

②新しい空/小出正則(1979年11月5日)作曲:よしだたくろう

③私が雪だった日/天地真理(1983年2月1日)作詞:網倉一也

④友が偉く見える日/森田公一とトップギャラン(1998年8月21日)作詞:森田公一

⑤母たちそして子供たち/山崎直子 作詞:

⑥戦士の休息/町田義人(1978年8月10日)作曲:大野雄二


.
17:36  |  タブ純音楽の黄金時代  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.03.30 (Thu)

"永井龍雲×富澤一誠 対談!"




17:32  |  永井龍雲  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.03.25 (Sat)

3月25日 デビュー記念日

デビュー40年 おめでとう!

龍雲さん 
歌うことをやめないでくれて ありがとう
歌い続けてくれて ありがとう
まだまだ 夢に向かって 歌い続けてください
武道館の夢 まだあきらていません
この40周年の期に、さらに大きく飛躍しますように
すてきな一年をすごしましょう🎵

10年後は 50周年!





02:26  |  永井龍雲  |  コメント(1)  |  EDIT  |  Top↑
2017.03.24 (Fri)

龍雲さんからのメッセージ





15:56  |  永井龍雲  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.03.24 (Fri)

🎵あれから10年

10年前のちょうど今ごろ
大学進学で横浜へ巣だった長男
4年間の大学生活を終えて、就職
まる6年たって、先週Uターンでお引っ越し。
あれから10年
育った田舎に帰ってくる
行った時は1人だったのに、帰って来る時は
4人に増えてる
(同居はしないけど)

帰って来なくてもいいのに…
みんなに嬉しいでしょ?と言われるけど
そんなに嬉しくもない

遊びででかける時はほとんどホテルになってしまったけど
これで完全に東京に帰る場所がなくなっちゃった。

30日まで仕事を勤め上げてくるので、引っ越した後の
何にもない部屋に一人で10日ほど
こたつと布団と湯沸かしポットだけ残して過ごしているもよう。

そうだ!

ちょうどライブででかけるし、最後のお泊まりしちゃおう!
と、今向かっている車中です

過ごせるかな?

話がそれにそれてしまった~

🎵あれから10年~
都会の絵の具に染まりきらずに帰ってくる~

私は今でも東京に住んでいたい~!



15:42  |  忘備録 食・旅・ひとりごと  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.03.21 (Tue)

「永井龍雲 1978-1986 CANYON RECORD YEARS」

なんと嬉しいお知らせ!

これで全曲CD化!


header.png

ポニーキャニオン特設ページ

Make you love me ~こよなき愛の歌~ が一番嬉しいかな・・・

デビュー40周年を迎える永井龍雲が、1978年から1986年まで、キャニオン・レコード(現ポニーキャニオン)に残した音源を網羅。計8タイトルのアルバムに、シングル盤のみでリリースされた音源を加えました。70年代後半から80年代半ばまで、ニューミュージックとして多様化する音楽シーンの中で、フォークに根差した自らの表現を追い求めた、シンガーソングライターの軌跡。

【収録アルバム】
1, 龍雲ファースト
2, 発熱
3, 暖寒
4, 夜・風・雨
5, 風炎
6, 風のカクテル
7, STAND BY
8, 或る時
9, アルバム未収録曲集



タイトル
永井龍雲 / 永井龍雲 1978-1986 CANYON RECORD YEARS [CD]

商品番号
BRCA-00080

発売日
2017年3月25日

本組/枚数
9枚

収録曲

Disc 1 龍雲ファースト
1, やがて来る春に
2, 想い
3, 夏の夜
4, あの頃
5, 二人の出発(たびだち)
6, 偽りの日々
7, 空振りの一日
8, 帰りの電車
9, 小さな愛
10, 渡り者
11, 素面酒
12, 夢なる世界

Disc 2 発熱
1, 愚かな放浪
2, 挙動不審
3, つまさき坂
4, 心象風景
5, 待ちぼうけ
6, 星月夜
7, 風の言伝
8, 砂浜
9, 僕は常夜燈
10, お遍路
11, 高台にて

Disc 3 暖寒
1, 冷たい夜
2, 問わず語り
3, 思い出旅行
4, 感傷
5, 道標(しるべ)ない旅
6, 往来
7, 若葉の夢
8, 縺(もつ)れた糸
9, 僕の休日
10, 忘春の詩−17才−
11, 蒼(そうきゅう)穹

Disc 4 夜・風・雨
1, つむじ風
2, 夜想曲(ノクターン)
3, 今日はなんとなく
4, 東京・六本木
5, 自信喪失
6, 暮(くれいろ)色
7, 僕の隣りで
8, 笹舟
9, Lovely You
10, ヴィオロンの風
11, 今夜も雨

Disc 5 風炎
1, 赤い踊り子
2, 春(はる)北風(ならい)
3, 桜桃忌−おもいみだれてー
4, 人の四季
5, 流れよ
6, 儚(ゆめ)物語
7, VACANCE
8, デッド・メトロポリス
9, 小春日
10, まだ醒めぬ残像
11, 祈り

Disc 6 風のカクテル
1, 永遠への船出
2, 夢遊病者(ソムナンビュール)
3, たそがれ
4, 女の歴史
5, 紅蓮の鳥
6, 冬の夜明け
7, 今日この頃
8, 気ままな風
9, 男たちよ

Disc 7 STAND BY
1, ガラスの破片
2, 海岸教会(チャペル)
3, マイハート〜虹を追う二人
4, ブルーレイニーデイ
5, MAKE YOU LOVE ME ーこよなき愛の歌ー
6, 果てまでローリング
7, おそ夏の恋
8, 不快指数
9, イサム
10, メリー・クリスマス

Disc 8 或る時
1, 青春ロード
2, 危険(クライシス)遊戯(・ゲーム)
3, Beautiful Day
4, 晴天乱気流
5, いとしき人よ語れ
6, ハートブレイク
7, スロージンをもう一杯
8, 繻子人形(サテン・ドール)
9, さらば十九歳
10, 雨だれ

Disc 9 アルバム未収録曲集
1, ひと握りの幸福(しあわせ)
2, つまさき坂(シングル・バージョン)
3, 素面酒(シングル・バージョン)
4, 悲しい時代に
5, 俄(にわか)雨(あめ)に見たものは
6, カリフォルニア伝言(メッセージ)
7, 恋はゆっくり、時間をかけて
8, ブルースに口づけ
9, MAKE YOU LOVE ME(シングル・バージョン)
10, 夏時間
11, 駅から始まる物語
12, 花火

特典/仕様
[特殊内容/特典]
[仕様]
オリジナルLP盤8タイトル復刻紙ジャケット仕様
全14作EP盤ジャケット掲載60ページ特製ブックレット付き
23:22  |  永井龍雲  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2017.03.17 (Fri)

New アルバム「スライド ショウ」 永井龍雲


20170317125843650.jpg

13:00  |  永井龍雲  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2017.03.16 (Thu)

アッパレジャンボリー盤見世興行 ちんどん大演芸場@新宿プーク人形劇場

2017年3月12日 新宿プーク人形劇場


前日、両親の七回忌 震災の年だから忘れることはありません。
震災じゃなくても忘れないか・・・
ラッキーな日程で楽しみにしていたジュンマキ堂のライブと抱き合わせ

会場はプーク人形劇場 初めて行きます
DSC_0039.jpg  DSC_0038.jpg

いつものように場所確認してから食事しようと思ってでかけるとすでに並んでいらっしゃる。
結局、動けないことに。。。
特に用事があるでなし、おしゃべりしながら待つのも楽しいもので。
純さんとこでは、ぼっち感 多し なので、みなさんやさしく接してくださるので嬉しい限り。

開場前 並びながら ジュンマキさんたちが用意されてたがちゃぽんでドキドキ
やはり純さんの缶バッチを狙っている・・・ でもジュンマキさんたちのも色がはっきりしてて可愛い
黒は1つずつしか入っていないレアものらしい

17155318_1297760970303017_7326322773048203626_n.jpg
17191295_1297769790302135_479117418044557257_n.jpg


がちゃぽん やったことないもんなぁ
やり方がわからない 教えてもらって 100円玉を入れる
回す もう100円 回す  出た~

黒のベース(NISHIYAN) でした

順番にやっていくんだけど、純さんがなかなか出てこない

足りなくなっては と1回にしておいたものの、余るんじゃ? と2回目
マキさん 出ました! 可愛い

2回目一巡するも 純さん 出てこない   

開場前になるとまさるちゃんが出て来て、お客さんに挨拶をしています
いいね~~
DSC_0045.jpg
横向きになっちゃったよ まぁいっか~

会場に入ると1.2列目の中央部は「お子様、小柄な方 優先席」の張り紙が
お子様ではないし、背は低いけど小柄ではないので、張り紙のない席に一旦着席
そしたらね、150cm以下ならいいって・・・
でも、小柄じゃないんですけど~~  スタッフさんが 150cmなければどうぞ
とおっしゃってくれたので、図々しく座らせてもらっちゃいました。
背が低くて得した と思ったのは初めてかも?

まさるちゃんが前説
もうなんでもあり 楽しければいい でも、大人ならわかりますよねぇ?
とマナー協力も呼びかけて
前説から楽しいよ♪

長丁場の3部構成だそうです

配られたプログラム

20170316172503547.jpg

舞台は奈落があってぽっこり 空いています  こわい

はじまりはじまり
ジュンマキさんたちの演奏が始まり、ゲスト出演者も後方から舞台へ

まさるちゃんの「キクエのサンポ」 まさるちゃんのソロを聴くのは初めて!
CDで聴いて楽しい歌だな~と思っていたので生で聴けてやっぱり楽しい

ジュンマキ純子さんの「あのよろし」 も CDの中で歌のある少な一曲
純子さんがもっのすごく素適な笑顔でチンドンをたたくのが本当に素敵

そしてタブ純 初めて聴く「なみだの操」はめちゃこぶしまわしてて
こんな声も出るんだと感心 
ジュンマキオリジナルの「猪鹿蝶で逢いましょう」は有楽町で逢いましょうから
もじったような歌 これも純さんで初聴き あ、初歌いらしいです。




今回ノーマークだった エルナ・フェラガーモさん 何者? 
多分 男性? 「エルナのアパジャンTV」 

だんだん引き込まれてしまったのが不思議です。

上々颱風のボーカルの方の声は知っていても、お姿を見るのは初めても白崎映美さん。
迫力のパフォーマンスでした。
衣装? ナマハゲのイメージだそうで すごかったです。
歌もかっこいい!
てっきり沖縄の方かと思い込んでいたら山形の方なんですって!



様子はあちこちブログや出演者さんたちの公式FB 等に
写真などどっさり出ているので
ジュンマキ堂FB 




雰囲気の留め置き~  

終了後は出演者の方々みなさんが出口でお見送り、サイン、写真 などなど 大サービスで盛り上がっておりました。
17:30  |  タブレット純  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.03.14 (Tue)

タブレット純~味園ユニバース@2017.1.7 電撃的大阪より


13:54  |  タブレット純  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.03.06 (Mon)

帰りの電車 / タブレット純

3月5日 東大和市 CafeBar Coo 

タブレット純
毒キノコ

「昭和、歌のアルバム 
~なつかしの昭和歌謡・ポップス・GSの数々~」

1部は Cooのママさん 杏さんにピアノ伴奏いただいて
白い珊瑚礁 (3月5日は サンゴの日)
春うらら(季節にちなんで)
雨のバラード(BSの番組で湯原さんにお会いしていろいろ話をきいた)
そよ風のバラード(さわりだけ)
空港(お店 空Coo にかけて)
四葉のクローバー(ムッシュ追悼)
バラの恋人(今日は加瀬さんのお誕生日)
丘を越えて(ギターとハーモニカ)
男はつらいよ(ギターとハーモニカ)
帰りの電車 (譜面をもらったのでファーストアルバムから好きな歌を
        杏さんにお願いしてピアノ伴奏で)
街の灯り

帰りの電車 は龍雲さんの東京コンサートがあると
アンコールで必ずリクエストがあった 人気の歌 
最近はないかな?

純さんも好きなんだって・・・
歌詞を見ずに歌い切った!!

永井龍雲の歌  知らない人に 聴いていただけて嬉しかった~
終わってから いい歌だね 可愛い歌だね と純さんファンの方から
言っていただけて 嬉しかった~
譜面見ただけで弾いちゃう杏さんも さすが!プロ!


20170306110811963.jpg

2部は 杏さん率いる 毒キノコ のGSナンバー
久々のバンド音 ノリました

ラスト ゲストボーカル 純さんが加わって
エメラルドの伝説
バン・バン・バン (ムッシュ追悼)
毒キノコのテーマ(ウィウイルロックユー)から
指さし確認 君だけに愛を

指さし指導したいよ~~ 純さん!

ぎりぎりまで行こうかどうしようか迷って、やっぱり行ってよかった~
「帰りの電車」聞き逃したら もう聴けなかったかもしれない
この一曲だけで 十分行った甲斐がありました。

毒キノコ + タブレット純
IMG_2431.jpg

10:49  |  タブレット純  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2017.03.02 (Thu)

沼袋 まちかどひなめぐり Live in 一の湯

C5XUPgWVcAAefjL.jpg 20170302215300241.jpg

C5o0WX6UwAI8-uw.jpg  

龍雲さんが行ってた銭湯ってどこだったのか? 
とっても気になります。

3月1日 沼袋 一の湯さんでの 銭湯ライブ
一応、男湯の   1部 脱衣所  と 2部 浴場

男湯バックに脱衣場にセッティングされてます



タキシードで登場  
まずは挨拶の後、商店街のお役の方のご挨拶から
会長さんではない とのことで 役職名 覚えてなくてすみません

そしてギターで 「丘を越えて」  相変わらずの ハイテクニックのハーモニカ
今日は立ってるのでその振りがまた いいのだ~

半ズボンのタキシードのまさるちゃん 登場!

5.jpg
一の湯さんのTwitterから拝借

中野に住んで10年くらい そのうちの3~4年を沼袋 風呂なし27000円(?) 
くらいだったか??のアパート で
暮らすも、そのうちネズミに占領されて・

会場には純さんがまだ登録している介護のセンターの所長さんはじめ
同僚の方々もみえていたり、平和の森公園の活動をされている会長さん
ご近所さん などなど いつもとはまたちょっと違った感じで いい感じ

文化放送で、大竹まことさんに「お前って本当にいい加減なやつ」と言われたり
親にも言われちゃって・・・
そしたら会場からおじさまの声で 「良い加減」 !
嬉しそうな純さんでした。

そうそう この話は
2部は浴場 お風呂場 で 
お客さんの移動することになるんだけど
それをどう移動したらいいか?を考えてなくて
どうしよう~~ ってところから始まったような?

1部セットリスト
♪丘を越えて
♪コモエスタ赤坂  赤坂を 一の湯 に置き換えて
♪潮来笠
♪お座敷小 (やっぱり盛り上がります!)
♪寒い朝
♪トコ、とんかつさん (マヒナ発掘の曲 今は放送禁止)
♪東京の灯よいつまでも ( お父さんの18番)
♪男はつらいよ 


2部  浴場に移動  座布団持ったり、椅子を持ったりして
大きな混乱もなく 静かに移動
お湯のない浴槽にアンプ スピーカー キーボードのセッティングがしてありました



お湯を抜いた銭湯の浴槽なんて、そうそう見られるもんじゃないけど
洋服着て、お風呂場に入ることだって そうそうない いや 絶対ない
ましてや 男湯~~!!


2部はまさるちゃんの鍵盤伴奏で 純さんは ピンクのドレスで登場!
背中はファスナーが止まらず 開けっぱなし
シャンソンチック はたまた ジャズっぽ?
純さんがいつも言ってる ジャジーなアレンジ かな?

こんな悲しい 「うれしいひな祭り」 って初めて聴く 良かったぁ
水原弘の「君こそ我が命」も 鳥肌もの

前回、一の湯さんで歌声喫茶した時に一緒だった まとばゆう さんが
登場  ネタを 手短に~  おもしろかったぁ (お笑いが好きじゃない私にも)
浴槽に降りるのに、またがなくちゃならなくてお気の毒
どのタイミングで出られたっけな?


1部
丘を越えて
コモエスタ赤坂(一の湯ver.)
潮来笠
お座敷小唄
寒い朝
トコ、とんかつさん
東京の灯よいつまでも
男はつらいよ

2部
愛の讃歌 (1曲目からラストのような盛り上がり)
うれしいひなまつり(こんな悲しげなの初めて~ 良い意味です)
いい湯だな
池袋の夜(沼袋がついた歌はないので 池袋を沼袋におきかえて.)
芽生えてそして
君こそわが命 (震えるほどよかった~ 泣きそうになった)
北の宿から (本当に悲しげ)
柿の木坂の家
そっとおやすみ
~アンコール~
また逢う日まで

楽しかった~~
ほ~~んとに楽しかった

3.jpg
21:49  |  タブレット純  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |