02月≪ 2013年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.03.24 (Sun)

永井龍雲35周年リサイタル ~天命のままに~ 草月ホール

のびのびとメモできましたので、セットリストのみとりあえず携帯から。
後ほど肉付け(?)しようかと…
できるかな?

青山一丁目に向う銀座線 向かいの席の方たちが話しているのが耳に入ってきました。
「A列だから1列目かしら?」(あら、コンサートに行くのかな? 誰のだろう?)
「永井龍雲って今いくつかしら?」(ええ?! 龍雲のコンサートなんだ~!)
思わず55ですよ~ と教えてあげたくなりましたがぐっとこらえて・・・
聞こうとしなくても聞えてくるので聞いてしまいましたが・・・

席が空いた時に、立っていた方が私の隣に座りました。
それで「聞えちゃったんですけど・・・私も同じコンサートに行
くんですよ」
と話が始まりました。

歌は知っているけど、生のコンサートは初めてだそうで
まだカーリーヘアの姿しか覚えていないそう。
「それなのにどうして行く気になったんですかぁ?」なんて聞いてしまいましたが
毎日新聞に載っていたそうなんですね で行ってみようかとご主人にチケットを買ってきてって
たのんだそうです。

ずっと歌っていたんですか?
結婚してるんですか?
(私に)どこからいらっしゃったんですか? 
え~ わざわざ来たんですか???

なぁんて話しているうちに青山一丁目到着

地下鉄でお会いした方たち~ この日の龍雲さんはいかがでしたか?

さてさて、前置き長すぎました。
ホールは入り口から雰囲気が豪華です。
お花も届いていました。

チケットを切ってくださる係りの方もホールならではの高級感。
座席はふんわりシートじゃなくて可動できるパイプイスのような。。
いちば~んはじっこだったので舞台袖から見ているような感じで
笛吹さんの姿はほとんど視界に入らない位置でした。

終わった時に いいコンサートだったなぁ~~ って思えました。
セットリストを見てわかるように、演歌系の選曲が多かったように感じるのは私だけ?
せっかくのアコースティックカフェの方々のサポートなのにちょっと残念でした。

笛吹さんのギターがメリハリあって気持ちよく響きました。

バイオリン チェロが入る伴奏も豪華でした。
心の雨のアコーディオンが良かったなぁ

詳しい進行は、おかにょさんが書いてくれると思うので、思いつくまま感想だけ~

驚いたのが「ふるまい酒」
お嬢さんたちの話をした後でしたし、まるでお嬢さんが産まれたときのことを歌ったように
思われた人も多いかもしれないですね?
熱唱で桜吹雪が舞い降りてくる演出もあり一番盛り上がったかもしれないです。
この歌をライブで聴いたことってあったかなぁ?

まだ龍雲さんが結婚する前に書いた歌だから、あれはもしそうなったらの憧れだったのかな?
いつか娘が生まれたら? って!
だから、リアリティなくて好きになれない歌でした。
子供が生まれたばかりだというのに、外で酒なんか飲んでるな~~! と思ったものです。

今となっては、その通りになったってことかな?
気合入れて歌ってて、聞いていて気持ちよかったけど・・・(深くは考るのはよそう)

35周年の締めくくりとしては、「激流」「お遍路」がなかったのが残念。
あえて入れなかったのかなぁ?
どうして「哀咽」?? (亡くなった方への想い?)

「哀咽」では泣きませんでしたが「ルリカケス」ではやはり涙が・・・
そのまま「お遍路」だったらよかったんだけど

いえ文句ばかり言ってるわけじゃないんですよ 
届くものはちゃんと届けてもらってます。
感動ももちろん、ビシバシと届いています。

声がよく出ていて、まだまだイケル! 。
安心感 安定感 たっぷりの熱唱でした。
ずっとこの歌に支えられてきたんだな~と感慨ひとしおでした。
芯のあるボーカル 弱い心を歌っているのにこの強さはなんだろう?
だから、訴えかける歌は本当に本当に力強い すごいよね

アンコール
せっかくの2回目のアンコールの拍手に応えてくれなかったのがとっても残念でした。
坪さんなら絶対に出てきてくれるよな・・・
予定外の本当のアンコール してもいいんじゃないですかぁ?

不満ではないんですよ 
ちょっと残念なだけなんで・・・

さて、今日から36年目突入!
40周年に向けて ガンバロー! ガンバロー! ガンバロー!です。
フットワーク軽く動けるように東京に居を構えて活動を広げてほしいです。

ツルさんのブログでも、彼は沖縄に住んでいるので・・・・ という件がありましたし

なんだかんだ言っても、いいコンサートでした。


セットリスト
想い(デビューの頃の録音)
想い
血の河
うらら
つまさき坂
恋の花
当世酒場歌
一滴の雨
心の雨
退廃のワルツ
暖簾
屋台
夏の蝶
哀咽
星にたずねて
ルリカケス
ふるまい酒
道標ない旅

先人達の遺産(ソロ)
雑草
今度生まれて来るとしたなら
09:01  |  永井龍雲  |  コメント(8)  |  EDIT  |  Top↑
2013.03.09 (Sat)

永井龍雲 35周年LIVE ~展(ひらく)~ 高田世界館



3回目の上越高田のライブです。
初めての雪の残る高田です。























主催者LINEBOXさんのHPには暖かくしておいでくださいのお知らせあり。
会場の入り口では一人一人にカイロが手渡され、その気遣いが嬉しいです。
大型ストーブをガンガンたいてくれてますが、足元が寒くて冷えました。






龍雲さんと同じ苗字の主催者さんの前説のあと龍雲さん登場

♪鳥のようなもの
♪やがてくる春に

ペットボトルの水でうがい(飲んじゃった)
会場の空気が乾燥していると喉が辛そうです。

今日は電車でいらっしゃったそうで、
越後湯沢を過ぎて、雪がいっぱいだったのに、平野に出たとたんに雪がなくなって一瞬にして2つの世界を見たようだ

そうなんです。
トンネルばっかり、雪ばっかりなのが、平野に出たとたん本当に嘘のように雪がなくなります。

前回の高田は11月だったので、今回は春の選曲にしたということで
♪やがてくる春に 歌詞を間違えてしまったので
ときどき意味不明な歌があるかも?その時は歌が成長したと思って!

春の歌が続きます。
♪笹舟
♪うらら
♪つまさき坂

空気が乾燥して喉がかわくので、ペットボトルの水がどんどんなくなります。
花粉症も辛そうで、歌い終わると、ペットボトル、ハンカチで鼻の下をふいて
腰もあまり調子よくないみたいで、気の毒なくらいでした。

体には自信があったのに、だんだん老いの警告のように体のほうも…

ギックリ腰のことを話し、

一句浮かんだので後から繰り返し言って!と促して

マラソンを(マラソンを)  
やめたとたんに (やめたとたんに)
ひきこもり (ひきこもり)

マラソンできなくなったら、ほかに何も趣味がないことに気がついた

ファンクラブが新しく立ち上がったのでみなさんも立ち上がってください

HPにあるメッセージは返事できないけどちゃんとチェックしていて、今回高田のライブに来る人からのリクエスト曲
♪最後の恋


♪恋の花
♪想い
♪道標ない旅

震災を機に作った歌3曲

ルリカケスの歌の解説、奄美に歌碑ができたこと を話して
♪ルリカケス
♪暖簾
♪激流

アンコール
♪星月夜
♪今度生まれて来るとしたなら

35周年のソロライブはラスト2の高田
草月ホールが終わると40周年に向けてスタートになります。
また高田にも呼んでくれるってLINE BOXさんが言ってくれたとか?
呼んでもらえるようにがんばらないと~~!

高田に来ると話されるのが瞽女さんのこと
お母さんとも重なるのか? 自分の 歌ってお金を得る と重なることもあってか?
いつか「瞽女」の歌を作りたいとおっしゃってました。

高田ライブには関係ないけど
私は、龍雲さんは東京に住んで、もっともっと細かな場所に歌いに出かけてほしいなと思います。
現実、沖縄からの交通費や、時間の制約があるとなかなか難しい面もあると思うのです。
たとえば、ラジオのレギュラーの話があったとしても(あるわけじゃないですが)実現する以前に無理だろうってことになるのでは? って思っちゃうのです。
武道館の夢を叶えるために本気になってほしいな と・・・・

01:13  |  永井龍雲  |  コメント(10)  |  EDIT  |  Top↑
2013.03.08 (Fri)

永井龍雲 35周年LIVE ~展(ひらく)~ 高田世界館

ryu_20130308003809.jpg

会場は高田世界館

main_01.jpg

チケットはLINE BOXさん

築100年の高田世界館、館内の暖房には、可能な限り対処致しますが
時節柄、暖かい服装でお越し下さい。
  とのことです。

00:35  |  永井龍雲  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |