04月≪ 2012年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.05.26 (Sat)

21st Century Schizoid man /King Crimson



NHK BSのスポットPRでインパクトのある、聞き覚えのある曲が流れていて、
おお! クリムゾン キングだ! いや 反対 キング クリムゾン
「クリムゾン キングの宮殿」でごっちゃになる



キング クリムゾン のFULLはこちら
23:31  |  洋楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.05.18 (Fri)

近江八幡 

今週末に、滋賀県近江八幡市、酒遊館で龍雲さんのライブがあります。
私は行けません。。。。(泣)

rental.jpg

ライブ告知があった時に、わ~~~行きたい! ってうずうずしたんですよ。
近江八幡といえば、岡林信康さんの生誕地です。
ちょっと足をのばすと、加川良さんの出身地彦根も近くです。
龍雲さんのフォークのルーツがそこにあるような、わくわくするような
想いがあります。

関西フォーク URC(アンダーレコードクラブ) 
そんな中に名前を連ねる岡林さん、加川さん が大阪でもなく、京都でもなく
滋賀出身っていうのがなんとも奥深い感じがしません?

その地で龍雲さん 何を歌うのかな? もう気になって気になって
行きたいなぁ~~~(行けないんですけど)
龍雲さんのフォークのルーツ 山谷ブルースなんかスペシャルメニューになっていたら?
って思うと ああああ フォークの聖地で聞いてみたい!

いよいよあさってですね~~
多分、あの方 あの方 あの方も 行きますよね~~?
教えてくださいね


00:03  |  フォーク系  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2012.05.07 (Mon)

永井龍雲 35周年記念LIVE   The・ひき語り その2

追記とでもいいましょうか?

昨日は、思い出すまま ばばば~~っと書いてしまいましたが
なんかスッキリしない・・・・

セットリストをながめてみました。
1.激流
2.桜桃忌
3.笹舟
4.つまさき坂
5.うりずんの頃
6.一握りの幸福
7.星月夜
8.同窓会
9.道標ない旅
10.心の雨
11.迷い蝉
12.待ちぼうけ
13.先人達の遺産
14.唾をかけろ
15.お遍路
16.母さんの歌
17.ルリカケス
18.暖簾
19.素面酒
20.今度生まれてくるとしたなら
21.鳥のようなもの
22.想い
23.祈りの歌

35周年記念ライブのセットリストとして  ん~~ って
気持ちになってきました。
弾き語りで勝負するなら  たとえば これは全く個人の好みの問題なので
いいとか悪いとか じゃなくて 私が聞きたかった 入れなくてもよかった と
いう主観だけの話になりますが・・・・
ライブ盤を製作するというなら、一生に一枚のライブ盤に残す曲として どうよ?
タイトルだけでも並べてほしくない「唾をかけろ」 いる?
隠れた名曲(隠れてないけど あえて龍雲さんが代表曲の部類に入れてない)
「僕の隣りで」ははずしてほしくなかったし
弾き語りを前面に出すなら「激しい雨に打たれて」「冬の夜明け」は
はずさないでほしかった とか・・・
一番好きな「蒼穹」が入ってないし・・・
ファン好みから言えばリクエストの多い(関東だけ?)「帰りの電車」「高台にて」も。

じゃ 何をはずすのさ?
バックがついた時に映える「星月夜」「うりずんの頃」「桜桃忌」あたり? とか・・・

アンコールのこと 書いたけど、ちょっと撤回です。
アンコールの声が起きなかったのも、席を立ってしまったのも
それは客席のせいじゃないですね。
呼びたい熱い想いがわけば、きっとそうしますよね?
そうならなかったのは、龍雲さんの力不足だったんだろか?
それとも、じゅうぶん満足したのであれで終わったのか?

ちょっと厳しすぎますか?

でも、武道館へ来てくれと集客活動したあれはなんだったんでしょう?
800弱のホールが埋まらないって・・・・
本当に35周年を記念するライブだったのかな? 
もっともっと盛り上がって、期待感いっぱいにこの日を
迎えていなかったような気もします。

その辺をうまく立ち回れる龍雲さんだったら・・・
それができない不器用な龍雲さんが作る歌だから
惹かれているわけだから・・・・  もうこの辺は葛藤ですよね?

華々しくきらびやかな龍雲さんでは、龍雲さんじゃないし
でも、武道館でたった一人 弾き語りの歌声を絶対に聞きたいよね
70歳まで歌えるとしてもまだ15年ある!

あ~でも、タイガースで盛り上がってしまっていた私の
気持ちがついていってなかったのかもしれないけど・・・
なにを言いたいのかわからなくなってきましたが・・・

あと、お友達のブログやレポを読んで
検査入院のこと、銀座を歩いていたときのこと、沖縄のこと  
ずいぶんいろいろ抜けてることに気がつきましたが
今から書いたらパクっちゃうのでやめとく~

もちろん、「かあさんのうた」「ルリカケス」では泣いちゃったし
「素面酒」はうれしかったし、ピアノの弾き語りもよかったし
写真の演出もよかったし、全曲歌詞を見ないで歌ったのも
本当にすごいと思う。

第2弾 第3弾(あるのか?) 5年後 10年後に
大きな期待をする意味でも、まだまだ満足しないぞ~
って想いです。

反論もいろいろあるでしょうけど、べつに議論するつもりは
全くないので、気にいらなかったら読まないでね~
23:21  |  永井龍雲  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.05.03 (Thu)

永井龍雲 35周年記念LIVE 東京第一弾! The・ひき語り

5月3日(祝) 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

さくらホール

大和田の日 昨年も嵐のような雨と雷で、 なんと今年もすっごい雨!
晴れ男って 晴れ男って???

昨年と同じく、ライブ前に12階にあるプラネタリウムを鑑賞してきました。
というわけで、12階に上がる前に下見をしたさくらホールの前です。


開場時間には、た~~~くさんの人が開場を待ってごったがえしていました。
久しぶりにこんなにたくさんのお客さんを見た~!
中に入り、まずは、この日発売のDVDを買おうと列に並びながらも
いつものお友達、久しぶりのお友達、知り合いの方とごあいさつに切れ目なく・・・
本当に日本各地から、この記念ライブにいらっしゃってるんだな~
(私もそうですけど~)

ロビーでは、予告にあった写真撮影がスタッフさんのカメラで
すすめられていました。
一応記念なので、撮っていただきましたが・・・・・ (こわごわ・・・)


はじまり~
ステージは黒いすかしの緞帳(?)の向こう側に
龍雲さんがスタンバイしてらっしゃるシルエットが・・・(見えたっけ?見えなかったっけ?)
ガツンとギターがぶつかる音が・・ しょっぱなから龍雲さんらしいや~

幕があがって
♪はるば~ると はるば~ると
激流でオープン
やはりオープニングかエンディングですよね? 激流は。
四十路が五十路に変わってるけど新たな五十路の歌詞を加えてくださ~い


思い出すままに・・・ 

今日は、ギターが3本並んでいました。
最近使っているTaylor  
(多分YAIRI?の)12弦ギター 
ガットギター
これだけでも、弾き語りにかける意気込みが感じられます。
いつもはほとんど1本だけだもんね
(先日見たさださんのライブでは、さださん用ギターが5本くらいあってびっくりでしたけど)

ホールライブの時は、バックをつけることが多かったけれど
今回は原点に戻って、弾き語りで、最後まで一人でやる! と。
ゲストはいません
その意気込みがバッチリ伝わってくるライブでした。

バックが白にかわって、キラキラと波が光るような演出
波の音の効果音も加わって うりずんの頃  

一握りの幸福  手拍子が聞えてきましたが・・・きましたが・・
歌い終わって
  「拍手はバラバラでも嬉しいよね         文句は言えない」 (本心でしょうねぇ )
(注) 拍手 とおっしゃいましたが、手拍子のことです。

つぎの星月夜
バラバラと言われたせいもあるのか?手拍手が大きくまとまったかな?

今日は遠くから来てくれてる人もいて と言うと 
「来てるよ!」と客席から声!  
龍雲 「どこからいらした?」  「おかやま~!」 おお~!
同級生も来てくれてる 昔きれいだった子も来てくれてる (失礼ね~)

12弦ギターに持ち替えチューニング
「暖寒」以来使ってなかったそうです。 
今まで見たことないです私、 龍雲さんの12弦ギターって。
チューニングが大変そう 
龍雲さん「ムカデの足みたい     (チューニング)まぁいいや」 って・・
同窓会
バックのスクリーンに豊津高校、同級生の当時の写真、同窓会の写真などなど
映し出され「逝ったあいつ」の部分で一人の男の子の写真。
歌った後のMCでは、やはりあの写真は「15のあいつ」 写真を撮った後に
事故で亡くなったそうです。l
この写真は、写真部にいた同級生が持っていたものだそうで、見せてもらって
ライブに使おうと思いついたそうです。

今日のライブ 、ライブ録音しているそうで
今まで、一枚もライブ盤を出していないので、生の声を残しておきたい
最初で最後のライブ盤になるかも? 僕が死んでも娘たちが聞くので
「パパ盛り上がってないじゃない」 ってことにならないように、盛り上がってほしい
で、 道標ない旅を一緒に歌ってほしいと、 段取りを説明 
その気になって手拍子しながら歌ったけれど、 大きなまとまった手拍子になったかな?

ガットギターにも持ち替えて
心の雨
(音があったかい~)
迷い蝉
この熱唱を聞くたびに、「蝉に親はいないよ・・・」とつい・・・ 親子連れの蝉がいたら見てみたい・・・
    
待ちぼうけ
先人達の遺産
唾をかけろ
お遍路

自分の中に二人の龍雲がいて、豊津にいる永井龍雲 と シンガーソングライターの永井龍雲
二人は話合うんだそうです。 豊津の龍雲はシンガーソングライター龍雲のファン
豊津の永井龍雲の老後の楽しみは、縁側で籐椅子にこしかけて
シンガーソングライター永井龍雲のレコードを聴いてすごすこと。


ライブ録音だから? 一生に一枚のライブ録音だから? 
イントロを聞いて え? やるの?
母さんの歌  (昨年亡くなった母と重ねて、もうボロボロに泣いてしまいました。)
このまま「ルリカケス」に突入だろうな?と思ったとおりにルリカケス  
(あ~~ 苦労のし通しだった母の人生は幸せだったんだろうか? いっつも問いかけてしまいます。)

暖簾
素面酒
今度生まれてくるとしたなら

予定のアンコール
グランドピアノで弾き語り 家ではグランドピアノなんてないから 弾けるか? どうか?
鳥のようなもの
想い   イントロでとちって「できない!」( かわいいっ)
龍雲さんのピアノの伴奏で一緒に歌いました。

本当はハーモニカで間奏を入れるはずだったのに、ピアノ位置に持っていくのを忘れちゃった

今回、譜面(歌詞)をおかずに、歌いきりました。
やっぱり、歌詞を見てしまうと歌に想いが入らないのだそうです。

最後は   
祈りの歌
ここで、入り口で撮った写真がつぎつぎと映し出されていきました。 はぁ~~
スクリーンに見入ってしまい、龍雲さんを見るのを忘れてた~

本当のアンコールをしたくって、アンコールの拍手を続けましたが、みんなあきらめ早すぎ~!
あきらめというよりも、ないものと思ってませんか?
本当のアンコールは客席が熱望して、もう一度ステージに呼び出すもの。
予定のアンコールがまかり通ってるのが、本来おかしいこと。
ねぇ 本気のアンコール しようよ!
バラバラの拍手でも、みんなが続けていて、客席を離れなければ
呼び出せるんだよ!  それくらい熱い想いを龍雲さんに届けようよ!
あとで気がつけば、2時間半くらいのライブになっていたのですね!
あっという間でした。
あれも歌ってほしかった あれも~ と欲はつきませんが
まずは第一弾 ザ弾き語り 成功おめでとうございます。

終演後は、ロビーでサイン会
23曲熱唱の後のサイン会はさぞお疲れと思うけど、書いた色紙を配るのでなく
その場で直にしてもらったほうが、現実 売れると思うし・・・ 
龍雲さん おつかれさまでした。

武道館のはずが、ちょっと箱が小さくなってしまったけど絶対にあきらめないで!
絶対に武道館に行きましょうね!
坪さんが「僕を野音(日比谷野外音楽堂)へ連れてきてくれてありがとう」って
野音コンサートの時におっしゃっていたけど、龍雲さんを武道館へ連れて行けるように
がんばりましょう! もちろん龍雲さんが一番がんばらなくちゃならないけど。

それで思い出したMC
こうやって35年歌い続けてこられたのは、チケットを買って、CDを買ってくれる
お客さんのおかげ、レコード会社とか事務所じゃない ってはっきり
おっしゃいました。 本当にそうよね! 
歌がいいから 好きだから ってYoutubeで聞いてるだけじゃ龍雲さんは
歌い続けていくことはできないです。
現実問題、応援するってことは行き着くところ そこですよね?
Youtubeで聞いた人に、CDを買い、ライブに足を運ばせる力があるかどうか?は
龍雲さん自身の歌の力によるわけだけど・・・

セットリスト
吾亦恋さんにおねだりして、いただきました。
スタッフレポートにもきっと載せてくれると思うけど。
1.激流
2.桜桃忌
3.笹舟
4.つまさき坂
5.うりずんの頃
6.一握りの幸福
7.星月夜
8.同窓会
9.道標ない旅
10.心の雨
11.迷い蝉
12.待ちぼうけ
13.先人達の遺産
14.唾をかけろ
15.お遍路
16.母さんの歌
17.ルリカケス
18.暖簾
19.素面酒
20.今度生まれてくるとしたなら
21.鳥のようなもの
22.想い
23.祈りの歌




02:05  |  永井龍雲  |  コメント(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |