11月≪ 2011年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011.12.27 (Tue)

永井龍雲LIVE ~夕べのともしび~ at 江ノ島虎丸座

12月25日(日)  

まずはセットリストです。
明るいし、テーブルあるし、久々にメモってみました。

メリークリスマス
想い
おまえがいれば 
カトレア 
明日への革命(レボリューション)
引かれ者の唄
愛のグラデーション
最後の恋
つむじ風
先人たちの遺産
愛し川
暮色
冬の夜明け
蕭条の風
きよしこの夜 みんなと一緒に1番英語で 2番日本語で 
Happy New Years Song
アンコール
道標ない旅
暖簾


15時半開演 窓からの日差しが強くてまぶし~~!
壁はほとんどガラス張りで、目の前は海が広がり、遠くに(いや近いな・・)大きな富士山
素晴らしいロケーションです。

ライブがすすみ、しだいしだいに、夕陽となり 海に沈む瞬間に ジュっ って音をたててました (ないない)

明るい太陽が、夕陽となり、夕闇へと・・・  
ステージの龍雲さんはその景色が見えません。
バックステージはロールカーテンが引いてあったけど1枚開けてもらって
見えました!?

♪~ バックミラーに沈む夕陽 今年も少しで終わりだね~
     確か 夏も終わりだね を 替え歌にしたのね~

窓から見える夕陽と重なり、本当にすてきでした。

♪~ 夕陽が窓にさしこむように ゆっくりと ゆっくりと ゆっくりと結ばれたい~

きゃっ って感じ・・・・・ ぽっ  


暮色
 タイトルそのものです
♪~   茜色に染まる空に 一番星が光る

真っ赤な夕焼けを期待していたのですが・・・ すぐに闇に包まれました。
が、江ノ島に向けてライトアップされ、江ノ島のてっぺんはツリーのイルミネーション
きれいでした~

窓の外が暗くなると、ステージの照明が映えました。
小さな小さなミラーボールも回って、お花の形(?)したようなシルエットが
きらきらしてました。

写真を撮ることはできなかったので、虎丸座のHPで雰囲気だけでも!

MC あれこれ

☆SMAPの草くんとキムタクに、コーラスの相談を受け
  ドレミファソラシドと唄ってみて と指導した    夢をみた

☆もうひとつ、坪さんとベッドの上で練習した    夢をみた

☆今回はホテルがセットになったJALツアーで来たそうで
  「スターがツアーで」って・・・ 初めて泊まるホテルに滞在だそうです。

☆懐かしい小田急線(ロマンスカー)に乗ってきた
  30歳前後に住んでいた淵野辺の思い出 (から カトレアを歌いました。)

☆片瀬江ノ島 片瀬ってなんだろう? 片瀬と言えば りの 

☆あさってツアーで帰り、正月は家にいる
  (里には帰らないらしい・・・ )
  来年甥っ子の結婚式で帰る予定

メモるとメモってないことは思い出せない・・・・ また追記するかも~?

ここはしょぼいので、あちらさんやあちらさんのレポでお楽しみくださいね~
スタッフレポート が楽しみです。 どんな写真がアップになるかな~?
  






00:50  |  永井龍雲  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2011.12.25 (Sun)

江ノ島


今日は正面に見えるビルの7階でライブがあります。

風は冷たいけどいいお天気です。

サーファーが目の前を通り過ぎましたが
見ただけでさぶっ!

夕陽が見えるといいな~
12:21  |  永井龍雲  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2011.12.25 (Sun)

MIDNIGHT EXPRESS~天涯へ2011~

title_02_20111211030124.gif

初めて関東で聞くことができました。
でも、ラジコで!

番組中 流れた曲

00:02:42 SOMEONE LIKE YOU ADELE
00:14:37 HALF MOON IRON AND WINE
00:22:59 ON MY WAY HOME RUMER BUY
00:30:08 HAVE YOURSELF A MERRY LITTLE CHRISTMAS JAMES TAYLOR
00:43:39 A CASE OF YOU JAMES BLAKE
00:54:43 MORNING GLORY TIM BUCKLEY
01:09:59 瞳を閉じて YANOKAMI
01:17:26 WALKER'S BLUES 細野晴臣
01:29:39 I DON'T WANT TO PLAY IN YOUR YARD PEGGY LEE
01:33:08 幻とのつきあい方 坂本慎太郎
01:44:59 BOY NEXT DOOR LOU LESAGE
01:53:37 SHORTCIRCUIT 石橋英子
02:08:40 VIRUS BJORK
02:21:51 奇跡 くるり
02:36:02 わが美しき故郷よ~朗読~ 畠山美由紀
02:43:26 その町の名前は 畠山美由紀
02:55:44 INNOCENT WHEN YOU DREAM(BARROOM) TOM WAITS

02:32  |  沢木耕太郎  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.12.23 (Fri)

沢田研二 LIVE2011~2012 ゲスト:瞳みのる・森本太郎・岸部一徳 @ パシフィコ横浜国立大ホール

12月23日(祝 金)  

クリスマスの横浜は本当ににぎやかでした。
みなとみらい駅を降りて、上へ上へ  パシフィコ横浜をめざして歩いていくと 見えてきました。
moblog_c28e3263.jpg

会場入り口は海へ向ってすすみます。 見えてきました ぷかり桟橋

moblog_2d4a0144.jpg

海に沿って回り込むと、パシフィコ横浜 国立大ホールの入り口です。
大きい! 国際フォーラムも大きいけれど、ここも大きいな~~~!
私は初めての会場です。

ロビーにありました。 1月18日NHK SONGSに 出演が決まっています。

moblog_1e7d64d8.jpg

セットリストは同じだけれど、なんと 本物のアンコールがありました。

本編、予定のアンコールの後、 もう1曲?! のジュリーのジェスチャー
タローのライブでおまけがあるらしい との情報があったので、「あわて者のサンタ」
のアンコールを期待していたのですが・・・

ほぼアカペラのコーラスで ホワイトクリスマス でした。
もうそれはそれは豪華なクリスマスプレゼントでした。

それにしても 大きかった~~! 武道館とは違う大きさだわ ちゃんとしたホールで
この規模はすごいな~ 


00:12  |  THE TIGERS  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.12.18 (Sun)

沢田研二 LIVE2011~2012 ゲスト:瞳みのる・森本太郎・岸部一徳 @ 新潟県民会館

2011年12月17日
先週に続き、今週は新潟でタイガースです。

新潟県民会館 いい会場でした。 全然行く用事ないもんな~
30数年(?)前に一度だけジュリーで行ったことがありましたが、全く記憶にありませんでした。
客席は1列ずつ階段になっているので、立っても視界がさえぎられることなくよ~く見えました。 
今回のツアーでは一番いい席で、ドラムをたたくピーの顔も初めてちゃんと見えました。 
ちょうど目線と同じ位置にメンバーの顔がある感じ

音響もいいのかな? 後ろの手拍子や反応が反響して、盛り上がり度も上向き!

毎回同じセットリストなので、何が違うのか? とピックアップするのも難しいけれど
こちらの見え方で聞え方でコンサートというのは感じ方を左右されるものかもね~
という印象が強くなりました。

よく見えたので、ピーのドラミングとサリーのベースを
集中して見てました。

カッコいいわ~~~

サリーは役者にしておくのがもったいないな・・・・
役者とミュージシャン 両刀使いでもいいんじゃないの~?
もったいない!
今回サポートミュージシャンにベースはいないのでサリー一人が
しょってるわけですが、響く 響く ベースの音が!
あの動きも!  テレビでセリフ言ってる一徳さんしか知らない人には
ぜひあの姿を見せてあげたい!

そ! 来年1月18日にはNHK SONGS で やります 見られます!
1月24日の武道館コンサートもNHKでオンエアされるそうです。
せっかくテレビでやっても、一旦終わっちゃうから~~ さびし

さて、この日のステージをピックアップしてみると

♪ 坊や祈っておくれ のあと

「この歌はタイガースの後期の歌 高貴な光をはなっているのです」 (ちょと無理が・・)

拍手88888888

「拍手はいりません 甘やかさないでください」

ゲストメンバーを紹介して、本人が挨拶
「岸部一徳 昔は いい の いい の いい の~ 」とわけのわからないジュリーの紹介
この「いいの」 は 初代ジャニーズの 飯野おさみ さんをもじったらしい・・・

サリー「昔は修三(おさみ)  本名は 修三(しゅうぞう) なんです。 
     でも、アイドルっぽくきこえるように おさみ にしました 
     久しぶりにサリーに戻りました」

サリー! ←客席の サリー! という声

サリー「久しぶりに聞きました」(サリー!という声を)
    「楽しんでやってます」

タローの紹介  タイガースが終わった後は、アルファベッツを立ち上げたり
          スタッフもやったり、今 銀座のタクトというライブハウスで
          毎月ライブをやっていたり
          最近は音楽のみならずいろんなことをやってるそうですが
          高利貸しでしょ 。。。

タロー  「ないない!!」

           水とかサプリメントとか健康に関するいろんなこととか、健康おたく。
           一番長生きしますよ

ピーの紹介  ピー! ピー!とすごい盛り上がり

        解散後京都に帰って遊びほうけたんです
        その後、猛勉強をっしてなんと 慶応大学を受けたんです
        受けるだけなら誰でもできます なんと 入っちゃったんです。
        入っただけじゃありません なんと卒業しちゃったんです
        卒業して慶応高校の教師になって、定年を待たずしてしっかり
        退職金をもらって退職
        今は、日本と中国を行ったり来たり
        日本にも家があります 北京にも家がありあす 上海にも家があります

ピー  「ないない!!」

        中国語でごあいさつ  ジュリーのわけのわからない訳は同じ
        自分で訳して~~

ピーがボーカルのジャスティンのかけあい
ピー! と言ったら ピー!    ピー!と言ったらピー!
ピー! と言ったら 越の寒梅ではありません

今日の箒は短い柄のものでした。
今日のラジオで、会館の備品を使うと言っていたので
県民会館の箒は短いのね・・・

休憩後も盛り上がりました。
ジュリーが言おうとするのに、言葉が出てこないシーンがあり ちょと心配?
本人は「めまいが・・・」と言うけど どうしたのでしょう?

アンコール前のジュリーのMC
タイガースをやることはあきらめない
今回はかつみの名前は出てきませんでした。
みんなが気持ちよく出来る日がきたら・・・

沢田研二のゲスト という形でなくても、4人のユニットで
名乗る道もあったのではないか? と私は思います。
ゲスト それをよしとしたタロー サリー ピーに大人を感じます。

アンコールは、ピーは左手客席から上がってきました。
タローは鳥になって泳ぐように出てきました
サリーはスキップとは言えないスキップ?? で・・・

ピーが元気なんだけど、あんなに動いて大丈夫? と心配です。
細いし~~ なんだかんだいっても65歳ですし~
2回も倒れてますし・・・

それにしても かわいいです お茶目です やさしいです

ピーがどんな報告をしてくれるのか楽しみです。

帰りは、ジュリー以外同じ新幹線で帰ることができました。
一人途中下車の私は、ホームからお見送り~~
サリーとピーが気がついてくれて 手を振ってくれました~~ ぽっ
         
17:20  |  THE TIGERS  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.12.11 (Sun)

沢田研二 LIVE2011~2012 ゲスト:瞳みのる・森本太郎・岸部一徳 @ ベイシア文化ホール(前橋)

moblog_12797453.jpg          moblog_c71883cb.jpg

今回のツアー 38回分の3回目 すでにツアーは終盤戦に入っています。
ピーのサイトでは先々でのライブの様子、OFFの様子をピーが詳しく報告してくれています。

さて、このベイシアホール、もともと群馬県民会館の名称を期間限定でBeisiaがその名前をつける権利を買ったのだとか?
客席数2000人弱のところSOLD OUT で立見席も完売!
とにかくこのツアーはのきなみあっという間のSOLD OUTで宣伝の必要がなかったそうです。

前回、前々回とも後ろのほうの席でほとんど顔は見えませんでした。
この日は、5列目の右はじで、やっとステージの4人の顔がちゃんと見えました!
が、どこに座ってもピーの顔はシンバルに隠れて見えない~~

40年間、一応目に入ってその成長(? 老化?)を見てきたジュリーが一番変わり果てて(?)いて、渋さを増したサリーは頭が涼しそうだけど、そのベースを弾く姿は カッコイイ!!音もいい~~!
タローは客席に見知ったファンの人がいるのか? 客席を見ながらやさしそうな笑顔と視線を投げかけていました。
そして、40年間その姿をひと目として見ることができなかったピーが、40年の時を止めていたかのように、全然変わっていないのです。
スリムですばしこい動きもそのまんま! おちゃめなところの昔のまま
中国語でMCするところは、すごい成長!!!!
中国語で挨拶をとうながされ、中国語でご挨拶してくれるも わからない~~
ジュリーが当てにならない通訳をするのですが・・・ 本当にアテにならない。
通訳しなくても、ピーが 今こう言ったと説明してくれたらそれでいいんですけど~~
でも楽しい

20センチ四方くらいのステージでこちらもオールスタンディングの2時間(途中休憩15分)でした。
まだまだイケルな・・・・

今回は音がどうとか、歌がどうとか、いわゆるコンサート本来の 音楽を聞かせる 観せる は2の次でいいんですね
そこに4人がいて一緒にやっているということが夢だったんだから。

アンコール前にジュリー一人出てきて、今回のコンサートのいきさつなど話します。
今年は、タイガースをやるつもりだった  難しいのはピーの参加と思っていたら意外にもピーはすんなり決まったのに、かつみが「俺はおりる」
いつか近いうちに6人そろったタイガースでやることをあきらめてはいない  と。

(ライブから離れますが)
でもね~ 思うんですけど タイガースはいつも5人でした。 かつみがタイガースを捨ててシローが入るまでの数週間だけ4人でした。
だから、6人のタイガースは ありえない!でいいんじゃない?
 
でも、ピーのいないタイガースは絶対ありえない!
だからもう、一生タイガースはない と思っていた
かつみのいたタイガース  シローのいるタイガース しかないのだから、そして、解散したのはシローがいたタイガース  シローが車椅子でも何でもいいからステージの上に乗ったら それで 復活タイガースと大きな声で叫んでいいと思う。

どーしても「6人のタイガース」を望んでいるのはご本人たちなので、客席のひとりぐらいがそんなことつぶやいても、あまり意味ないんだけど・・・

セットリスト と コンサートの雰囲気が ↓ にありました。 (誰が作っているのだろう?)
それにしても、ステージの上 最年少ジュリーが63歳 ほか65歳 元気だ~~!


22:56  |  THE TIGERS  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2011.12.11 (Sun)

MIDNIGHT EXPRESS 天涯へ2011  沢木耕太郎

title_02_20111211030124.gif

今年もクリスマスの夜  沢木さんの声を聴くことができます。

MIDNIFHT EXPRESS 天涯へ 2011  
12月24日 24:00~  J-WAVE

24日まで、沢木さんのメッセージも配信されます。
楽しみだ~
03:11  |  沢木耕太郎  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.12.07 (Wed)

アフタヌーンパラダイス ゲスト永井龍雲

今日は、アフタヌーンパラダイスにゲスト出演されるということで!

FM世田谷 HPから  聞けるかな~~?!

お昼上がりにパソコンを立ち上げ、FM世田谷を開く おお 聴こえた!
録音しっぱなしにして、午後の仕事にでかけました。

果たして?! 録れてるかな?  ドキドキ
帰宅~~ 5時間 録音しっぱなしだったけど、 録れてた~~!

嬉しいですね! ラジオは聞けないけれどHPからインターネット配信してくれるので
パソコン環境があれば誰でも聞ける!!

16時 小室さんの 唐突なNAHAマラソンの話から、龍雲さんを紹介
今日のテーマは「鹿児島県」 というわけで奄美のお話から
 ルリカケス (30年紀行)

メール紹介  「青島太平洋マラソン 龍雲さんが走るのが楽しみです」

マラソンのこと  NAMAマラソンのこと 及川恒平さん おけいさんも走った

小室さん「いろんな人に聞かれて辟易しているだろうけど なんで沖縄に
       住むようになったんですか?」
龍雲さん  いつもの答え

沖縄の海のこと(小室さんがもぐった時の思い出)

          龍雲さんがもぐった時のこと
           「レスキューまでとったけど、耳がおかしくなったので今はもぐってない」

続自力本願について
小室さん 「これはどういうアルバム?」
龍雲さん  いつもの答え

どういう人に曲を提供しているのか ? 小室さん 読み上げる
うりずんの頃が 好き ちょっとかけて と小室さんのリクで 

 うりずんの頃   ちょっとだけ

東京のコンサート予定  5月3日 大和田伝承ホール 35周年記念ライブ

小室さん  「人のために曲を書くのは自分に書くのと違う?」
龍雲さん  いつもの答え  

小室さん  「人に書いたものを自分で歌うのはどう?」
龍雲さん  「歌っている人の歌い方を参考にして取り入れたりして歌うこともある。」

 雑草


23:04  |  永井龍雲  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2011.12.02 (Fri)

永井龍雲 2012年希望の旅

ピクニック HP


でも 埋めちゃえ! 公式だからいいですよね? 宣伝だし・・・・

00:14  |  永井龍雲  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |