06月≪ 2010年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010.07.26 (Mon)

栄冠は君に輝く / 全国高校野球選手権大会 大会歌

高校野球の地方大会も、そろそろ終盤になって出場校も決まってきました。

今年、初めてその開会式に行ってきました。
地方だけど、プロ野球も開催される出来たばかりのきれいなスタジアム。
県内の93校の入場行進から始まりました。
全校が入場し、整列するまで40分間、某高校のブランスバンド部の生演奏を
聴くことができました。
やっぱり生の音楽っていいよね!

開会の言葉・・ 副県知事  市長 ・・・・
式次第が済むと、選手は全員まわれ右!
電光掲示板に、大会の歌「栄冠は君に輝く」の歌詞が映し出され
スタジアム全員が合唱です。

今まで、なにげなく聴いたことがある歌、テレビで流れていたなぁ
程度の認識でした。
息子が野球をやっていても、甲子園大会は遠い世界のこと、テレビの世界の
ことで実はそれほどに興味はなかったし、高校生になってからも、夏の大会が
直接甲子園につながっているとわかっていても、もう一歩遠かったのでした。

それが、いよいよ3年生になって、この大会で負けたらその瞬間が引退の時。
今年は、熱くなりました。
ちゃんと見届けておきたい!

初めてその歌詞を見ながら、歌いました。
なぜかそのメロディは、しっかり身についていました。

この歌が耳から離れなくなって、ネットで検索したら
毎年、その年のアーチストがこの歌を歌っていて、大会開催中の
朝日新聞のテレビCMに流れたり、試合の際にも球場に流れていることが
わかりました。
なので、知らず知らずのうちにインプットされていたのですね~
きっと高校野球ファンなら常識のことだったでしょうに
高校球児を持ちながら・・・・お恥ずかしい・・

色々な方が歌う中で、夏川りみさんの突き抜けるようなボーカルが
心地よくて、何度も何度も聴いてしまいました。




今年は平原綾香さんの歌だそうです。
そういえば、試合途中のグランド整備中に球場に歌声が流れていました。
朝日新聞の携帯サイトから無料でダウンロードできますのでよかったらどうぞ。

残念ながら、息子の夏は県大会準々決勝で終わってしまいました。
少年野球から10年、高校野球は2年半、土日も、夏休みなし 雪が降ってても、練習 練習の
毎日でした。 よくがんばったね!! 
明日からは、受験一本の受験生にチェンジだよ!
00:18  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.07.07 (Wed)

「自力本願」 永井龍雲 本日発売!!

自力本願自力本願
(2010/07/07)
永井龍雲

商品詳細を見る

ジャケット写真を載せられるので、↑ はAmazon 

発売記念イベントを開催してくださるのは 山野楽器

もちろん公式サイトにも記載されています。

私が手にするのは、8日かな? 9日になるかな?
一番楽しみにしているのは「しあわせの誕生日」です。
全般を通して、演歌になってないと いいな~~(個人的希望)


曲目リスト
1. 君(島倉千代子 作詞:星野哲郎/作曲:永井龍雲)
2. 春告げ鳥(山崎ともみ 作詞・作曲:永井龍雲)
3. 女の酒場(五木ひろし 作詞・作曲:永井龍雲)
4. 一夜花(キム・ランヒ 作詞・作曲:永井龍雲)
5. しあわせの誕生日(島倉千代子 作詞:島倉千代子/作曲:永井龍雲)
6. 愛し川(山崎ともみ 作詞・作曲:永井龍雲)
7. 魂の恋人~ソール・メイト~(キム・ランヒ 作詞・作曲:永井龍雲)
8. 達磨(日高正人 作詞・作曲:永井龍雲)
9. 夏の蝶(大石円 作詞・作曲:永井龍雲)
10. うらら(中澤裕子 作詞・作曲:永井龍雲)
11. 暖簾(五木ひろし 作詞・作曲:永井龍雲)
00:00  |  永井龍雲  |  コメント(14)  |  EDIT  |  Top↑
2010.07.03 (Sat)

BOXさんのブログ

無断リンク  いいかな? いいかな?

去年、高田ライブの主催されたBOXさんのブログです。

この日のタイトルは  「桜桃忌 太宰文学と音楽

その次のタイトルは  「太宰文学と音楽~森田童子~」
23:47  |  その他  |  コメント(9)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |