08月≪ 2009年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2009.09.30 (Wed)

風の盆恋歌/高橋治

風の盆恋歌 (新潮文庫)

「この歳で読むとハマるよ」 そう龍雲さんが言うので
八尾の風の盆をチラと見てきたので

やはり気になって、読んでみたくなりました。

ストーリーは こちらに詳しくあります。

学生時代に、想いを寄せ合っていながら、別々の人と結婚した二人が、50を前にして再会。
不倫の世界に入っていく・・・・

どのあたりにハマったのかなぁ? と想像をめぐらせてみるけれど・・・
ストーリー的にはありそうでなさそうな 夢 幻  

多分、ストーリーはどうでもいいのだと思う。
描きたかったのは、風の盆の幻想的な光景だったのでしょう?
これを読んでいると、龍雲さんではないけれど、夜の流し この世のものとは思えぬ光景を見てみたくなります。

実際に、今年の風の盆にほんのちょっとだけ行ったのだけど、観光客がいてにぎやかな時間(バスが戻る10時頃まで)と、地元の方だけの最高潮になる「夜の流し」の時間(1時以降)の狭間11時~0時頃だったので、ちょうど休憩のような時間帯。
残念ながら、幻想的な流しを見ることができませんでした。

こんなこと書いたら、小説がぶち壊しになってしまうと思いながら・・・ 本音の感想

このストーリーだとやはり50近くなっても、美男美女でないと生きてこない?
30年ぶりに会った昔想いを寄せていた人が・・・ 当時の見る影もなく・・・だとしてもやはり恋心は燃えるものなのだろうかぁ? とか・・・つい思ってしまう

それにしても、男って 何も言わない ものなのだな~ ずるいよね。

せっかく1年に3日しか会えない二人だけの時間なのに、おせっかいを焼いて人の娘さんの手助けをしたり、別行動をとったりとちょと理解に苦しむし

最後は、再生不良貧血で倒れるというのも なんかな~~

ちょっと短絡的なストーリーでハマることはなかったものの、最高潮の「風の盆」は是非見てみたいと読みながら思いました。
今度は、八尾の町をゆっくりと歩いてもみたいものです。

龍雲さんが作った「おわら心中 風の盆」 なかなかだと思いました。

なんともまとまりのない感想文で(感想文とは言えないな) お恥ずかしい・・・

本と言えば、最近は沢木さんのルポルタージュでさえ満足に読んでいないので小説を読むなんてのも何年ぶり!  のことでした。






22:00  |   |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.09.04 (Fri)

歌花火 2009プラス  池上本門寺 朗峰会館/永井龍雲

永井龍雲 歌花火 2009プラス  @ 池上本門寺  朗峰会館

東京に長く住んでいたのに、池上で降りるのも初めて!
池上にこんなに大きなお寺があるのも知りませんでした。
駅から本門寺通りを歩いていくと、目もくらみそうな階段!
ぐるんと坂道に回避、でも登り坂。迷って迷ってやっとライブ会場の朗峰会館に到着。

ガラス越しに中を見たら、いきなりライブ会場になってました。
会館のロビーに椅子を並べたという感じ?
バックステージはガラス越しに庭園がライトアップされた借景で、とてもいい感じです。
                IMGP0842.jpg


開演
龍雲さんは客席後方から登場。
開口一番
「牛のよだれのような拍手……」
ありがとうと言ったか?やめてくれませんか?と言ったか?忘れてしまいました。

最後の恋

人の四季

歌い始めてまもなく、マイクの音が切れてしまいました。
「このまま行こうか?」
とマイクがオフになったまま
歌い続けてくれたので
内心、やったぁ!  生声、生ギターが聞けてラッキーでした。
曲の終わり頃には復旧してしまいましたが……

初めての会場、池上本門寺について
龍雲さんは日蓮宗だ、親鸞だ、空海だといろいろ話されてました???
昔、山口のお寺でライブした時に、楽屋が納骨堂で怖かったとか……

早々と歌花火の歌
振り付けもあるけど説明するのもかったるいので、とすぐに始まりました。
「たまや~」のタイミングがイマイチ難しいのですけど~

歌花火

まだ醒めぬ残像

イントロが流れてきて、おお!懐かしい!と思ったのに、私アルツでタイトルが出てこない
歌い始めて、やっとタイトルを思い出し、ほっ なつかし~っ

(♪居留守を使った罪の重さに震えています  という歌詞があります)
「居留守に罪の意識ってありませんか?」
「家の電話にかかってくるのは、勧誘ばかりなので出ないけど、最近はそれもなくなった。」

バラ色の微笑み
これもちょっと懐かしい

この国の行方

富山八尾の「おわら風の盆」のこと
盆傘を買って来たと見せてくれました。
「欲しい人? ○千円で買う人? じゃ2000円  1000円・・」
勝手にオークションが始まりましたが・・・
800円! 原価割れ  「あげる」と一例目の男性にあげていました。 いいな。。

風の盆ライブのために作ったという
おわら心中 風の盆

ギターをゴダンに持ち替えて

当世酒場歌

今日この頃

引かれ者の歌

今度、久しぶりに四国でライブがある
お遍路

捨て猫

砂漠の道

ルリカケス
途中でハーモニカがつまったと・・・ PU-PUーPUー 台無しだけど
こういうのがあってもいっか?? 
やる前にチェックしなくっちゃぁ・・・・

会場がお寺なのでスピリチュアルな歌を

鳥のようなもの

アンコール
「今日はしるべはもういいよね? 聞きたい人?」
し~~ん
想い

「長島さんもいいけど王もいい(おーもいい)」と紹介してましたが……
わかった時には、曲が始まっていた・・・ 

祈りの詩

なんと!高速バスの車中にて、メモを片手に携帯から打ってみました。
帰宅してから、パソコンで化粧直しました。


最後の恋
人の四季
歌花火
まだ醒めぬ残像
バラ色の微笑み
この国の行方
おわら心中 風の盆
当世酒場歌
今日この頃
引かれ者の歌
お遍路
捨て猫
砂漠の道
ルリカケス
鳥のようなもの
アンコール
想い   
祈りの詩
01:16  |  永井龍雲  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.09.02 (Wed)

おわら風の盆 Special Live /永井龍雲

高岡でお友達の車に拾っていただき、孫子(そのこ  =スノコのイントネーションで読んでください)を目指して山の中へ 入る 入る 登る  と・・・
孫子の案内板に龍雲さんのライブポスターが!
そのこ1      

「こっち こっち~~」

さらに 登る 登る・・・・ と 見えてきました!

こんな山の中に、ステキなギャラリーがありました。
山の中だけど、高岡まで車で20分ほど、おわら風の盆の八尾へも車で30分ほどで、便はいいのだそうです。
 そのこ2


            そのこ3

開場までの時間、中のギャラリーを拝見させていただきました。そのこ7

開場  ライブ会場は2階のギャラリーです。
客席はLの字型 こちらからは右側が見えませんが・・・
龍雲さんから客席を見ると右と左に広がっている感じ?
座蒲団が敷いてあり、座って見るには足が辛い・・・ と思いいちば~~ん後ろにおいてあった椅子にちゃっかり腰掛けさせていただきました。

そのこ4      そのこ5
                      
                           ライブが終わってからステージの写真を
                          撮らせていただきました。 
                           風情あるでしょ?


さて、ライブ開始 電球の灯りがあったかいです。

龍雲さん、 どこから出てきたと思います?
てっきり階段を昇ってくるのかと思っていたら・・・・
ステージ右下の四角いの  そこの引き戸が開いて、まるでどろぼうさんが出てくるような姿で龍雲さん登場!
いきなり笑えました^^

人の四季

おわら風の盆 見たさに企画したというこのライブ
早く行きたくて仕方ない様子で・・・
「それじゃ最後の曲です  早くおわらないと! 」  おやぢ~~

サイドテーブルにカメラが!
子供たちを撮ろうと思って買ったという一眼レフのデジカメ
撮る練習と言って、立ち上がり客席をパチリ パチリ
「撮ってもすぐ消せる」 

ラフにやりましょうということで、リクエスト募集 いろいろ出ましたが
リクエストに出なかった

想い

西田敏行さんが歌ってくれた
今度生まれてくるとしたなら

なぜか?急に思い立って昔作ったオスカーワイルドの小説をテーマにした
ワイルドを読んで

出だしを思い出しながら・・・・ 
でもさすが!です。 けっこう覚えています 
かれこれ20年近く前の歌じゃなかったでしょか?
CDにもなっていないし・・・

つまさき坂
つまさき坂の彼女の話・・・・ 
女は男で変わる・・・ のりピーの番組でたことがあった
安いTシャツを着てても 高そう  ( おやぢ~~)

《風の盆》の話  石川さゆりさんの歌  高橋治さんの小説のこと
「この歳であの小説を読むと はまるよ」
「《風の盆》の歌を作ってきました。」

おわら心中 風の盆

最後の恋  なかなかの流れです

この国の行方 
友と語れば


MCのはしばしで、「早くおわらないと」

風の歌を
ヴィオロンの風

夏の蝶
ルリカケス

島のブルース ちょっとだけ
三沢あけみさんの曲を書いた
海人の恋 ほんのさわりだけ

道標ない旅
アンコール

もう一度「おわら心中 風の盆」を歌う と言ったんだけど
話しているうちに、歌ったことになっちゃったみたいで・・・・ 歌わないまま

暖簾

今日の暖簾は ハーモニカ入りで演歌バージョンじゃなかった!!
イントロも演歌じゃなくって うれしかったです。

祈りの詩

ライブが終わって、お祭りに繰り出したことでしょう?
私たちも行ってみました。
時間が遅かったので、流しは終わってしまっていたけれど、町内で踊りたい人は踊っているとか?

一般の人もかなり踊っていたので、傘で顔を隠した女性の姿はあまりなく・・・
イメージしていた幻想的な風景とはちょっと違っていたけど流れているのは、生歌 生演奏でした。

龍雲さんもリラックスしていて、場所も趣があって、無理して行ってよかったです。
誘ってくださったお友達に感謝 です。 ありがとう



そのこ6

人の四季
想い
今度生まれてくるとしたなら
ワイルドを読んで
つまさき坂
おわら心中 風の盆
最後の恋
この国の行方
友と語れば
ヴィオロンの風
夏の蝶
ルリカケス
島のブルース ちょっとだけ
海人の恋
道標ない旅
アンコール
暖簾
祈りの詩
06:08  |  永井龍雲  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |