01月≪ 2009年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728
2009.02.28 (Sat)

帰らぬ河のほとりで/細坪君と三浦君

細坪君と三浦君 アルバム「50’s cafe」より

       アルバムの紹介は↑をクリックしてくださいませ~

何年か前、三浦さんファンの方が開いていたチャット部屋のエンディングソングでした。
部屋じたいは、いろんな邦楽、それもかなりマニアックなのがかかっていて
その中で、ぽつん ぽつん とさりげなく雅夢の曲がかかります。
で、リクエストするとかなり喜ぶ!!
そんな部屋のラストはいつも雅夢の「帰らぬ河のほとりで」がかかるのでした。

そんな曲が、三浦さんと坪さんのデュオで甦りました。
坪さんのボーカルが 合ってるんですぅ
いい~~ 

不思議なんですよね~?
坪さんと三浦さん それぞれ聞くと全然違う声なのに
二人で歌うと どっちかわからなくなる??
まだまだ修行が足りません^^

試聴できます。

01:29  |  フォーク系  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.02.11 (Wed)

思い出は風の中に/細坪基佳

昨年12月に出た、細坪基佳さんのニューアルバムです。
先週、「歌鬼2」 細坪君と三浦君の「50’sCAFE]と一緒に届きました。(遅い)

坪さんの世界が広がりました~♪

なんと!公式HPでCD音質で試聴できます。

まだ聴きこんではいないので、第一印象で・・・

いいな~~ と思ったのが「雲のわだち」と「今からひとり」
「人生のかほり」 これは天野さんのことを歌ったのかな?
想いがとっても伝わってきた気がします。

「宵の口」  ♪よいしょ の 合いの手(?)がなんともいい感じで
ついつい 一緒に ♪よいしょ と歌ってしまいます。

また聞いていくうちに印象が変わっていくかもしれないけど・・・・

「50’S CAFE」ももっと聴きたいのだけど~


01:21  |  フォーク系  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.02.05 (Thu)

雨の慕情/永井龍雲(歌鬼2)

歌鬼2~阿久悠vs.フォーク~
歌鬼2~阿久悠vs.フォーク~
Amazonで詳しく見る


今日届きました。 阿久悠トリビュート「歌鬼2」
すでに、聴いた方は「龍雲さんの雨の慕情でした」と感想を書かれていましたので、楽しみにしていました。
発売を知った時には、トリビュートと演歌にちょと抵抗があったのですが・・・

イントロを聴いて おお! これは坪さんの世界では? 
都留さんのバイオリンとアレンジがまさに! 坪さんの「夜想曲」というアルバムの雰囲気♪

でも、龍雲さんの声が流れてきました。
八代亜紀さんの「雨の慕情」とは全然違い、いい意味、裏切られました。
ライブで弾き語りでは、歌わないかもしれないですね たぶん・・・・
このアレンジだから いいのだと思いました。
弾き語りしたら、演歌になっちゃうかも?  どうだろ? 

この1曲のために購入したわけですが・・・・けっこう面白いかも? です。
この1曲がなければ買うこともなかったわけですが・・・

ほかに興味あったのが、元優歌団の木村充輝さんが「嫁に来ないか」をどんな風に歌うのか?
見事 木村さんの「嫁に来ないか」でした!!
まだ全部聴いていないけど、VSフォーク が生きたアルバムになっているような気がします。

プロデューサーは元三輪車のメンバーの方だそうです。

まだ試聴サイトがないのが残念(>_<)
17:33  |  永井龍雲  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.02.01 (Sun)

祈りの詩/永井龍雲

祈りの詩 ジャケット2008年12月21日発売




このアルバムのことを、まだ書いていませんでした。

もうひと月以上たってしまいましたが・・・
イントロで何の曲かわかるくらいには聴いたかな?


1.最後の恋
   最初に聞いたとき、「え? 龍雲さん 恋してるの?」とドキっとしました。
   実際のところ どうなんでしょか? 
   MCでは、50になってもしもこれから恋をしたら こんな感じか?
   とおっしゃっていましたけど・・・

2.この国の行方
   ライブで聴いていたあの迫力って、レコーディングすると
   きれいに仕上がってしまって あれ? って感じです。
   ん~~ ライブ録音を入れてもOKなんじゃ?
   ちょっともったいない気がします。
   なので、ライブに足を運びましょう!

3.明日にも死ぬとわかっていたら
   「15のあいつ」を聞いた時のような印象。
   実際に、明日にも死ぬとわかっていたらこんなに明るいメロディで
   歌うことはできないでしょうけど、そんなテーマを
   今だから こんな風に歌えるのかな?
   このアルバムでは好きで、頭の中もグルグルとこの歌がまわっていました。

   「哀咽」 私 好きじゃないのですが・・・
   ♪もしもいい人できたら かまわず一緒になって・・ なんて
   そんな風に思うだろうか? と疑問だったのですね
   
   龍雲さんも自分のこととなったら、
   ♪ほかの人と幸せになっては辛い って歌ってる そうだよねぇ?
   
   先日、ライブで初めて聴いた弾き語りは とってもフォークで嬉しかったです。

4.鎌倉エレジー
    鎌倉ライブ限定で歌っていた曲です。
    思い切り 演歌っぽくて ん~~ だったのですがアレンジのおかげでちょとイメージが変わったかな?
    でも、やっぱり歌詞が演歌っぽ? 和風というべきか・・・

5.カウチ
     途中のラップ(?) 語りなの? あの部分がなければ・・・・

6.れんげ草の詩
     ♪目をとじてだけ咲く れんげ草~
     目をとじると、一面のれんげ畑が見えるようです。
     龍雲さんのイメージの中にはおかあさんがいるのかな?

7.退廃のワルツ
     ノーコメント  もっといい曲がいっぱいあるのに~

8.酔いどれ
     これも、ライブで聴いた印象とはだいぶ違って落ち着いた歌になっていました。
     龍雲さんの生き様 そのままだよな~ 
     アルバムには入れてほしくないなぁ と思っていたけど
     残しておきたかったのかな?

9.蕭条の風
     一番 好きかも? 蕭条という字が書けるようになりました。
     めげた時に聴いていたら 涙 涙・・・でした。
     ♪どう 夢みてすごさん 今日という日を~
     
     ♪幸福をと願わん 命ひきかえ   のところ 
     龍雲さんがお嬢さんたちを思う気持ちに むねがつまりそうになります
     龍雲節 です。
     

10.anonymous song~11.祈りの詩
     お嬢さんたちの歌声 から祈りの詩   大好きです。
     シンプルすぎかな~ と思ったけど そこがいいんだな~と
     思うようになりました。


かなり辛口な感想だったかな?
絶賛すべきだろうか? とちょと迷いますが・・・
聴いてない方には、ぜひ聴いてもらいたいアルバムです。
通販もしておりますので  山野楽器 へ どうぞ~

01:27  |  永井龍雲  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |