11月≪ 2008年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008.12.23 (Tue)

祈りの詩at草月ホール/永井龍雲

最近は龍雲ファンの方のネット人口も増えて、ライブが終わった夜にははやばやと詳細のレポートをアップしてくださるので、先に読んでしまうと、自分では書けなくなってしまいました。
うだうだしているうちに、公式HPでもレポと曲名を載せてくださってますし・・
下書きばかりでちっともすすまないから、もう書かなくてもいいかなぁ と思いつつ・・・

今回は前日から実家に泊まったので、草月ホールまで一時間もかからずに着けます。
早めに行って、開場までの時間をお喋りすることも、ライブに行く楽しみです。
龍雲ファンは一人で来て、一人で帰る。
それが、いつしか同じ想いを抱くお友達と巡り会えて、それも龍雲さんがくれたかけがえのないものだと感謝感謝。

お店に腰を下ろし、ケーキセットなどオーダーして、明治座のホームページを携帯からのぞきながら、あーだこーだと話なんかして。
開場時間ちかくなると、窓の外を顔見知りの龍雲ファンのみなさんが通り過ぎて行きいよいよだな~~という気分。
こちらもお店を出て草月ホールに向かいました。

写真を撮ってこなかったのですが、会館の正面はエントランスホールそのものがいけばなのオブジェのようになっていて、他のホールとはひとあじ違います。
入り口を入ると、左側に五木ひろしさんと、ユニバーサルミュージックさんからのお花が飾られていました。

今日発売のニューアルバムを買う列が長くできていました。

CDとともに「リューピー人形」が並べられていて限定品だそう。
1500円にびっくりしながらも、買ってしまいましたが。。。。 どこに飾ればいい?

ホールの中に入るとクリスマスソングのオルゴールが流れていて、ステージの上にはツリーとサンタさん
そして、バックの楽器がスタンバイしていていつもと違って豪華


龍雲さん一人で登場
1曲目にいきなりメリークリスマスでびっくり!
2曲目では、この季節のラストソングの定番 Happy New Year's Song
もうライブが終わってしまいそうな選曲

ご挨拶の後、はやばやと ガンバロー三唱から道標ない旅

そしてメンバー登場
ニューアルバムの全曲をこれからやってくださいます。

バンドの音はいいですね。
バンドといってもそのバンドで個性のある音があるし、ユニットの場合もあるし
その日限りのセッションもあるから、今回の場合は
いつもの龍雲さんソロに対して、ギター ドラムス、ベース キーボードの編成の
バックの音 という意味で・・・
CDと同じ音で聞けるのはそうそうないことなのでうれしい

ただ、龍雲さんのボーカルはやはりCDよりも絶対に生がいい!
あ、これはまたの機会に書きます 覚えていれば・・・

この日、いちば~~ん印象に残ったのが「明日にも死ぬとわかっていたら
全くの初聴きでしたが、スンナリ入ってきました。
明るい曲調だけど、明日死ぬとわかってたらどうするか? っていう
内容的には一見重そうなテーマ 
部屋をぐるぐる回って考える  って まるで「僕の休日」みたいだな~~
考えあぐねて日がくれたら 明日死んじゃうぞ~~ って突っ込みながら
聴いてました。。。
どこか「15のあいつ」にも似てますよね?
テーマが暗そうなわりに明るくテンポよく歌ってる 
そんなところが気にいりました。
家に帰ってからも、CDでこの曲ばかり1リピートでグルグル聞いてます。

鎌倉エレジーが思ったほど演歌にならなくてよかった♪

「蕭条の風」はあったかい感じになりました。

お嬢さんたちの歌声から続く「祈りの詩」 よかったです!

アンコールでは富澤一誠さん 作詞の「夢は眠っていないか」
バンドでやったせいかロックしてました♪
龍雲さんは立ってギターを弾きながら歌いました。

ヘアスタイルが短くなって、前髪が降りてて とっても若々しくなりました。
後ろを隠すよりも、前髪下ろしているほうがずっとカバーできるのになぁ



12:32  |  永井龍雲  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12.19 (Fri)

「MIDNIGHT EXPRESS 天涯へ 2008/沢木耕太郎

毎年、クリスマスイブの深夜、J-WAVEで沢木耕太郎さんが番組を持っておられます。

MIDNIGHT EXPRESS 天涯へ

J-WAVEが聞けないこともあり、昨年初めてそんな番組があることを知りました。
息子のアパートにタイマーセットして、聴くことが出来たのですが・・・
今年もその番組があるそうです。
そして、HPも始動!
今日19日から、放送の日まで、沢木さんの天涯通信(日記)が始まりました。

今年は、聞けるかしら?
友人に頼んでおかなくちゃ
出来ることなら、生で聞いてみたいなぁ

この放送を聴くために、東京にホテルをとって聞きにくる方もいるそうです。

09:42  |  沢木耕太郎  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12.04 (Thu)

人間60年 ジュリー祭り at 東京ドーム

16759486_334880026.jpg

もう一週間たってしまいましたが、12月3日は東京ドームで、ジュリー祭りがありました。
私としては、4年ぶりのジュリーでした。
行きたい 見たい そんな気持が沸かなくなってから、ずっと行ってませんでした。
でも、今回はやっぱり行っておかなくてはいけない そんな義務みたいなものを感じたのと、昔からのジュリ友からも、来るように! とのお達しで^^

今、さめてしまったと言っても、私の青春そのものだったし、学校や会社で友達づきあいしない分、ジュリーファンの友達が今も大切な友達。
あの頃は本当に楽しかった♪
私が行かなくなって、会うことも少なくなってしまったけど、そんな友達とも久しぶりに会うことができました。

さて、東京ドームに着いて23番ゲートを入りスタンド席に入るとステージが広がっていました。16759486_3848925268.jpg

整然と並べられた椅子を見下ろしながら、アリーナへと降りていきました。

空間ありすぎ~~ 列と列の間の余裕のあること~~ 
などと突っ込みを入れながら席につきました。
普段の倍はあるかな? この余裕!  スタンドも空席が多いのだけどそれでも32000人と言う数字はすごいです。
本当にやっちゃったのね~~~ 
ご本人自ら、チケットが売れなければ中止も考えていたとのこと。

ここ数年のジュリーのやり方には、憤り、不満を抱えてる私としては、お祭りだからね!
楽しもうか とかなりラフな気分で会場にやってきてました。
普通ならワクワク ドキドキなんだろうと思われるところなのでしょうけど・・・

でも、いつでも脱げるようにと、一番下に半そでTシャツを着てきたところなどは、しっかりその気でいるのも間違いない! (笑) お祭りですし~~

15時キッカリに暗転  ドームの天井は陽の明かりで白く薄明かりの中に演奏が始まりそしてジュリー登場!

ここらの衣装は、記事をどうぞ見てください。

のっけから そのキスがほしい で飛ばす!
6時間スタンディングは覚悟して、運動靴で来たけどネ!
立つと埋もれて見えない・・・・ 結局スクリーンの大写しを見てしまう。

、今回のコンサートの曲名が載ってるてぬぐい
   ↓  
4.jpg3.jpg  6.jpg5.jpg

私たちってけっこうシビアです。
なかなか誉めない(笑)
なんでこうけなすかな?? ってくらいに。

これで、声 もつのかな? もうかすれてるし・・・
って言ってみてたけど、あっちでもこっちでも
声は昔のまま なんて記事やブログや評論を見ると  ・・・・・・・・
昔はもっと艶があって伸びてたぞ~~

体型は人のこと言えないけど、でもやっぱりプロだしね・・・
よくしぼったな~~と思いましたが・・・

選曲は、一般向け かな?
ジュリーマニアはもっと別な曲を聴きたかったけど・・・・
これは仕方ないかな?
でも、やっぱり真っ盛りの頃のヒット曲は一緒に踊れるから 楽しい♪
(最近、動いてないしな~)

曲順は追わず、思い出すまま 思いつくまま・・・

風は知らない  よかった~~~!
まさか聞けるなんて思ってませんでしたもの。
世間的にはあまりヒットした曲ではないけれど、フォークタッチのやさいい曲です。

あなたに今夜はワインをふりかけの大合唱は、気持よかった~~!
女性は裏声で歌えとの指示がありましたが、なにしろキーが合わないので難しかったけど、大きな声で歌いました。
両スタンドに大合唱団がいて、厚みが増しました。
あの合唱団の方たちは学生さんかな?
ジュリーのこと知ってるのかな?

いくつかの場面 
河島英五さんの作品ですた、私たちはずっとそれがジュリーに書き下ろしたものと疑いもしませんでした。
このレコーディングの時、ジュリーは泣いてしまい、てっきりボツになったと思っていたらそれがレコードになったという逸話があります。
つい最近になって知ったのですが、あのエピソードは河島英五さん自身のものだったとか?
ちょっとショックでした。
でも、ドームのジュリーはこの曲でまた、声をつまらせてしまいました。
こみ上げるものがあったのかな?

ある青春も思わぬ選曲であの頃にタイムスリップ

私がこみ上げたのはウィンクでさよならでした。
何でこの曲で?! と思うでしょうけど、歌い始めたらだんだんと思い出が蘇ってきました。
最初の事件の謹慎期間が終わって最初のステージが北上で、上野から夜行でに乗って早朝に北上に着きました。
ちょうどその時のシングル曲が「ウィンクでさよなら」だったんですね~
びっくりするカーリーヘアにしてて・・・  
なんだかそんな景色がよみがえってきてなつかしさでいっぱいになりました。

それをきっかけに、歌う曲との想い出が少しずつ思い出されました。

自由に歩いて愛して PYGのステージがうかびます。

勝手にしやがれで壁塗りをすれば、歌謡大賞の授賞式の客席に立っているような気分♪

最近の曲は、CDを買っていても聴いていなかったりでトンとわからない(笑)

勝手なもので、自分の生き様を歌うフォークが いい と思っているくせして、(現在は)自分の生き様を歌詞にしているジュリーの詞はどうしても受け入れられないのです。
「タイガースは夢だった」とMCで言っていたけど、ジュリーは夢でいてほしい。
奥さんとの愛情物語なんて聞きたくないのです。

というわけで、知らない曲の時は痛い足を休めるために、ちょと休憩。

1部3時間 ほんのわずかな休憩をはさんで、2部3時間
でも、長いとは全然感じませんでした。

大丈夫だろうか?と心配した声が、最後に近づくにつれて出てきたのにはびっくりで、その声が出るならあと2時間 伸びる声で聞きたかったかも?
ラスト曲をあえてドラマチックに〆なかったのもジュリーらしいかもね?

やらなかったけどこの日だからこそ聞きたかった曲もたくさん
熱いまなざし  アイビリーブインミュージック は入れてほしかったな~


祭りのあと
16759486_2163520914.jpg
19:33  |  Julie  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |