06月≪ 2008年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008.07.28 (Mon)

銀河のロマンス/永井龍雲

うふふ・・・・ ぐふふ・・・・・

昨夜、龍雲さんのメルマガ発足ライブがありました。
そのレポは別のところに書かなくちゃいけないとして・・・・

1部のトークタイムの時に、話しの流れでカラオケの話題になりまして
どうしても歌わないと・・・となった時には、自分の歌はまず歌わないけど
2~3曲歌ううちの一番好きな歌がタイガースの「銀河のロマンス」だそうで
「歌ってあげようか?」とギターで銀河のロマンスを弾き語ってくれました。

おりしも、ここでお二人の話題に触れていたので私個人としては
あまりにタイムリーで一人で盛り上がってました。

小学校6年生の時に、行橋の映画館でタイガースの「世界はボクらを待っている」を
6回見たそうです。
私もあの映画は、お弁当を持って見に行きました。
もうリアルタイムでも何回も行き、その後リバイバルで、さらにビデオ
そして、去年ついにDVD発売されました!!!

ザ・タイガース 世界はボクらを待っているザ・タイガース 世界はボクらを待っている
ザ・タイガース(沢田研二;加橋かつみ;瞳みのる;森本太郎;岸部おさみ);久美かおり, 和田嘉訓

東宝 2007-10-26
売り上げランキング : 6501

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

23:31  |  永井龍雲  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2008.07.26 (Sat)

加川良@川口Roots

CAF177WZ.jpg
7月26日(土 ) 埼玉・川口『Roots』 DVD発売記念ライブ
『60-デビュー-』加川良 with すぎの暢
6:00pmオープン・7:00pmスタート
¥3,500(ドリンク別)
*限定50名

2年ぶりの良さんのライブでした。
よっぽどタイミングが合わないと、なかなか他のアーチストさんのライブに行くことができないので、今回はとってもラッキーでした。

IMGP0309_convert_20080729103204.jpgIMGP0294_convert_20080729103531.jpg


お店はライブハウスというよりは、レストランにライブスペースがあるといった感じでした。
中に入るとすでに正面の前は埋まっていて、その後ろのイスを確保。

スタート時間を過ぎてすぎのさん登場、続いて良さん
今回はDVD発売記念ライブ 
なので、しきりにDVDを意識したMCなのだけど、良さん流センスで
「買ってください 」という言い方はしません。
「今日のライブはDVD以上 もうDVDはいらない・・・」とか

そういえば、歌っている時はもちろん、MCの時も常に良さんの指は
ギターをつまびいています。

高知
  あまり好きな歌でなかったのだけど、今回は あれ?いいじゃん♪

太陽のきもち
  初めて聴く歌でした。 
  いい詞でした~  良さん 作詞作曲
  ♪今日の太陽のきもち  あの人にあえるかな
                      あの人にあいたいな
  
  やさし~ きもちになれるような歌でした

ちいさな宇宙の横に
教訓1
かかしのブルース
幸せそうな人たち

  この歌は、良さんよりもムジナさんで耳にこびりついて
  しまったみたい・・ 

ここですぎのさんが引っ込んで良さんのソロ
枚方のあきちゃん
  あきちゃんの正体が初めてわかりました。
  良さんより1つ上の、枚方駅前で不動産屋さんをやっている
  はっきり言って 8 9 3 の方だそうで・・・

良さんの顔からは汗が噴出しています。 
あまりにも汗をかくので、タイトルだけでも涼しいのをと
木枯らしエレジー
冬の星座


生活の柄

  休憩

すぎのさん ソロ
良さん 登場

ビールストリート
オレンジキャラバン
ポプラ並木(?)
  
  これも初めてでした。
  ♪どこから来たのか どこへゆくのか  光の中を歩いてた  
    ポプラ並木のつづくかぎり あなたの肩をはなさない

女の証
コスモス
ラブソング
風景
伝道
  
   
胸にあふれるこの想い
   手拍子を打って盛り上がります

アンコール
明日天気になぁれ

今日は、特別に休憩を入れさせてもらいます と2部構成でしたが
7時過ぎに始まって20分ほどの休憩をはさんみ、終わったら10時になっていました。

終わってから、DVDにサインをいただけるということで、そのサインの前に
片づけをされているのを見ていました。
ギターを念入りに磨いているのがとっても印象的でした。
IMGP0296_convert_20080729103819.jpg
 

  
  




21:44  |  加川良・高田渡  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.07.23 (Wed)

青い恋人たち(SIDE-B COLLECTION )/SAWADA KENJI 

都露さまのおかげで、「青い恋人たち」が聴きたくなり、3枚組CD「SIDE-B COLLECTION 」を初めてCDプレイヤーにかけました。

タイトルどおり、シングルのB面だけを集めたアルバムで、ライブ会場でのみ販売になっていたものです。
その昔には、B面の曲だけを集めてカセットテープを作ったこともありました。

ヒット曲にはあまり興味がないけれどB面だけって面白い♪
でも、買ったCDは聴いてなかったの(いつも私はそんなもん)

「青い恋人たち」は「危険なふたり」のB面でした。
安井かずみ作詞 加瀬邦彦作曲  
ZUZU(安井さん)の詩 好きでした。
詩集も買った記憶が・・・  おしゃれで、今で言うセレブな感じで
ジュリーが結婚したら、もうジュリーに詞は書かないと言っていて
本当に結婚してからはジュリーへの作詞はしなくなりました。
(復活タイガースには書いてくれた)

あの頃は詞もそんなに深く感じたことはなかったけど、今聞いてみると  いいね~

00:15  |  Julie  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.07.22 (Tue)

All for love/Bryan Adams, Rod Stewart, Sting

ひとこと     かっこいい!!  




ただいま、スカパー全局お試し期間中です。
たまたまつけた局に、たまたま映っていたビデオクリップ

おお ロッドだ!!



23:46  |  洋楽  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2008.07.13 (Sun)

沢田研二と永井龍雲  

私にとって2大スターのお二人です。

この二人が結びつかないとのお声をいただいたので
どうして結びつくのか書いてみたいと思います。

そもそも、「永井龍雲」の名前を知ったのは、龍雲さんがデビュー当時に
ジュリーのコンサートスタッフをしていた方から「ウォーターの新人で
永井龍雲っていいよ きいてみたら」と教えられたのがきっかけでした。

そして、すぐにFM東京の番組にその名前を見つけ聞いてみました。
30分枠で青森ライブの様子を伝えていて、ひと聴きぼれ!
翌日にはファーストアルバムとセカンドアルバムを買い
ラジオはカセットにも録音したので何回も何回も聞きました。

当日券でもOKと言われ見に行った厚生年金小ホールは
行ってみたら満席で入ることができず、やっと生のコンサートを見られたのは
それから3ヶ月後のことでした。

コンサートに行ったら、MCで自分は沢田研二さんのファンなので
沢田研二が「ジュリー」なら永井龍雲は「リュリー」と呼んでくれ
そう言ってました。

龍雲さんをテーマに書かれた「負け犬が勝つ時」をよく読まれた方ならご存知だと思いますが

龍雲さんの初代プロデューサー中井國二氏は、ザ・タイガースの初代マネージャーをされていた方です。
龍雲さんのデビュー時の所属事務所(原盤製作担当)はその中井さんが副社長、、ジュリーのバックを支えたいた井上尭之さんが社長のウォーミュージkックでした。
他のスタッフの方も、そのほとんどがジュリーのスタッフと共通するお名前でした。

ジュリーのファンでなければ、もしかしたら龍雲さんの歌とは出会ってなかったかもしれない?
本当にそう思います。
知っていくにつれ、お二人にはいろんな共通点がありました。

お兄ちゃんの後を追っかけてる次男坊
中学時代は野球部 夢はプロ野球選手 ヤンチャ
A型
ガンコ
自分がこうと思ったら、損だとわかっていても絶対に曲げない。

などなど・・・性格的にも近いものがあります
それで惹かれるのでしょうか?
一見 全然結びつきそうもないお二人ですが、私には自然の流れでした。
 
そのうちに龍雲さんのほうへどんどんのめりこんでいくのですが・・・

龍雲さんの30年紀行のジャケットを見るとジュリーのロイヤルストレートフラッシュのジャケットを思い出してしまうのですぅ
ROYAL STRAIGHT FLUSH

13:43  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |