09月≪ 2007年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007.10.20 (Sat)

永井龍雲 三十年紀行 at あーとほーる鉾座

今日は桐生で龍雲ライブ。
東京まで行くことを思うとかなり近いはず。
なのに新幹線を乗り継いでも2時間!

どうせなら! と節約も兼ねて鈍行で行くことにしました。
桐生に着く時間は1時間しか違いません。

新幹線なら30分のところを1時間半かけてゴットンゴットン
山を切り開いた線路をゴットンゴットン
うわ~ 窓が開く! (まるで子供!)
紅葉狩りの趣味はないけど自然に飛び込んでくる色づきはじめた山はきれいでした。
きっと住んでるところではなく、通り過ぎる場所だから素直に感じられるのでしょう。

3時間かかって桐生到着!まっすぐに今日のライブ会場
あーとほーる鉾座へ。
すでにもう並んでいる方がいらっしゃいました。

まだお昼を済ませてなかったのでどこかお店をとさがして
通りを歩いていると通りの電柱(?)の上の方から
ラジオが流れています。地元のFMみたい。
もしかしたらゲスト出演するかも?
な~んて淡い期待を抱きながらさらに歩いていると
交差点の向こう側に「珈琲 ガス灯」の文字が見えました。
見えます? 茶色の垂れ幕みたいなの・・gasu.jpg

「ガス灯」に引かれてココに決めた!

「ガス灯」と言えばふきのとう♪ 甲斐バンド♪

おしゃれなネーミングと思って中に入るとそこは東京ガスの
ショールーム (笑) さっすが~~
ショールームの一角にティサロンがあって軽く食べ終わり
出ようと思った時です。
奥に「FM桐生」の看板が見えました。
あ~ さっき街中で流れていたのはココで放送してるのね?!

と気づいた瞬間、持っていたデジタルプレイヤーのラジオを
FM桐生に合わせて鉾座に戻りました。

ドキドキ  ・・・

そしたら「暖簾」のイントロに乗って「今日のゲストは永井龍雲さん」
やりました~~!
10分ほどのゲスト出演で前回桐生に来た時の思い出話など
されてました。
(ライブの最中に大きな地震があって中断したそう)
パーソナリティの方が31歳で龍雲さんがデビューした年は
まだ1歳だ とか。
もちろんライブの宣伝も!

コチラで聴けます。

先月の喜多方でもライブ前にFMに出演されてましたっけ。

あ~~ これだけ書いてもまだライブにたどりつけない。

ライブです。
hokoza.jpg


入り口を入ると写真のような舞台が真正面にありました。
舞台がコンサートの舞台にしてはかなり高いです。
趣があっていい感じ  龍の彫り物にも目がいきます。

まずは

悲しい時代に
人の四季


前回は3年前 3年前にも来てくれた人?
今日が初めての人? と恒例のリサーチ。

3年前の時、歌っている最中に身体がスウィングするように
気持ちよくて歌に酔ってるのかなと思ったら震度4くらいの地震だった!

明日散髪に行くけど担当が替わったので慣れなくてまだ心配。
美容院に行った時の様子など話してくれます。
沖縄から来てることを知ってるスタッフの若い子が
シャンプーしながら沖縄の話ばかり。
「痒いところありませんか?」と聞かれて
痒いところがいっぱいあるんだけど普段シャンプーしてないと
思われるのがいやで 言えない。

さきほどFMラジオに出演してきた。

想い
つまさき坂
 (アレンジが変わってからイントロでわからなくなっちゃった。)

最近テレビを良く見る なぜなら 52インチのテレビを買った!
テレビのチャンネルの多さにびっくり 
テレビの話題 = 時津○部屋、亀○、沢○エリカ ・・・

関西の人が言いそう 尻さわってエエカ? (おやぢ~~~)

「フォークの達人」に出演が決まり沖縄で収録することに。

友と語れば

9.29に参加
その時の「ガンバロー三唱」が気に入ったので
ぜひ ライブでもやってみたい  と 
ガンバロー三唱  (龍雲さん 目がまん丸!)


道標ない旅 (ずいぶん早く歌っちゃうのね ライブの終わりみたいじゃん)

TBS系ドラマの挿入歌として西田敏行さんが歌ってくれることになった。

今度生まれて来るとしたなら
暖簾


元奥様から電話があって、スカイプだと子供たちの映像を見ながら
テレビ電話ができると言われやってみたけど
自分の映像は子供たちに届くのに子供の映像が見られない。
あれこれいろいろと手をつくしたけど見られない。
で、スカイプに電話したら
「環境はどうですか?」 ときかれ
こんな環境のいいところに住んでいるのに悪いはずがない!

(龍雲さん WindowsXP と新しいMACを持っているそうです
でも、どっちも見られないんだそうです。
カメラも2台も買っちゃったそうです。
日ごろパソコンなんて・・みたいに言ってる龍雲さんがこんなに必死に
スカイプをつなごうとしているのに涙が出そうです。
どうかお嬢さんたちの映像が見られますように)

ヴィオロンの風
夏の蝶
夢のふる郷
蒼穹
お遍路 
(エコーを効かせすぎで龍雲さんの声がわからない!
 残念です。 せっかくの龍雲さんの声が生きないよ・・
 お願い エコー ・・・ なんとか・・・たのむよ~~)

DVD発売 動く永井龍雲をよろしく

11月に奄美の方主催の天空劇場のコンサート

ルリカケス

NAHAマラソンと沖縄ツアー
ヤクルトホールコンサート

鳥のようなもの

アンコール
カトレア  急に歌いたくなった・・
星月夜
激流




23:41  |  永井龍雲  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10.16 (Tue)

今度生まれてくるとしたなら/永井龍雲

TBS系で10月から始まった「浅草ふくまる旅館」
挿入歌に西田敏行さんが歌う「今度生まれてくるとしたなら」が
決まったそうです。
<号外>
1992年4月にシングルとアルバム「砂漠(すな)の道」の
同時発売。
同じ年に小林念侍さん主演の「花王ファミリー劇場 ミスター天気予報本日快晴」の
主題歌(エンディングだったかな?)で流れたことがありました。
あれから15年たって西田さんの歌で流れることに
なったそうです。

うれしいですね~~

試聴 西田敏行さん


砂漠(すな)の道

試聴 龍雲さん


21:18  |  永井龍雲  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10.09 (Tue)

春夏秋冬

すごいです! 以前にこのビデオのことを書きました。
YouTubeで映像を見つけたので貼ります。
すごいです!



拓郎 さだまさし 小田和正のセッションなんて
チャリティでもなければできない組み合わせでしょうね~

23:28  |  フォーク系  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10.04 (Thu)

10歳の放浪記/上條さなえ

10歳の放浪記

「心やさしい子どもを育てるために」というタイトルの
講演会に行ってきました。
どちらかというと講演会などはほとんど行かないのですが
FMから流れてきた講演会のお知らせを聞いて話を聞いてみたいと
思いました。

講師は「10歳の放浪記」の著者上條さなえさん

私生児として生まれ小学校5年生の時に1年間父親とホームレス
生活の後、擁護学校に入れられ中学は母親の元でトイレもない
4畳半一間のアパートで暮らした。
母が働いて大学まで出してもらい小学校教員になりその後
結婚を機に家庭に入り後に児童文学を書くようになる。

ホームレスの時期、学校にも行けずご飯も食べられず簡易宿泊所を
転々として、擁護学校に入れた時はこれでご飯の心配をしなくていい
、寝るお布団がある、勉強ができると幸せを感じたそうです。

教員時代の受け持ちの生徒に自分と似た境遇の子がいて
その子に子どもの頃の自分を見てなんとかしてやらなくちゃ
と葛藤した体験や家族の味を知らなかったゆえに
家庭訪問がとても楽しみだったことなど・・・

テーマの心やさしい子どもを育てるために?
要は その子を愛すること 
自分が愛されていないと人を愛することができない。

事業に失敗し家をなくし働かないでお酒ばかり飲んでいる父を
どうしても見捨てられなかったのは、小さい頃にその父に
すごく可愛がってもらい愛されていた実感があったからだろう と。
赤ん坊の自分を父が抱いてくれている写真が宝物だそうです。

旦那さんが帰ってきた時に「もう帰ってきちゃった」って
子どもの前で言ってませんか?
そうすると子どもはお父さんは帰ってこないほうがいいんだ
って思っちゃう。
1品でもいいからお父さんの好きなメニューを出して
お父さんを持ち上げると子どももそういう目でお父さんに
感謝するようになる。

説教じみてなく なるほどね~ と頷けるような
お話でした。
00:15  |  その他  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10.02 (Tue)

バラバラふたり/和幸

      
16:06  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |