02月≪ 2007年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007.03.25 (Sun)

おまえ/アリス

坂崎幸之助くんの新しい音楽番組がBS2で始まりました。

これはもう絶対に見なくっちゃ!!

第1回目のゲストがこうせつと谷村さん
見た方もたくさんいるんじゃないかな?

全曲坂崎くんの選曲だそうで、あの時代に
深夜放送を聴いていたならではの選曲に感激!
テレビから谷村さんが歌う「おまえ」が流れた
時は感動でした。

中学生の時にセイヤングから録音した
アリスの「おまえ」をどれほど聞いたことか。
そのカセットには「走っておいで恋人よ」
「雪の音」「愛の光」「黒い瞳の少女」など
メジャーになる前の曲ばかり

私のアリスは「チャンピオン」以前で終わってます。

坂崎くん選曲がその中から3曲もバッティングで
もう嬉しいったら♪♪♪ない!

そしてね、かぐや姫の中で一番好きなのは
「けれど生きている」なんだけどパンダさんが
出演してるわけじゃないのにこの選曲。

坂崎くんと呼ぶくらいで決して友達じゃないけど(当たり前)
同学年だけのことはある! と嬉しくなります。(バレた)

♪24歳の男がお菓子の箱を持てたのも
  みんな誰かの おかげだよ
   そんな おまえが とてもとても とても~


きっちりとケイコしての収録も聴きごたえがあり
フォークを越えてエンタテイメントでした。
       ( ↑ 言葉の使いかたわからないけど)

10:35  |  フォーク系  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2007.03.20 (Tue)

花/中孝介(あたり こうすけ)

お友達の投稿で名前だけは知っていて、先日の
「スタジオパークからこんにちは」に出演されているのを
偶然見ることができました。

奄美在住というそれだけでも惹かれるものがあるのですが
歌声も素晴らしかったです。

視聴サイトもたくさんあるようなのでちょっとお散歩
してみようかと思っています。

こちらではフルサイズで視聴できるそうです。
でも、XP以上じゃないとだめなんだって・・・
00:45  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2007.03.13 (Tue)

最後の雨/中西保志

最後の雨


車に乗って三浦さんのアフパラを聴こうとFMをつけたら
ちょうど曲紹介をして流れてきました。

サビのフレーズにぐさ~~!
♪~本気で忘れるくらいなら
   泣けるほど愛したりしない
    誰かに盗られるくらいなら
     強く抱いて君を壊したい~♪

おお なんと情熱的!

確かに聞き覚えのある歌でしたが
歌詞までしっかり聞いたことがなかったので
帰ってきてから歌詞検索 したらすぐに出てきました。

試聴 もありました。


20:08  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.03.04 (Sun)

『親愛なる友よ』 @美容院

私が行く美容院は30代のミセスかおりちゃんが
自宅で一人でやってます。
なので他のお客さんとだぶることはほとんどありません。

たいていは癒し系インストルメンタルが
遠くのほうで流れてるって感じです。

女性ならわかると思うけど、髪を洗ってもらって
マッサージしてもらって、時にはお茶を飲みながら
時間をすごす・・
その時は、気分だけは お姫さま♪

いつも思ってたんです。これで好きな音楽が流れてたら最高なのに!って。

でね、今回お店に行った時に他のお客さんとダブらないか
一応聞いて、「お願いがあるんだけど~」
「CDかけてもらえないかな?」って言いました。

かおりちゃん「何かと思った~ いいですよ おやすい御用♪」

で、『親愛なる友よ』を差し出してかけてもらいました。

ジャケットの名前を見て「知らない名前だ!」(笑)
そりゃ知らないよね~
30代っていうのは一番の穴世代かも?

一人でやってる割には広いお店で天井も高くてゆったりしてます。
音響には凝ってないのだけど天井の方から龍雲さんの
歌声が流れてきました。

一段落ついて30分ほど放置状態になります。
紅茶を出してもらってゆったりと聴いてました。

すっご~~~い ぜーたく!なひととき♪

静まり返ったお店で(なにしろ客は一人ですし
かおりちゃんはお昼を食べに自宅のほうに
行ってるみたい)龍雲さんのCDが流れてるんだわ・・・

一緒にCDを聴いて、内心、興味持ってくれたらいいな~とか
いい歌ですね とか いい声ですね とか
期待していたんだけど・・・・ あはは。。(←察して)

でもこのセータクはちょっとクセになりそうです。






16:30  |  永井龍雲  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |