01月≪ 2007年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728
2007.02.28 (Wed)

親愛なる友よ/永井龍雲

ニューアルバム「親愛なる友よ」のタイトル曲です。

よ~く聞いてるとこれは友に歌ったんじゃなくて
友を介して告白してるんですよね~

やっぱり男性っていうのは初恋の人が
忘れられないものなのでしょうか?

青春を語る時 忘れ得ぬ人 でも、きっと
人生を語る時に なんじゃないかなぁ と
おばさんは思ってしまうのでした~

この唄を作ったのは多分龍雲さんが30才前後の頃
だったと思います。
あの頃の“想い”を今回のアルバムにも入れたかった
その“想い”も伝わってくるようです。



ひとつだけ・・・
「体育館の裏」じゃなくてやっぱり「図書館の裏」?
18:58  |  永井龍雲  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.02.20 (Tue)

やさしさの種を育てよう/でいりーおいちゃん

お友達でいりーおいちゃんのオリジナルが
プレイヤーズ王国でUPになりました。
今回も快調にランクアップしています。

おいちゃんの想いがたくさん詰まったとってもやさしい歌です。

どうぞ聴いたままを感じてください。


曲をダウンロードすればプレイヤーをダウンロードしなくても
聴けるのでぜひぜひ 聴いてください。

16:30  |  フォーク系  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2007.02.14 (Wed)

友と語れば/永井龍雲

ニューアルバム「親愛なる友よ」3曲目

ライブに行ってた方はご存知の昨年のツアータイトルと
同じ歌です。

客席のファンを友と呼んでくれた歌で、ライブでは
みんなで歌いました。

♪~君の話を聞かせてくれ
    どんな話でもいいからさ
      君の幸福 願ってるから
        君は大切な 友だから~♪


みんなと合唱するサビはCDでは龍雲さん一人で
コーラスを多重録音しているのかな?
最初は笛吹さんがコーラスをつけていらっしゃるのか?
と思ったけどよ~~く聴いていると低音部も高音部の
ファルセットも龍雲さんみたい??

低音部がすご~く ステキ♪

30年近くも龍雲さんの歌声を聴いてきたのに
龍雲さんの「低音の魅力」ってなかなか聴けなかったです。

ここまで書いて龍雲さんの声じゃなかったら・・・(てん・てん・てん)
どなたかご存知なら教えてくださいね。

ライブでしか聴けなかった曲がこんなに早くにCDになって嬉しい!!
23:32  |  永井龍雲  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.02.08 (Thu)

季節の便りに/永井龍雲

ニューアルバム「親愛なる友よ」2曲目。

これも待望のレコーディング!
25周年の時のアルバムには音源が見つからなかったとかで
今回やっとニューレコーディングで
聴くことができるようになりました。

1981年「永井龍雲のオールナイトニッポン」の
テーマソングでした。
深夜3時からの放送はなかなか生で聞くことはできません
でしたけど毎週タイマーをセットして録音して聴いていました。
毎週ハガキを出しては読まれるかどうかとワクワクして
ましたけど・・けっこう確率高く読んでいただけました。
枚数が少なかった? (笑)

いい唄はいつになっても色褪せずにいい唄ですね。

♪~人の数だけ幸せは あるはず あるはず
  私は私らしく生きてゆく 愛あるかぎり~♪


CDの解説によれば
「往年のファン待望のCD化」

「往年」ってどういう意味だ?? (笑)

23:39  |  永井龍雲  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2007.02.08 (Thu)

君の愛を求めて/永井龍雲

龍雲さんのニューアルバム「親愛なる友よ」の1曲目。
ずっとずっとCDにならないかと待ち焦がれていた曲でした。

この曲を最初に聞いたのは1988年なのでもう17~8年前になります。
龍雲さんが30歳になったかならないかくらいの
まだ独身の頃の唄です。
こんな恋をしていたのかなぁ~ 
(先日のライブでの解説によればそうらしい)

当時「マーケット」と歌っていたのが
今回は「コンビニ」に変わっていました。
時代は流れていますね。


とっても好きなフレーズがあります。

♪諦めの繰り返し 味気ない人生
この僕にあたえられた 最高の贅沢は君だから~


こんなこと言われてみた~~い

レコード会社もなく辛い時期でもあったので
そんな時の彼女の存在が “最高の贅沢”だったのね。

当時、リアルタイムの想いをそのままストレートに唄って
いたのが、今50を前にして、そんな思い出があったなぁと
若い頃を慈しむように唄っているような気がします。


ジャケットの手をつないでいる後ろ姿がなんとも言えないです。


試聴もなく歌詞も載せられないとせっかくCDを紹介したくても
紹介のしようがないのがとってももどかしい。
 
18:30  |  永井龍雲  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.02.06 (Tue)

親愛なる友よ/永井龍雲

1月21日発売(CDにはそう記されています)の
龍雲さんのニューアルバムです。

やっと公式HPに載ったのでもう書いてもいいかな?

帯には
「人と人との偶然の出会いが生んだ、地元・福岡でのレコーディング・アルバム。ギターリスト・笛吹利明との共同プロデュースによる、ヴォーカルとギター、二人だけの真剣勝負。」
と書いてあります。

ジャケットは永井雲龍画伯の○号の絵だそうで・・・(笑)
書いていたら手をつなぎたくなったそうです。
そこでこのアルバムのテーマは「手をつなぐ!」
AOYAMAライブでのMCで突然思いついてそう言ってました。

とってもステキなジャケットです。

聴いてみると、ギター2本なのでまるでライブ会場にいるようです。
こういうアルバム、待ってました。
欲を言えば全くのソロ弾き語りも入れてほしかった。

ライブ会場でしか買えない というのがもどかしくて
たまりません。
なら、全国津々浦々龍雲さんを待っている人の元へ
生の歌声とCDを届けて歩いて欲しい!
出来ないならせめて通販を!

それが出来る事務所を!

出来ないなら自分の手で!

このもどかしさが龍雲さんなんでしょうか?
セッティングされたところだけで唄うのを飛び出しても
いいんじゃないでしょうか?
このあたり、アマチュア経験がなかったり
ストリート経験がなかったりすることが
災いしてるような気もします。

AMAZON扱いがないので画像を貼ることができなくて残念。
試聴も当然のごとくないです。
どうかライブ会場に出かけて買ってください!


22:49  |  永井龍雲  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.02.03 (Sat)

桜塚やっくん

マイブームです。

テレビに出てるとつい乗り出してしまう。
と言っても生で見たいとかCDが欲しいとか
そういうんじゃないんです。

あともうひとり 劇団ひとり さんも!
こちらはDVDが見てみたい。
著書も読んでみたい。
あ、顔が好き 
10:32  |  その他  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |