07月≪ 2006年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2006.08.28 (Mon)

組曲『惑星』より「木星」/ホルスト

昔の掲示板のお友達が久しぶりに手紙をくれて(メールじゃない)ちょっとやりとりがあって、最近のお気に入りの曲を押し付けるねって言ってたんだけどそのMDが今日届いた。

いや~ 彼女 アンテナ高いというかかなり新し目!
おばさん 着いていけないかも~

添えられた手紙に「感想は遠慮します 1曲でも気に入ってくれたのがあったら嬉しい」と。

MD2枚のうちの1枚
浜省 村田亮 小林建樹 広沢タダシ オセロケッツ 平原綾香 ホルスト(木星) Def Tech  つじあやの 斉藤和義

一番嬉しかったのは「木星」かな
これって平原綾香の「Jupiter」で知れ渡ったようだけど、かれこれ30年くらい前?(そんなにならないか?)ジュリーのライブのオープニングで流れた曲で覚えた。

原曲のオーケストラの「木星」が流れてエンディングとバンド音がクロスしてジュリー登場!という演出。

たまたまFMで流れたのを録音して何度も聴いた覚えがある。
そんな思い出のある「木星」でした。 

それにしても彼女、今もアーチスト発掘上手!
23:57  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

旅日記

この記事はブロとものみ閲覧できます
23:12  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑

初観戦

この記事はブロとものみ閲覧できます
23:04  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑

一周忌

この記事はブロとものみ閲覧できます
08:10  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑

Live三昧

この記事はブロとものみ閲覧できます
01:10  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑
2006.08.20 (Sun)

CHIBA MUSIC FESTA2006

先日来のマイブーム近藤善隆さんがボーカルのTS(Twilight System)が出演する野外コンサートが千葉ポートパークで20日にありました。

タイミングよく龍雲ライブの翌日なので1泊延ばして帰り道に寄ることにしました。
pict0016_1.jpg

広い芝生の公園の奥に屋根つきの野外ステージ。
暑いけど風も吹いて気持ちいい~

TSのステージは18時からということで休憩所でソフトクリームなんぞ食べながらしばしおしゃべり。

多数のバンドが出演するので時間の遅れを心配していたけれど、たっぷり余裕のセッティング時間をとってありその間はYAMAHAの宣伝タイムというか?エレクトーン演奏で空き時間を感じさせない進行に感心!

18時からというのはロケーション的に最高のタイミング!
しだいに暗くなり夕焼けで空が紅く染まってゆく・・・

始め3曲はボーカルを抜いたインストルメンタル。
やはり私は歌がないと退屈してしまう。(ごめん)
20060824162117

このグループはボーカルが3人いる。
ボーカルが加わって1曲目が近藤善隆ヒューチャーで加藤いづみナンバーの「好きになってよかった」

ボーカル3人のハモリも売りなのかなぁ?
若い女の子の気持ちを表現するにはボリュームがありすぎ?

2曲目、3曲目はオリジナルだそう。
夕焼けに向かって歌うのは気持ちよさそうでした。

でもやっぱりソロで活きるボーカルのような気がするので、ぜひぜひソロでやって欲しい。
弾き語りにはこだわらない。
バックバンドがつけられればそれに越したことないけど。

今度、機会があればもっとじっくりたっぷり聞きたいな。

映像ブログ発見! 本番前の様子が見られます。2分30秒くらいの位置 「プレゼントをもらいました」 って言ってるのが近藤くん
16:21  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2006.08.16 (Wed)

杉田二郎スペシャルライブ

20060824090039
当地の夏のイベント「大毘沙門送り火大祭」のスペシャルゲストに杉田二郎さんが出演されました。

公園の中にある池に作られた水上ステージで1時間。
途中、メインイベントの「毘」の字 点火 そして花火をはさんでのライブ♪

水上ステージってくらいで遠くてお顔もよく見えません。
ステージからは真っ暗で何も見えないそう。

やっぱり野外は気持ちいい でも 虫が・・

ライトを浴びる二郎さんは虫と戦いながら歌ってくれました。
「白い鳥にのって」「さすらい人の子守唄」「風」とシューベルツの頃のナンバーもなつかしい。
お決まりの「息子」「戦争を知らない子供たち」
初めて作ったという「マイハート??」だっけ ん?
そして「祈り」

杉田二郎を知らなくても歌はきっと誰も聞いたことのある曲ばかり。

ラジオの生中継が入っていたのでアンコールはなく打ち上げ花火64連発に特大スターマインでキッチリと時間内で〆!

ライブ後すぐにラジオの中継席からインタビューに答えていらっしゃった。
来年5月には京都と東京で「3回目の二十歳コンサート」があるそうです。

09:03  |  フォーク系  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.08.15 (Tue)

永井龍雲 ギター弾き語り全曲集 復刊交渉決定!


alt="絶版本を投票で復刊!" border="0" width="300" height="50">


当時、ギターを弾くわけじゃないから楽譜が欲しいなんて思いもしなかったんだよね。
楽譜だけでなく、立派な「歌詞集」でもあると気がついたのはつい最近。
どうして買っておかなかったのかと悔やまれて悔やまれて。

登録の日付を見ると2004年12月28日。
1年半ほど前、龍雲さんの楽譜集がどこかにないかと古本サイトやオークションなど探しまくってた時にこんなのを見つけて「復刊ドットコムで復刊リクエストする」をクリックしたのでした。
で、リクエストしたらそのままオーナーになってしまった。

えええ? どうしよう・・あわてて取り消そうかとも思ったけどせっかくなので龍雲ファンのお友達の何人かにメールして投票をお願いしてみた。
HPにリンクして投票できるようにしてみたりしていたけどそれもすぐに頭うちで50票くらい前でずっと停滞。
こりゃ無理だなぁ~ ヒット曲を出してくれたほうが近道? 
それからもすこしずつ票が増えて、

そして今日 復刊交渉に必要な100票に到達!

やった~~ !!

ひとりでできたのは自分の投票と息子にたのんだ分だけ。
組織票、重複票が出来ないようにしっかりとアドレス登録してからでないと投票できないようになっている。
そこまでの手間をかけても欲しいと思う人が投票するのだから道は険しい。

100票を超え復刊交渉してもらえても復刊にいたるかどうか保証されたわけじゃない。
さらに道は遠いけど どうか復刊になりますように。

本当の意味での現在時点での「永井龍雲全曲集」の発行が一番の願いだけど。

01:42  |  永井龍雲  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2006.08.11 (Fri)

愛の絆/なぎら健壱

愛の絆~(アメイジング・グレイス)
       作詞 なぎら健壱
 
からだがいつか風に果てて 人の胸から消えて
空の果てに小さく浮ぶ 雲になれたとしても
心の中に愛があれば 愛する気持ち持てば
君との絆 とけやしない そういついつまでも

遠くいつか星になれて 空に弱く光り
見分けることも出来ぬ星に 星になれたとしても
心の中に愛があれば 愛する気持ち持てば
君との絆 とけやしない そういついつまでも

みなも消えて空の果てに ひとりぼっちになって
離ればなれになったとしても 愛の絆あれば
心の中に愛があれば 愛する気持ち持てば
君との絆 とけやしない そういついつまでも


あの『アメイジンググレイス』がこんな風になるのかと?!
同じメロディラインがこんなにも変わる?!
それに感動してしまいました。

透き通ったソプラノで歌うのを聴くのが『アメイジンググレイス』だと思っていた なぜかそういう固定観念・・

元々は賛美歌ですね
その賛美歌が大合唱になってる ゴスペルみたい
なぎらさんのステージなんだけどなぎらさんのむこうにその音に囲まれて高田渡さんがみえてきちゃう。
(あ~ 出演してらっしゃてステージの上にいるんだけど・・・ そうじゃなくて 音の向うに渡さんがいる・・・うまく言えない)

圧倒された すごくいい!
21:44  |  フォーク系  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2006.08.10 (Thu)

永遠の絆/なぎら健壱

永遠の絆

このアルバムタイトルは「永遠の絆」
前にも書いたけど「えいえんのきずな」と勝手に思い込んでいてこのライブアルバムのMCで曲紹介をする時に「とわのきずな」と聴いて初めて正しいタイトルを知ったしだいです。
アルバムタイトルでもあるけれど「永遠の絆」という曲があります。
これは雪祭りのイベントでなぎらさんが歌われて「あれ? 『その朝』はなぎらさんも歌っているんだ?と思い、アレンジも良さんの『その朝』とは全然違うのねぇとココに書いたところ、なぎらさんは『永遠の絆』というタイトルで歌っていると教えていただいた。
ほんとこちら側の歌はビギナーだからよくわかんない。

同じメロディで違う歌詞を載せていろんな人が歌ってるし。

某みやちゃん(そのまま この書き方もそのまま)が日記にこのアルバムを聴いて「泣いた」と書いてあったので ん?私も聴いたけど涙は出てこなかったぞ と気になってじっくりじっくり聴いてみた。
みやちゃんが泣いたという2枚目のほう。

涙が出るほどのものはなかったのだけどみやちゃんが泣けたのはちょとわかる気がした。
まず、くせがあるけど声が泣けるよね。
なんだろ?なぎらさんのこの沁みてくるような歌声は・・・哀愁?

詞のところどころにもあるね・・・
ストーリーじゃないかもしれない
言葉のかけらに みやちゃんを泣かすものがあるような・・
全然違ってたらごめんよ~~

何度か聴いて残ったのが『上野パラダイス』と『愛の絆』
どっちも聞き覚えのあるメロディ
というかそっちのほうがメインでなぎらバージョンが「へ?」って感じ。

それはまた・・
12:43  |  フォーク系  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2006.08.04 (Fri)

フォークの達人/加川良 本日ON AIR

NHKBS2 フォークの達人
本日の出演は加川良さんです!

先日のライブとほぼメニューは同じかなぁ~
楽しみです


【出演】 加川良 with すぎの暢
【ナビゲーター】 山口智充
【ゲスト】 ハンバートハンバート
【トークゲスト】 大杉漣

1.「あした天気になあれ」 作詞・作曲:加川良
加川良(歌/ギター)、すぎの暢(ラップスチールギター)
2.「高知」 作詞・作曲:加川良
加川良(歌/ギター)、すぎの暢(ラップスチールギター)
3.「ラブソング」 作詞・作曲:加川良
加川良(歌/ギター)、すぎの暢(ラップスチールギター)
4.「贈りもの」 作詞・作曲:加川良
加川良(歌/ギター)、すぎの暢(ラップスチールギター)
5.「あきらめ節」 作詞:唖蝉坊/作曲:高田渡
加川良(歌/ギター)
6.「生活の柄」 作詞:山之口貘/作曲:高田渡
加川良(歌/ギター)
7.「冬の星座」 作詞・作曲:加川良
加川良(歌/ギター)
8.「流行歌」 作詞・作曲:加川良
加川良(歌/ギター)、ハンバートハンバート (歌/ハーモニカ)
9.「夜明け」 作詞・作曲:佐藤良成
加川良(歌)、ハンバートハンバート (歌/ギター)
10.「女の証し」 作詞・作曲:加川良
加川良(歌/ギター)、すぎの暢(ラップスチールギター)
11.「教訓1」 作詞:上野暸、加川良/作曲:加川良
加川良(歌/ギター)、すぎの暢(ラップスチールギター)
12.「幸せそうな人たち」 作詞・作曲:犬塚康博
加川良(歌/ギター)、すぎの暢(ラップスチールギター)
13.「ONE」 作詞・作曲:加川良
加川良(歌/ギター)、すぎの暢(ラップスチールギター)
14.「君におやすみ」 作詞・作曲:加川良
加川良(歌/ギター)、すぎの暢(ラップスチールギター)



00:14  |  フォーク系  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

書きたいこと

この記事はブロとものみ閲覧できます
23:31  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |