04月≪ 2006年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ぼうずの朝シャン

この記事はブロとものみ閲覧できます
00:19  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑
2006.05.28 (Sun)

MAKE YOU LOVE ME~こよなき愛の歌~/永井龍雲

某掲示板でこの歌好き!って書いてあるのを読んだら急に聴きたくなりました。

そう私も好き~ My BESTを作ったら入る曲だなぁ~

MAKE YOU LOVE ME
~こよなき愛の歌~

♪~僕にないものが 
   君にはあるから
    未知なる夢を二人で
     捜しに行きたい~♪
00:07  |  永井龍雲  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

電池パック

この記事はブロとものみ閲覧できます
23:47  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑
2006.05.23 (Tue)

Led Zeppelin Ⅳ

Led Zeppelin IV 出かけたついでにふらっとオフハウスに寄ってジャンクレコードをのぞいてみた。
ジャンクのほうがお宝があったりするのね。

そしたら懐かしいジャケット見っけ!

これは弟が持ってたのをよく聴いてた。
普通は姉の影響でってパターンが多いようだけど

あの名曲「天国への階段」が入った名盤のアルバム!
このジャケット写真もインパクトがあったなぁ。
自分では持っていなかったのでCDになってからレンタルしてMDにとってあったりするんだけど。
なんとジャンクで105円 聴かなくてもいいの
持っていたくて即買い!

先日訃報を聞いたばかりの方のHNの由来でもあるジミーページのギター
ちゃんと聴いてみようかな・・
洋楽ってついBGMで右から左・・ ってことが多くて・・
このレコードは針を落とさないかもしれないけど



19:47  |  洋楽  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2006.05.19 (Fri)

イノダのコーヒー

pic.jpg京都イノダと言えば高田渡さんの聖地と言われているけれど私のイノダはジュリーゆかりのお店でした。
独身時代は年に何回かは京都に行って旅の最後はイノダで締めくくるのが定番。
必ず奥の旧舘に座ります。

今回は久しぶりの京都でイノダに絶対に行くつもりでした。

昔は市電を降りて迷うことなく行けてたはずのイノダなのに・・
地下鉄を降りたらもう迷ってしまいました。
記憶もたどれない・・・
地図を見ながらやっと到着。

改装してるんですね?
でも旧舘を希望してちょっと順番待ちして通された旧舘は昔のままでした。(たぶん・・・)

テラス側が そうそう・・ テレビで渡さんと坂崎クンが対談していた席。

違う趣で店に行くと店も違って感じます。

いつもブラックコーヒーだけどあえて砂糖、ミルク入りでオーダー
雰囲気も楽しまなくちゃね。
10:33  |  その他  |  コメント(8)  |  EDIT  |  Top↑

ちょうど1週間

この記事はブロとものみ閲覧できます
10:21  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑

止まってます

この記事はブロとものみ閲覧できます
22:10  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑

試合終了!

この記事はブロとものみ閲覧できます
00:48  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑

引退試合

この記事はブロとものみ閲覧できます
23:59  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑
2006.05.07 (Sun)

飛鳥/永井龍雲

ある方の掲示板でこの曲にまつわる話をきかせてほしいとたずねられました。
この歌 私 好きじゃないんです。
曲そのものというよりもこの歌を聴くのが好きじゃない。
聴けないんです。
この歌は龍雲さんが亡くなった人たちを想って歌った歌。
だから生きている者に歌うのではなく旅立っていく人に旅立った人に歌っているその姿を見ているってことになります。

好きだと言う方が読んだら気を悪くしますよね。 たぶん・・・

そんな今日、ある方の訃報を知らされました。
たまにチャットでお会いするくらいで親しくおつきあいしたことがあるわけじゃありません。
でも、本当にやさしい心をもった素敵な方でした。
きっと人のことを悪く言ったりしたことないんじゃないかな?
声しか知らないその人の声を思い出してしばらくボーゼンとしていました。
悲しみに沈んでいる友にかけてあげる言葉も見つからなかった・・


飛鳥  作詞・作曲 永井龍雲

何処までも続く
青空はない
森羅万象(すべてのもの)に
限りある 生命(いのち)

人は 喜びの日を
人は 哀しみの日を
だから 共に
花で 飾る

飛鳥 
遥かな 旅立ちに
あなたの魂よ
安らかに 瞑(ねむ)れ

窓辺に 落ちた
日溜りのような
みんなが あなたの
笑顔に 集まった

夢を 抱き続けて
愛を そのままに生きて
そして 永遠(とわ)へ
生まれ 変わる

飛鳥 
遥かな 旅立ちに
あなたの魂よ
安らかに 瞑(ねむ)れ

飛鳥 
遥かな 旅立ちに
あなたの魂よ
安らかに 瞑(ねむ)れ
00:07  |  永井龍雲  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

ごーるでんうぃーくもおわり

この記事はブロとものみ閲覧できます
11:38  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑

ごーるでんうぃーく

この記事はブロとものみ閲覧できます
18:03  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |