03月≪ 2006年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2006.04.28 (Fri)

給食当番

20060428221219某所で噂だった「給食当番」に会えたよ~! もうびっくり!
だって「給食当番」が来るのは都会だって聞いてたからまさか田舎のスーパーにやってきてるなんて!

といっても今日は車で1時間半もかかる所に(ちょっと都会の街)出かけてその帰り道にあるスーパーで買い物をするつもりで寄ったんだわ。

そしたらこの音楽が流れててピンクの車が入り口にあって あ~~これが!と感激
あげパンとミルメークを買って帰りました。
帰ってからHPを見てみたら都会に限らずフランチャイズで全国展開してるもよう な~るほど。
22:12  |  その他  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑
2006.04.26 (Wed)

今日までそして明日から/よしだたくろう

takuro.jpg


龍雲さんがゲスト出演したラジオ番組のyamakoさんのぶろぐを教えていただいた。
この番組ではyamakoさんがギターの弾語りを聴かせるらしいです。
その日、龍雲さんがリクエストした曲に拓郎の「今日までそして明日から」がありました。

思い出の曲ではなく今聴いて沁みてきたそうだと書いてありました。
そんなん読んだらすぐに聴きたくなってしまいますよね
というわけで今日は「今日までそして明日から」(試聴)を聴いています。
12:06  |  フォーク系  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.04.24 (Mon)

妹に送る唄/加川良

教訓
教訓

昨日、ムジナさんがチャットで歌ってくれた歌です。

ファーストアルバム「教訓」の中の曲ですね。

良さんに関しては全くビギナーなので詳しいことなどよくわかりません。
最初の発売が1971年だそうだからもう35年も前に発表した曲をごく最近になって初めて聴きました。
その時のとっても不快な印象を覚えています。

歌詞を聞きながら最後にどんなオチがあるのか?とドキドキして聴いたけどオチはありませんでした。
ウーマンリブとか盛んに言われ始めた頃の歌だとしたら何か風刺があるのかと思ったのです。
作詞は良さんですしね・・
この詞ごと風刺なんでしょうか?
そこがよく読み取れないです。

妹に送る唄  作詞 加川良

愛しておやり 彼を
わかるね お前は女
おいしいものを作っておやり
彼が好きな味噌汁を

まわりの人とは仲よくおやり
近所の子供がなつくよう
姑さんとは仲良くおやり
つらい涙は見せぬよう

内職するなら 昼のうち
彼がいる時せぬように
押し売り来たら うまくお帰し
乞食の人には 10円おやり

薄く化粧はするように
彼がお前を見直すさ
きれいなエプロンするように
彼がやさしく微笑むように

しもやけ あかぎれ 気をおつけ
長い髪は美しく
あんまり考えすぎぬよう
いつも笑って暮らすように


妹を思う兄の心だとすればきっととても自然なことなのかもしれません。
男とはそういう身勝手な者だからうまくこなせってことなのでしょうか?
自分が夫の立場で妻に対して あ~してほしい こ~してほしい いや、あーしろ こーしろの本音なんでしょうか?

さださんの「関白宣言」は1979年なのでさださんよりもずっと先にできていた唄なんですね。
言ってることは似たようなもんだけど、さださんはあくまでこうしてほしいの希望であって「出来る範囲でかまわないから」という救いがあります。

かぐや姫の「妹」とは全然違うし・・・

やっぱり聴いていて不愉快なんですよ。
女性蔑視の唄と取り上げられたりしなかったんでしょうか?
アルバムの中で目立たなかったからなんでしょうか?
表看板に「教訓」という強いメッセージソングがあって「女の腐ったのでかまいませんよね」と歌ったのと「お前は女」っていうのと線が通じるものがある?
女はこうあるべきだみたいなのがどうしても受け入れられない。
あの良さんが書いているからなんだか釈然としないんですよね。
それともそういう人?

言ってることはどれも間違ってないしそう暮らすことが多分平凡な幸せに繋がっているのでしょう。
でも、でも・・ なんです。
良さんは本当は何が言いたいのでしょう?

この歌詞にもっと奥深いものがあるなら教えてください。

いつも笑って暮らすように って これだけ注文つけられて笑って暮らせるかってんだーー!!




15:14  |  フォーク系  |  コメント(20)  |  EDIT  |  Top↑
2006.04.23 (Sun)

冬景色/ふきのとう

スケッチ
jacket_m.jpg

もうず~いぶん前に某おいちゃんにリクしていた曲。
すっかり忘れられていると思っていたらやっとやってくれました。
さんきゅです♪
偶然にもふきのとうの「冬景色」を聴いてたその日にその知らせ。
こんなことってあるもんですね。

なんとも哀愁のあるメロディ ナツメロの中国系歌謡曲を思い起こさせるような?唱歌のような?難しくて不思議な歌だけどなんともいえず好き♪

歌詞をよく見ると京都が舞台みたい?
そして色が入ってるのもおもしろい

♪白く輝く 五条通り

♪淋しき青の冬景色

♪哀しき赤の冬景色

気持ちがふさいでいたから沁みる~
♪~冬の星座に 君を夢見る
  面影 優し 君住む街
   哀しき赤の冬景色
     ひとり2月の空に泣いている~♪

あ~ もう4月だけどね。。。

試聴できます。
21:35  |  フォーク系  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2006.04.19 (Wed)

小夜曲/近藤善隆

sunst.live_l.jpg

4~5年前頃かなぁ
龍雲さんのオープニングアクトで出演してた近藤善隆くん。
その頃はHPもあって(でも、今もそのまま放置状態にあるようだけど)がんばっていたんだけど・・

オープニングアクトでも彼のステージは楽しみだった。
最初は2人組みだったのが突然解散してソロに・・

作品もいいし甘い声でルックスもかなりいい
絶対に売れると思ったんだけど
今はトワイライトシステムというグループのボーカルをしていてソロ活動の気配はネットの上からでは見つけられない。

CDも手に入らないし手元にはライブの時に買った2曲しか入っていない20分のカセットテープが1本だけ。
カセットでも何でもいいから彼の歌を聴きたいって思うんだけど叶わないのかなぁ?

カセットのB面「小夜曲」を違法かどうかわからないけどUPしてみました。

HPのMy Songのコーナーでオリジナル曲をちょっとだけ試聴できます。
23:22  |  フォーク系  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

ドジ

この記事はブロとものみ閲覧できます
23:17  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑
2006.04.18 (Tue)

R.O.C.K/加川良 with TE-CHILI

加川良 with TE-CHILI/R.O.C.K
Rock.jpg 
今朝は9時に車屋さんに(こういう時はディーラーさんとか書いたほうがカッコイイかも?)に車を修理に出しに行き車を置いたら歩いて一旦帰ってこなくちゃならないのでテンポのいいのにしようとロック系のMDを選択!

良さんと言ったらやっぱり無理矢理ジャンルわけするならフォークなんだろうけど・・(良さんは自分はロックとおっしゃっているそうだけど)

たまには電気の音もここちいい~♪
身体が動くもんね

普通、叙情派系フォークが好きだとだいたいそっちの系統で好みが向いていくのだろうけどもともとGSで育った私としては好みがはちゃめちゃ。
そんな両方を備えてくれているのが良さんだったりして?ってふっと思った。

エレキギター ベースを聞いているとジョーちゃん(柳ジョージ)、甲斐バンドへと手が伸びていく・・
車のお迎えに行く時は甲斐にしよかな。。

それにしても車 今年で10年 ガタがきてあちこち修理が必要になってきた。
買い換えたほうがいいくらいなんだろうけど今年受験だしそんな余裕はないのだ・・ どうしたらいい??
10:35  |  フォーク系  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2006.04.16 (Sun)

気分をかえて/山崎ハコ・香坂みゆき

Anthology 山崎ハコ bestゴールデン☆ベスト 香坂みゆき シングルコレクション


タイトルに「気分をかえて」としたら♪気分をかえてが流れてきた 単純!

ずっと香坂みゆきの曲だと思ってたのね。
彼女、アイドル系だったけどすごく歌がうまいとびっくりした記憶があってその時に聴いたのがこの曲だったと思う。

何年か前に生でハコさんの歌を聴いてこれまた小さな身体全身で歌うハコさんの歌に感動 びっくり!
「もう20年以上この曲を歌い続けてます」って言ってたっけ

試聴
香坂みゆきバージョン 

山崎ハコバージョン
16:37  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

気分をかえて

この記事はブロとものみ閲覧できます
16:01  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑
2006.04.09 (Sun)

Don't Look Back/BOSTON

Don't Look Back
Don't Look Back

年に何回か無性に聴きたくなるアルバムです。
たいていは落ち込んでパ~ッとウサ晴らしに大音響で聴くんだけど今回はなんでかな? わかんないけど聴きたくなった!

うぅ~~♪ かっこいい!

LPもCDも持ってるんだけどLPをMDに落としたので聴くのが好み♪
前にレコードの音はCDとは違うって教えてもらってこのアルバムで聴き比べしたことがあるんだけど本当にこんな素人の耳でもわかるくらいにレコードの音はふくらみがあっていい感じ
CDの音は金属的だなぁって思った

試聴サイトがありました!
大音響で聞くと気持ちいい~~
20:57  |  洋楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.04.05 (Wed)

初恋の丘/ザ・ビーバーズ

gs11.jpgGSの試聴がいっぱいできるので好きな曲をチョコチョコと・・・

GSもヒット曲はあんまり興味ない
一番メジャーなタイガースのファンでありながら聴く音楽としてはB級GSと言われるあたりがおもしろかったりする。

ビーバーズはA級だね。
「初恋の丘」はただ、聴いていてここちいい 
ただそれだけだけど好き♪
GSはほとんどそうかもね

GSが消えた後に日本のニューミュージックやロック界にはGS出身の人が多く活躍してる。
スタジオミュージシャンになった人も多いかな?
意外とメジャーバンドじゃないところ出身だったりして・・

コッキーポップで有名な大石吾郎さんもGS出身だし、尾崎紀世彦さんも寺尾聡さんもだわ・・
・・と話し始めるとついつい長くなってしまう。

今日は「初恋の丘」試聴もどうぞ。
23:22  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.04.04 (Tue)

好きさ好きさ好きさ/ザ・カーナビーツ

sukisa.jpg今朝、めざましを見ていたら元ザ・カーナビーツのアイ高野さんが亡くなったという。
まだ55歳! この曲でデビューしたのはまだ16歳くらいだったと思う。
なんと私が自分のお小遣いで初めて買ったレコードがザ・カーナビーツの「好きさ好きさ好きさ」なの。
当時、自分のお小遣いでレコードを買うってそりゃあ大変だったから多分お年玉で買ったんだと思う。

なぜ最初に買ったのがタイガースじゃなかったのか今でも不明。
アイ高野さんのファンだったわけでもない。

2枚目に買ったのはフォークルの「帰ってきたヨッパライ」だった(これは余談)

家にあった安いプレイヤーで何度も何度も聴いた覚えがあるけどどちらかというとB面の「口笛天国」の方が歌としては好きだった見たい。

試聴出来ます。

この試聴を探していたらすごいの見つけた。
あ、そんなにすごくはないかもしれないけどGSをこんなにごっそり試聴できるサイトがあったなんて!
ちょっとはまりそうよ 今週はGS週間になるかも?

12:41  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

ちょっとおやすみ~

この記事はブロとものみ閲覧できます
23:57  |  ひとりごと  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |