08月≪ 2005年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2005.09.26 (Mon)

ふきのとうシングルス

GOLDEN☆BEST/ふきのとう SINGLES IGOLDEN☆BEST/ふきのとう SINGLES II


1週間止まってました。
いろいろあって ゆっくり音楽を聴いてるって感じじゃなかったし。
昼間はずっと無音状態の日がつづきちょっと狂いそう
いつもMDをポッケに何かしら聞いてたから無音が耐えられない。
でも仕方ない・・・

やっと休みになってさぁ・・・と思ったらやっぱり今はふきのとうだよね。
シングルス2枚組み(X2だけど)を1枚のMDに入れてあるのでそれをシャッフルで聴いてました。

ふきのとうはリアルタイムで聴いてこなかったのがちょと淋しい気もするけど、いい歌いっぱい!
落ち着きました。

好きな曲 いっぱいあるのでこの曲!って選べないなぁ・・
00:25  |  フォーク系  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09.17 (Sat)

季節の便りに/永井龍雲

最近は全然音楽が聴けてません。
今までは家事しながら、内職しながらいつも音楽がポケットにありました。
それがここのところ、日中は無音状態の中でのお勉強。
仕事先でBGMでも流れてたらいいんだけど・・・
無音です。

家に帰ってくるとプレイヤーを手に取る前に夕飯のしたくに突入してしまったり、テレビのニュースをとりあえず見ながらだったり。

で、聴ける時は今やりかけてるカセットからMDへのダビング。
テーマソング「季節の便りに」はレコードにもなっていない曲で、龍雲さんがベストアルバムを出す時にも入れたくて音源を捜したそうなのだけどラジオ局でも見つからなかったそう。
新録音ででも是非CDにして欲しい曲です。

    季節の便りに 
     作詞作曲 永井龍雲
なつかしい季節の便りに
すぎ去った日々を 思い出して
遠くはるかなページをだどれば
いつの日も 貴方が そばにいた

人の数だけ幸福はあるはず あるはず
私は私らしく生きて行く
愛ある限り

いくつかの心ない声に
くじけそうになった時もある
青くはてない メールのように
貴方につつまれ 歩いてきた

人の数だけ幸福はあるはず あるはず
私は私らしく生きて行く
愛ある限り
08:11  |  永井龍雲  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09.12 (Mon)

風の囁き/永井龍雲

風樹

今日みたいな日はやっぱり龍雲♪
落ち着く~~ 
決して落ちこんだ時の龍雲モードではなくうん・・・落ち着く・・

風の囁き

雲は流れ 想い遥か
何処へ辿り着くが 俺の旅は
夢はいつか 届くだろう
愛する者達の 心深く
一人に還れよ 苦しいのなら
真実を歪める 虚栄の服を脱ぎ捨てろ
風が風が 風が囁いて行く
あるがままの自分自身を 晒せと

一人に還れよ 苦しいのなら
真実を歪める 虚栄の服を脱ぎ捨てろ
風が風が 風が囁いて行く
あるがままの自分自身を 晒せと
晒せと 晒せと
23:51  |  永井龍雲  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09.08 (Thu)

彼は眠れない/沢田研二

彼は眠れない
00000149.jpg
1989/10/11発売

参加ミュージシャン

DRUMS:   SYUICHI PONTA MURAKAMI
BASS :  KEN YOSHIDA
GUITARS :   YOSHIYUKI SAHASHI
   JUN SIMOYAMA
   HIDEO SAITO
KEYBOARDS:   RYOICI KUNIYOSHI
   HOPPY KAMIYAMA
   AKIRA NISHIHIRA

GUEST VOCALS :  KIYOSHIRO IMAWANO

Produced by KEN YOSHIDA
(日本語で書いてくれ~~)
レコーディングミュージシャンにポンタさん、吉田健、下山淳
とご三方の名前がLOSERとだぶっています。
忌野清志郎さんの曲が1曲ありゲストボーカルで参加もしてます。

ほんとにね、サウンドがほとんど同じ。
だからボーカルだけ入れ替えても違和感ないと思う。
ただ、この3人が同時にコンサートのステージに立ったことはなくて入れ替わりタッチ交代。
現在は下山さんがバックでギターを弾いています。

泉谷さんとジュリーは直接関わりを持っていたかどうかはあまり知りませんけど、仲をとりもつ吉田健 って感じでしょうか?
時代をさかのぼれば、井上堯之バンドがジュリーの元を去ってその後のバックミュージシャンとしてついたオールウェイズのメンバーに吉田健 柴山和彦さんがいたのが始まりで、私は泉谷さんのバックバンド「バナナ」のメンバーということしか知りませんでした。

でもね、やっぱり私は井上バンドで歌うジュリーが好き♪

この頃になると1枚1枚 1曲1曲とじっくり聴くことがなくなってきたような気がします。
今夜あたり聴いてみようか?・・・

参考:このアルバムについてポンタさんのレコメンダーがありました。
15:24  |  Julie  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09.07 (Wed)

STOIC HEAVY~盗まれた記憶~/沢田研二

パノラマ
panorama.jpg

泉谷さんのアルバムでwithLOSERのメンバーがジュリーのバックミュージシャンとダブっていたので気になってジュリーのアルバムをあれこれ開いていました。
そしたら、なんと泉谷さん作詞の曲がありました。
アルバム「パノラマ」の7曲目STOIC HEAVY~盗まれた記憶~です。
作曲は吉田健さん。
詳しい年代比較はしていないけどだいたい同時期に泉谷さんとジュリーの両方のバックでプレイしたりプロデュースしたりしています。

レコーディングミュージシャンにもドラムス 村上ポンタ秀一
ベース  吉田健 ギター 柴山和彦さんの名前があります。

でも、もう一枚LOSERとダブル3人の名前が並ぶアルバムがありました。
それはまた後で書きます。

STOIC HEAVY~盗まれた記憶~

        作詞泉谷しげる 作曲吉田健

かたくなに 眼をとじて
消えたお前 思い起こす
眼の前で オレじゃなく
お前がオレの 夢見てる

盗まれた 記憶とは
お前だけの オレの愛
何もない 今のオレを
誰の記憶に 打ち込む

おろかなる キレイごとは
計りしれない 距離を生む
たぐりよせ 呼びもどす
オレとお前だけの記憶

盗まれた あの日から
オレのレベル キマらず
お前が残す 微熱あと
キーをたたき 探り出す

STOIC HEAVY 夜は深く 限りなく
STOIC HEAVY すべては色濃く 何もない
STOIC HEAVY 独りしか入れない 夢見て
STOIC HEAVY 
   甘く、苦く、重く、深く、迷う 今のつづきを
                  Save Tonight

眼がさめて ハネおきる
オレの中に お前がいる
真夜中の出来事は
真昼のように 覚えている

盗まれぬ 記憶とは
お前だけの オレの愛
オレとお前が わかる
今 記憶に打ち込む


STOIC HEAVY 夜は深く 限りなく
STOIC HEAVY すべては色濃く 何もない
STOIC HEAVY 独りしか入れない 夢見て
STOIC HEAVY 
   甘く、苦く、重く、深く、迷う 今のつづきを
                  Save Tonight

 

17:57  |  Julie  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09.06 (Tue)

JULIE Rock'n Tour'79 /沢田研二

泉谷さんとJulieの共通項などをさがしているうちにひさびさにJulieが聴きたくなりました。

なんとね泉谷さん作詞のJulieの曲があったんですよ!
それは別に書くとして・・・


ju_t79rockntour_l.jpgいちば~ん輝いていた頃の私(?) いや、JulieのライブカセットJULIE Rock'n Tour'79 をCD化したので聴いてました♪

いや~ 聴かせたい! なんともエネルギッシュ!
バックの井上バンドの音もなんとも言えずいい!

今日は長男をアッシーしている時に車の中でこれをガンガンとかけていたの。
息子が好きそうなギターを(それも私の時代のもので)さりげなく耳に押しこむ(笑)
たいていはそれでもほとんど反応がないんだけど・・

それが! 堯之さん のギターが聴こえてきたら身を乗り出してきた!
で、このギターはなんたらかんたら(なんか専門用語を言ってたような)って言い始めて おお 釣れた 釣れた と一人喜んでいました。

私はね、この音で育ったんよ・・と自慢!
「育ったってどーゆうことよ?」と言うので「青春時代、ずっとこの音(演奏もJulieの歌も)を聴いてすごしてきたってこと」と言ったら「へ~~」
へ~だけかよ~~(笑) もっと乗って来い! って思ったけど・・もうしばらくこのライブ音源を耳に押し付けてやろうと思ったしだい・・

ホント いいわ~~25年も前の音源とは思えないくらい今でも通用する・・もしくは今の子にも聴かせてやりたい そんなライブです。
00:10  |  Julie  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09.02 (Fri)

叫ぶ人囁く/泉谷しげるwithLOSER

泉谷しげる with LOSER/叫ぶひと囁く
sakebuhito_sasayaku.jpg泉谷しげる with LOSER/叫ぶひと囁く
先日買った中古CD

聴くのが怖かった・・・私の音楽の引き出しに“イズミヤ”はなかったもの・・
お決まりの「春夏秋冬」「黒いカバン」「眠れない夜」くらいしか知らなかったし。
それが最近お邪魔のムジナさんのチャットルームとHPで“イズミヤ”を聴く機会が多くなり、オリジナルも聴いてみたいなと思っていたところ、たまたまなんだけど、先日池袋の中古CD屋さんで見つけたので買ってみた。

Discographyを見るとかなりの枚数のアルバムをリリースしているのでびっくりしたのだけど、かなりの枚数をリリースしているということはそれぞれコンセプトも違うだろうし、たまたま買ったコレが“イズミヤ”の中でどんな位置にあるのかもわからない。

なんだか聴くのが怖くて、やっとこさ今日になって聴いてみた。

そうそう、泉谷さんのこと知らないからついつい“イズミヤ”と呼んでしまうけどファンの方たちは“IZ”と呼ぶそうです(へ~カッコいい)

で、聴いてみた! このアルバムに限ってしか言えないけどサウンドに全く違和感がなかった・・ というか懐かしい音だった。
ボーカルが入れ替わったらそのままJULIEのアルバムでもいける!

なんとねLOSERというバンドのメンバーは一人を除いて3人がJULIEのバックミュージシャンだった!
なんかおもしろいね~~ 

で、アルバムの中身については全然触れてなかったね・・・
18:03  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |