04月≪ 2005年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2005.05.27 (Fri)

大切なことは/Daily oichan

今日届いたCD 
お友達Daily oichanのオリジナルアルバム
「晴れの日も雨の日も弾語り日和」から1曲。

   大切なことは←クリックで聴けます
             作詞・作曲 Daily oichan

今の君にとって 一番大切なことは
自分の気持ちに 素直に従うこと

もちろん気遣いも 思いやりも大事だけど
時には 向かい風に逆らい 歩くこともある

  堪えきれずに 泣きたい夜は
  あふれる想い 閉じ込めないで

  迷い続けた その道のむこう
  答えは きっと見つけられる

君が君自身を 好きになってあげる為に
もがき苦しみながら 立ち止まり 振りかえり

また 歩きたくなる 君は歩き始める

  こぼしたい愚痴を 飲み込まないで
  自分ひとりを 責めたりしないで

  破れた夢を 抱えていても
  君の人生は 輝いてる

月並みな言葉だけど 朝の来ない夜はない
暗闇の先に立つ 笑顔の君を信じよう

雨上がりの空に 広がる陽射しのように
君は歩き始める 君は歩き始める

09:01  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2005.05.26 (Thu)

今 眼を閉じて/old

たまにはお友達のオリジナルソングなども聴いたりします。
著作権も考えずに載せられるから楽かも~
プレ王に投稿したら?と薦めてもガンとして首を縦にしてくれないので勝手にココに載せてしまいますぅ。
クレームが来たらはずしますので~ 



   今 眼を閉じて ←クリックで聴けます。
         作詞・作曲・歌 old

仲間たちと騒いだ帰りに 送るよといっしょに席を立った
みんなの笑顔に見送られながら 二人は黄昏の街へ
いつか君が見たいと言ってた 夕暮れに沈みゆく太陽を
そんな景色を今見せたくて 君を誘ったんだ
高層ビルの最上階まで エレベーターは登ってゆく

地平線にオレンジを投げかけ 夕闇が街を包んでゆくよ
光のレールを辿るように 新幹線が走ってゆくね
そして君も帰る旅人に 愛しさが込み上げてくるけど
今はただこの幸せを そっと感じていたい
街の灯りがともり始めたね 君の後ろからそっと手を重ね
指と指を握りしめたまま 君を抱きしめた

街の灯りが遠く揺れてる 次の言葉を遮るように
振りかえった君の唇を そっと塞いだ
今 眼を閉じて


作詞がすごいな・・・って思います。
「地平線にオレンジを投げかけ」とか「街の灯りが遠く揺れてる」
目の前にその景色が広がっていくようです。
1番の最後 「高層ビルの最上階まで エレベーターは登ってゆく」
ってちょっと思いつかないような詞とメロディにびっくりしました。
16:10  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2005.05.24 (Tue)

不思議な夢/ザ・ハーフブリード

theboss_1963s.jpgネタ切れの時のネタ
この一曲が欲しいが為にこのアルバムを買ったという曲が何曲かあります。
これはその中の1曲で、むか~~しオールナイトニッポンで毎晩のようにかかっていたザ・ハーフブリードの「不思議な夢」です。
これをテーマに書こうと思って資料探ししていたらなんとオークションでこのシングル盤が出ているのを発見! 驚きのお値段!

この曲ね、カセットにとってなくてずっと聴きたくて欲しくてたまらない曲でした。
GSのBOX全集みたいのに入ったことはあったのだけど何万円もするのでさすがにこの一曲といえど手がでませんでした。
ある時、カルトGSというCDシリーズがあるのを知りもしや?と思って探してみたらあったんです!

うれしかったぁ! 迷いもなく買いました! やっと会えたって感じでしたね。

後に、甲斐さんがこの曲をカバーしていると知って おお!感性似てる!と嬉しくなりました。
どこかに試聴がないかな?と思いましたがないですね~
00:07  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.05.21 (Sat)

フェンスの向うのアメリカ/柳ジョージ&レイニーウッド

YOKOHAMA
yokohama.gif
 お気に入りのブログをお散歩していたらジョーちゃんがテーマになったレビューがあり急に聴きたくなりました。
ジョーちゃんの曲の中でも特にアルバム「YOKOHAMA」が一番のお気に入り。
その中でも「フェンスの向うのアメリカ」はめちゃイイです。
けっこう歌詞から入る人なのですがこの曲は聞いているだけで心地いい。
リズムも演奏も歌もすべてが心地よくて横浜の埠頭の景色や基地の景色が浮かんできます。
歌詞をよく聞くとけっこうセンチメンタルなんですけど。

ジョーちゃんのギターもすっごいよかったし、上綱さんのキーボード、四つ田さんのドラム、ルックスから想像できない低音の魅力の(あ~名前 ド忘れ)、なんといってもコーラスが絶品でした。
ドライブには欠かせない一枚でした。

懐かしいライブチケットの一部です。
http://youyu015.hp.infoseek.co.jp/t1979.12.18.jpg border="0">

http://youyu015.hp.infoseek.co.jp/t1980.2.21.jpg border="0">

http://youyu015.hp.infoseek.co.jp/t1980.12.22.jpg border="0">

http://youyu015.hp.infoseek.co.jp/t1981.12.19.jpg border="0">


17:17  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.05.18 (Wed)

GS I Love You/沢田研二

G.S.I LOVE YOU
G.S.I LOVE YOU
お友達のぶろぐにあった記事に反応してJUlieのアルバム「GS I Love You」を聴いたりしてました。

このアルバムには大ブレークする前の佐野元春さんの提供曲が3曲、そして佐野さんはコーラスで参加もしている。

当時は飛ぶ鳥を落とす勢いのジュリー
有名な人を起用するのではなく、無名の新人を発掘、起用して逆にブレークさせる そんな流れがあったように思う。

「いくつかの場面」の河島英五さん、「そして僕は~」を出す前の大沢誉志之さん、アンジェリーナを出したばかりの佐野元春さん、コピーライターの糸井重里さん、イラストレーターだった早川タケジさん・・・

あ、アルバムの内容に触れてなかったけど まぁいいや(笑)
22:33  |  Julie  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.05.17 (Tue)

スタジオライブ&インタヴュー/高田渡

今日届いたDVD 高田渡さんの
スタジオライブ&インタビュー

発売当初の宣伝でこのDVDのことは知っていたのだけどテレビ放送したもののDVDだったのと、ほとんど知ってる曲だったので(買わなくても)いいかな?と見送っていたものだった。

でも、手にはいらなくなってからやっぱり買っておけばよかった そう思いそうな気がして注文してしまった。

映像がとてもきれいで、ギターを弾く指がよ~く見える
歌詞のテロップも出るので買って○でした。よかった♪
00:31  |  加川良・高田渡  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.05.13 (Fri)

アフタヌーンパラダイス

アフタヌーンパラダイスって
月曜から金曜の午後3時からコミュニティFMで放送している番組名で、木曜は細坪さんと鈴木ヤスさんが交代で受け持っています。

リアルタイムでも聴いてるのだけど、今日は昨日の録音をもう一度ゆっくりと聴いていました。
今週は坪さんが小学校から高校時代くらいに聴いていたフォークソングの紹介でなかなかお勉強になりました。

*空に星があるように 荒木一郎
  坪さんにとって一番古いフォークソング
*今はもう誰も ウッディー・ウー
  これがびっくりです。 これはアリスでヒットしたけどウッディ・ウーというグループのオリジナルなんだそうです。
  調べてみたら ありました! ココ
*白いサンゴ礁 尾崎紀世彦
  これもズーニーブーでヒットだけど尾崎さんが先だとか?
*白い色は恋人の色 ベッツイ&クリス
*花のように  ベッツイ&クリス
*面影橋から 及川恒平
*生活の柄 高田渡
  渡さんとのエピソードなどをちょっと話されてました。
*赤色エレジー あがた森魚&はちみつぱい
*一本道 友部正人
  坪さんから友部さんの選曲ってなんだか嬉しい 
*受験生ブルース 高石ともや
  岡林信康、高石ともやさんのフォーク界における位置など解説。
*走れコータロー ソルティシュガー
  デビュー前に受けたコンテストでコータローさんが当時のふきのとうを気に入ってくれてユイ音楽工房からのデビューを薦めてくださるもご本人たちはプロになる気がなくお断りしたという話など。。

ふきのとうと同期デビューのアーチスト特集
*貝がらの秘密 とんぼちゃん
*夏しぐれ アルフィー
*夕暮れの街 ふきのとう
*さようなら NSP

ラストは坪さんのソロで
*君と僕のあの夏 細坪基佳

メッセージのメール しっかり読んでいただきました♪
  

23:48  |  フォーク系  |  TB(0)  |  コメント(5)  |  EDIT  |  Top↑
2005.05.12 (Thu)

遠い空/三浦和人

single_tohisoras.jpg
龍雲さんライブの飛び入りゲストに三浦和人さんが来てくれました。
お二人で村下さんの「初恋」をやったあと龍雲さんがコーラスをつけて三浦さんが「遠い空」を歌ってくださいました。
子供の頃を思い出すようなほんわか懐かしい素敵な歌です。
NHKの「みんなの歌」の曲でMIDIで試聴できるサイトが1つありました。 開くとMIDIが流れます、全画面でご覧ください。ココをクリックしてね。

サンダルを靴にはきかえて
虫かごをカバンに持ちかえて


ってとこがとっても好きです。
00:23  |  フォーク系  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.05.10 (Tue)

ルリカケス/永井龍雲

風樹
風樹
今日のリクエスト

ちょっとオサボリしていたFMリクエストを久しぶりにしました。
龍雲ライブに行ったばかりなのでそのことをちょっと書いて「ルリカケス」をリクエストしました。
ああ、ライプレポもずいぶんとオサボリしてしまってる・・・

ライブ当日がちょうど母の日だったことでもあり・・お母さんの思い出話をしてくれました。

僕の歌の原点 おふくろにフォークギターを買ってもらって おふくろが亡くなってその淋しさで歌を作るようになった・・

お母さんは目が悪く小倉の病院に入院してたことがあり、毎週子供4人を連れてお父さんが面会に連れて行ってくれたこと
帰りにお母さんがスロープの上で見送ってくれる・・
龍雲さんの視線の向うにそのお母さんの姿が見えたようでした。
しばらくの沈黙・・・ 天を見つめる龍雲さんの目・・
客席のみんなにもその情景が浮かんで・・ 涙でした。

また1週間で会えるんだけど 辛かった・・・
自分の思い通りにならないこと・・・不条理。。
その時に淋しさを覚えたような気がします。
おふくろは辛かっただろうな・・・

(淋しさ、辛さ)そういう心を僕に植えつけてもらったから今でも歌を歌っていられるような気がする・・

ルリカケス  作詞 作曲 永井龍雲


波穏やかな瀬戸内の  久慈の入り江に佇めば
あの日幼き母さんの おてんば姿が目に浮かぶ
辛いばかりが人生と あなたを見てて思ったけれど
こんな素敵な島育ち 良かったね母さん
ルリカケス ルリカケス 
泣いて心が晴れました

乙女十六 島を出て 帰ることなく天国へ
夜毎幼き子供等に 教えてくれた島言葉
いつか大人になった時 あなたと訪ねてみたかった
苦労ばかりを背負わせて ごめんね母さん
ルリカケス ルリカケス
そばにいるような気がします

明日は旅立つ名瀬の夜 唄者奏でる島唄に
思い重なる愛加那の 悲しい別れの物語
二度と逢えない切なさに 死ぬことばかり思ったけれど
こんな素敵な島の血を ありがとう母さん
ルリカケス ルリカケス
生きる勇気をありがとう

ルリカケス ルリカケス
そばにいるような気がします

00:45  |  永井龍雲  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.05.05 (Thu)

レイン/甲斐よしひろ

History Live
History Live

今日、車の中で聴いていた一枚
先日、中古で買ったKAI FIVE HISTORY LIVE。

やっぱりね、甲斐バンドのレパートリーは大森さんのギターじゃないとイヤです。
「最後の夜汽車」は絶対に大森さんのギターじゃないとイヤです。
そう思いました。

このライブアルバムの中で、久しぶりに聴いた~なつかしい! と思ったのがソロになってからのアルバムストレート・ライフ(+3)ストレート・ライフに入っていた「レイン」。
結婚してお子さんが出来て、もうせつないラブソングを書けなくなってしまった甲斐さんは横文字を並べた攻撃的なロックばかり書くようになってあまり響くこともなくなって少しずつ離れてしまってた時期でした。
甲斐バンドを解散してソロデビューした最初のアルバムだったのかな?
そんな中で「レイン」には昔の痛いラブソングの香りがあってメロディも甲斐節を感じさせて好きでした。

ひさびさに聴きました。

「ストレートライフ」 試聴 できます。
試聴できるけど「イントロだけで終わるなぁ~」と叫びたい(笑)

11:17  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.05.03 (Tue)

積木/杉田二郎・座・ジローズ

ゴールデン・ベスト
ゴールデン・ベスト
今、コミュニティFMの午後3時からアフタヌーンパラダイスという番組をやっています。
今日は火曜日で杉田二郎さんがパーソナリティ。
フォークソングスというテーマで年代を追って二郎さんが解説しながら曲を流すって感じかな?
今日は1975年の曲たちを集めていました。


で、前置きが長くなりましたが今日かかった曲の中の一曲「積木」です。
4年ほど前に教えてもらうまで全く知らない曲でした。
北山修さんの詞を読んでいると、恋人同士彼女が積み上げた積木を僕が壊しちゃう 壊れるとまた彼女が積み上げていく 簡単にいうとそんな歌。
二人で一緒に積木を積み上げられたらいいのにね。
絶対に壊れない積木だといいのにね。

後に、二郎さんと細坪さんのユニット「座・ジローズ」のCDを買って初めて聴くことができました。
その中で同じく北山さん作詞の「枯葉のなかで」もせつなくてしみました。それはまたいずれせつなくなるようなことがあったら書きたくなるかも?

「積木」は試聴サイトがいっぱいあります。

*杉田二郎さん。
*座・ジローズ
*北山修さん
18:07  |  フォーク系  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.05.02 (Mon)

高田渡さんを送る会

前にも書いたけどまた書きます。
4月28日のお別れ会は本当にたくさんのミュージシャンやお仲間が集まってお見送りをしたそうです。
渡さんゆかりのサイトやファンサイトをのぞかせてもらって様子を知ることができました。

http://www2.odn.ne.jp/rakuyou2004/okurukai1.html>高田渡さんを送る会

中川五郎さん 徒然

佐野史郎さん 日記

そして、我が
龍雲さんの月1のメッセージでも
渡さんとの思い出が語られていました。

18:24  |  加川良・高田渡  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |