03月≪ 2005年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2005.04.29 (Fri)

親父にさよなら/森本レオ

私のお宝カセットの1曲です。
オールナイトニッポンで毎晩のようにかかっていた覚えがあり、まだ森本レオさんが名古屋にいた頃なんだと思います。
その語りのやさしさに惚れました。
AMラジオから録音したものだけが残っていて未だにレコードジャケトも見たことがありません。
オークションでも見たことがないなぁ・・

ジュリーファンということはひたすら隠していた時代に好きなタレントは?と聞かれると「森本レオ」って答えてました。
ほんと、好きだったし~ まさかあんなスキャンダルが出るとは思わなかった(ショックだったなぁ)

むか~~し、1回だけ生のお姿を見たことがありました。
私が住んでいた近所や、学校の近くに撮影所が2つほどあってけっこう芸能人がその辺を歩いているような所でして、ある日駅前で向うから背がメチャクチャ高い二人の男性を発見!一人は「おおおお!森本レオさんだぁ!」もう一人も俳優さんだったのだけど誰か忘れちゃった。

テレビに出るようになって、ナレーションでも声を聞かない日はないくらい有名になって・・3枚目キャラまでするとは思わなかったけど。
そうそう、星の王子様のナレーションCDも買ってしまったんだった。

横道にそれちゃったけど「親父にさよなら」CDにならないかなぁ~


親父にさよなら(試聴)  森本レオ (作詞はわかりません)

父さん さよなら

イエスキリストの父さんと同じ職業の大工だった父さん さよなら
小学校しか出てなかったのにたくさん字を知っていた父さん さよなら
父さん いろいろなこと知ってたよね
自転車の正式な名称はチンチン自転車というのだ
と教えてくれた父さん さよなら
神経痛の薬だといって酒ばかり飲んでいた父さん さよなら
酔っ払うと普段は機嫌がいいんだけど
仕事がうまくいかないと 
母さんに茶碗や箸をぶつけてた父さん さよなら
母さんも大変だったよね
夜中にみんなが寝静まった頃 
そっと起きて壊れた茶碗を糊ではっつけてた父さん さよなら

そういえば父さん 寝ててもおならしてたよね
臭いと音の両面攻撃でみんな夜中に悩んだんだよ

お前の女房は絶対俺が見つけてやると言って
とうとう一人も見つけてくれなかった父さん さよなら
そのくせ孫の名前ばかりたくさん作って
引き出しをいっぱいにしちゃった父さん さよなら
父さん いくら俺がタフだからって そんなには無理だよ
僕が泣くと 泣くのは女の仕事だと言って 
鬼瓦のような声で怒鳴った父さん さよなら

恐い顔してたねー 僕の未来図かと想うと 
何度自殺したくなったことか
あれからだよ 父さん僕がニヒルになったのは
でも機嫌がいいと 男はでっかくならにゃいかんと言って
肩車をしてくれた父さん さよなら
でっかくなれよと言ったわりには 
母さんよりちびだった父さん さよなら

女を持つのは男の甲斐性だと言って
とうとう一人も持てなかった父さん さよなら
大きくなっても絶対にこんな所へ来るんじゃないぞと言って
競馬場でみそおでんを買ってくれた父さん さよなら

お風呂で100数えるまで出るんじゃないぞ と言って
先にぶったおれちゃった父さん さよなら

お正月になると凧の足を長く長く作ってくれた父さん さよなら
僕が泣いてせがんだら あんなに嫌いだった犬を
懐にいれて買ってきてくれた父さん さよなら

あの時の父さんの手はとってもでっかかったのに
僕がデモに行くと言った時 もう寝たきりだった父さん
布団をはねのけて 僕をつかまえて 頭ぺたぺたぺたぺた叩いたよね
あの時の父さんの手はもうちっちゃくてしわしわで
とっても悲しかった

天皇陛下の好きだった父さん さよなら
町内会長でもなかった父さん さよなら
市長でもなかった父さん さよなら
大統領でもなかった父さん さよなら
人の家ばっかり作って 
とうとう自分の家は一軒も作れなかった父さん さよなら
照れ屋で内弁慶でおっちょこちょいで
甘ったれでもう一度会いたい父さん さよなら
俺の親父だった父さん さよなら
22:27  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.28 (Thu)

遠い遠いあの野原/アグネスチャン・森山良子

日曜に買ったアグネス・チャンのアルバムをやっと聞きました。
フォークソングのナンバーをと言って歌った「遠い遠いあの野原」という曲 初めて聴きました。
作詞松山猛 作曲加藤和彦 となっている。
松山さんと言えば「イムジン河」で知ったお名前。
まだ一度も聴いたことがない歌でした。
どうして今まで知らなかったんだろうと?ちょと悔しい。
知らなかったの私だけ?

オリジナルは誰なんだろうと調べてみたら森山良子さんみたいでした。
森山良子さんの試聴も見つかりました。

00:12  |  フォーク系  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.24 (Sun)

ニュー・フォーク大百科事典

img1657[1].jpg今日買った一枚 2

もう一枚東芝から発売になっていた3枚組みのオムニバスLPです。
レコード会社のカラーってあるもんだなぁと頷いてしまうラインナップですね。
聴いたことはあるしメジャーな曲の勢ぞろいだけど自分からは進んで聴いてこなかった分野かもしれません。

この胸に         (はしだのりひことクライマックス)
虹と雪のバラード     (トワ・エ・モワ)
あの素晴しい愛をもう一度 (加藤和彦と北山修)
忘れていた朝       (赤い鳥)
戦争を知らない子供たち  (ジローズ)
竹田の子守唄       (赤い鳥)
ふたりだけの旅      (はしだのりひことクライマックス)
涙は明日に        (ジローズ)
河            (赤い鳥)
不思議な日        (加藤和彦)
ピエロの恋        (北山修)
初恋の人に似ている    (トワ・エ・モワ)
青春のわかれ道      (ジローズ)
知床旅情         (シュリークス)

家をつくるなら      (加藤和彦)
愛の泉          (トワ・エ・モワ)
忘れられないの      (はしだのりひことクライマックス)
誰もいない海       (トワ・エ・モワ)
愛とあなたのために    (ジローズ)
言葉にならない言葉    (赤い鳥)
白い色は恋人の色     (キタヤマ・オ・サム)
花嫁           (はしだのりひことクライマックス)
翼をください       (赤い鳥)
空よ           (トワ・エ・モワ)
白い鳥にのって      (はしだのりひことシューベルツ)
春は静かに通り過ぎてゆく (ロック・キャンディーズ)
おはなし         (キャッスル・アンド・ゲイツ)
或る日突然        (トワ・エ・モワ)

風            (はしだのりひことシューベルツ)
希望           (フォー・セインツ)
若者たち         (黒沢久雄)
小さな日記        (フォー・セインツ)
ほんとだよ        (遠藤賢司)
夜が明けたら       (浅川マキ)
悲しくてやりきれない   (ザ・フォーク・クルセダーズ)
帰ってきたヨッパライ   (ザ・フォーク・クルセダーズ)
この広い野原いっぱい   (トワ・エ・モワ)
星に祈りを        (黒沢久雄)
海は恋してる       (ザ・リガニーズ)
戦争は知らない      (ザ・フォーク・クルセダーズ)
からっぽの世界      (ジャックス)
青年は荒野をめざす    (ザ・フォーク・クルセダーズ)

18:57  |  フォーク系  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.24 (Sun)

アグネス・チャン フラワーコンサート

agunes[1]s.jpg今日買ったレコード
リサイクルショップに行ったので中古レコード採集をしました。

アグネス・チャンのアルバムの中に「サークルゲーム」を発見!
「初恋」も入ってる!
「サークルゲーム」は本当はオリジナルのバフィーセントメリーで聴きたいのだけどなかなか音源が見つからなくて。

アグネスの「初恋」は短大時代の仲良しがとっても好きで聴いて~と言ってレコードを貸してくれた思い出がある。
うん、すごくいいの! なのにカセットに残ってなくて・・・
この2曲が聴きたくて買いました。
アルバム200円 って書いてあったのにレジに持って行ったら400円だった。
レジに打ち込んじゃったし400円ならいらないとも言えず・・ま、いっかぁ・・(笑)
それに帰り道によ~く見たらライブアルバムだった。

まだ聴いてないけど・・
18:27  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.22 (Fri)

春秋暑寒/下條アトム

atomu[1].jpg(試聴

昨日届いたもう一枚のドーナツ盤。
私のお宝カセットの中の1曲です。
何故お宝かといえば全部ラジオからの録音で、大好きな歌なのに絶対にレコードでは手に入らない貴重品だと思っていたからなんですが・・

他には森本レオ「親父にさよなら」、岡林信康「田舎娘月明かりの欲情」←なんというタイトルだ!「サーカスの唄」、拓郎「準ちゃん」(これは深夜放送のラジオの生歌なんだろうか?音源もわからない)
内藤洋子の「白馬のルンナ」もついこの前までお宝だったのだけどなんとレコード音源をいただくことができました。

で、「春秋暑寒」は下條アトムさんの作詞 多分深夜放送から録音したんだと思うけどその記憶もあいまいです。
カセットがダメになる前にCDにしておこうとファイル作りを始めた時にもしや?とオークションをのぞいてみたらあったのでびっくり!
それも100円で!
セルこともなくすんなり落札で送料と送金手数料の方が高くついたくらい。
嬉しかったぁ! メルヘンチックなジャケットとも初対面でした。


21:09  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.21 (Thu)

あなたがいれば/上條恒彦

]s.jpg2s.jpg学生時代に好きな歌の歌詞をノートに書きとめていた。
今も手元にあるのだけどこの歌の歌詞も大切に書いてある。
ほとんどは好きな歌だからカセットにも残してあるのにこの曲は見つからなくて・・・間違えて消してしまったのか?とにかく聴くことができなかった。
CDで発売はされているようだったけどこの1曲のためにアルバムを買うかどうか?で踏み切れないでいた。

先日、偶然にオークションでこのレコードを見つけた。
迷わず入札 300円だった。そして今日届いた。
やっとやっとこの歌と30年ぶりに再会できた。
(画像はオークション出品のもの)

あなたがいれば試聴)  
    
空と海とあなたがいれば
ただそれだけで何もいらない
甘い言葉をささやき
私によりそうあなたではなく
私をそっとみつめてくれる
あなたがいれば私はやすらぐ
ただそれだけで

あたたかいコーヒーとあなたばあれば
ただそれだけで何もいらない
私とコーヒーをのみながら
私によりそうあなたではなく
遠くにいても愛してくれる
あたながいれば私はやすらぐ
ただそれだけで

あなたがいれば私はやすらぐ
ただそれだけで

   作詞・作曲山下一彦 歌上條恒彦


22:44  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.20 (Wed)

夕暮れ/高田渡

まだまだどっぷり渡さんです。
歌唱力という観点で聴いたらきっと歌が上手いとはいえないんだろうと思います。
歌い上げたような歌唱ってほとんどないし、つぶやくように歌っている。
にもかかわらず歌詞がはっきりと聞き取れる。
まるで朗読を聴いているように。。。
一語一語がじわ~っと入ってくる。
歌唱力ではなく説得力かな? 

テレビの録画を見ていても、ライブの光景を思い出しても、このライブ盤CDの音源を聴いていても
1曲歌い終わると必ず「どうもありがとう」って言うのね。

聞き込んでいくほどに生きているうちにもっと聴いておくんだった、ライブに行っておくんだったって悔やまれてきました。

ビデオを見直していたらBSフォークソング大集合でも歌っていました。「夕暮れ」しみじみ しみじみ いいです・・・


「夕暮れ」 (試聴はこちら)



13:27  |  加川良・高田渡  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.19 (Tue)

高田渡Best Live

ベストライヴ
ベストライヴ
今日の一枚です。

試聴はこちら

やはり今日も渡さんを聴いてしまいました。


00:20  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.17 (Sun)

高田渡さん

1999年3月に苗場冬のフォークジャンボリーというイベントに行った。目的は龍雲さんだったのだけどこうせつさんも正やんも一緒に楽しめるとってもラッキーなコンサートでその時に初めて渡さんのライブとご対面。ほとんど前知識がないまま一気に引きずり込まれてしまった。その時の持ち時間は一人20分。でも30分はやったかな?「マイクをとってしまえばこっちのもん」なんて言っちゃって(笑)
あまりのおかしさ(?)に絶対にまた見たい!って思った。
衝撃の出会いだったかも?
あ、歌もね・・「スキンシップブルース」も衝撃だった(笑)

先日もちょとコメントに書いてしまった密かな自慢話。
その時に、龍雲さんにスタッフを通して一升瓶の「八海山」を差し入れた。
コンサートの終盤、全員がステージに揃った時にこうせつさんが「龍雲がもらったお酒を渡ちゃんが飲んでいた・・・」って言ったの。
龍雲さんも「半分なくなってた・・」と発言
渡さん 渡節で怒って「冗談じゃないよ 半分も飲んでない いい加減なこと言うんじゃないよ」ってね・・

差し入れのお酒、直接渡せなかったけどちゃんと届いているのも嬉しかったしそれをネタに話をしてもらったのも嬉しかったしそれを飲んでくれたのも嬉しかった!
飲んでる方はもちろんこっちのことは知るはずもないのだけど。

その年の8月にフォークディズの公開録画「フォーク夏の陣」というジョイントライブに渡さんが出演するのを知って帰省の日とバッチリ合ったのですぐにチケットを買った。
その日、早めに会場のそばまで行ったら休憩に出てきた渡さんにバッタリ!
でも、声もかけられずに「あ~~渡さんだぁ・・」と見てるだけだった。
その時も休憩時間に飲みに行ってたらしい。
大塚まさじさんが歌った後で飲もうと思って冷やしていたビールをまさじさんが歌っている間に飲んでしまったとまさじさんががっかりしていた。

ライブを見られたのは結局この2回だけだった。
ソロライブに行ってみたいと思っていたのにもう叶わなくなってしまった。

酔いつぶれて路上で寝ていたら死体と間違われたとか・・・まことしやかに死亡説が流れてその時にレコードセールスが一気に上がったとか聞いたけど、本当にセールスが上がるかもしれないことになってしまった。
冗談は冗談だけにしておいて欲しかったなぁ。
「タカダワタル的」映画を見ることができなかったのでDVDを買ってしまいそう。

今日はETVのビデオを見てた。ステージで寝ちゃったよ・・・

20:43  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.15 (Fri)

桜/河口恭吾

桜
今日はどうしても桜(映像あり)です。

ずっと封印していたこの歌 また解禁です。

また笑える日がきたみたいです。

やっと春です!
まだ桜は咲かないけどそろそろ蕾になったかな?
満開の桜の下で笑顔で歩きたいものです。
22:34  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.14 (Thu)

嵐の金曜日/ハウンドドッグ

今日はこれという一曲がないのだけど・・ぬかるみの鶴瓶さんのオンデマンド放送を聴いてた。
でも、音楽は作業しながらでも聴けるけどトークだけってちょっと頭を使ったとたんに飛んでしまって・・

オンデマンド放送 月500円を払う気にならずに無料で流れた初回と最後だけを聴くことができました。

で、全然別件だけど。。。

長いことこんなことしていると(ミーハー生活とでもいいましょうか)けっこう多くのアーチストのデビューシーンに巡りあったりしています。
ひろみもヒデキもデビューステージは日劇ウエスタンカーニバルだったのでしっかり拝見しました。あ、伊丹幸雄くんも。ドリフに入る前の志村けんも・・・ほかにもいるけど・・・おっと話がそれた。

一番衝撃的だったのはハウンドドッグでした。
1979年12月、内田裕也氏の「Rock'n Roll BAKA」というコンサートにデビュー前のハウンドドッグが出ました。(東京でのデビューステージが武道館というのもラッキーだね)
客席で彼らを知ってる人は彼らを見に来た人以外はいなかったと思います。
こちらは目的は一人だけだったのでその人の出番までは本音を言えばタイクツな時間を過ごすことになるわけです。(ごめんなさい)

それがハウンドドッグは出てきて演り始めるやいなや武道館を掴みました。
思わず立ち上がって手拍子を打たずにいられないほどのパワーがありました。なんなんだ? 誰なんだ! って感じでした。
曲は多分、「Welcome To The Rock'n Roll Show」だったと思います。

今ほどスタンディングが当たり前の時代ではなく、むしろロックコンサートでも警備の関係で座らされていた方が普通だったのです。
その状態でデビュー前の新人バンドが武道館にいる自分のファンでない客を掴んだのです。
びっくりしました!

そして翌年の1980年3月に「嵐の金曜日」(試聴可)でデビューすることになるわけです。

あ~今日は「嵐の金曜日」にしてもよかったかも?
書いているうちに聴きたくなった(笑)
00:52  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.12 (Tue)

君に捧げるラブソング/岡林信康

GOOD EVENING
GOOD EVENING
ある掲示板の前でたたずんでしまった。
もう、ここへは来ちゃいけないのだけど時々こっそり検索をたどって来てしまう。
「何があったの?」ときくこともできず、「話したら楽になるかも?」と言ってあげることもできず、きっとそんなことを言ったらまた重いドアをピシャリと閉めてしまうでしょうね。


もうその人には必要がなくなってしまった私にできることといったら・・・
遠くから風向きが変わることをそっと祈ることだけ。

じ~っとそこにある文字を見つめていたらす~っと私の中に流れてきたメロディは
「君に捧げるラブソング」


君に捧げるラブソング  岡林信康

悲しみにうなだれる 君を前にして
そうさ何も出来ないで いるのがとてもつらい
せめて君の為に歌を書きたいけど
もどかしい想いはうまく歌にならない
今 書きとめたい歌
君に捧げるラブソング

君の痛みの深さは わかるはずもない
何か二人遠くなる 目の前にいるというのに
そうさ僕は僕 君になれはしない
ひとり闘うのをただ見つめているだけ
今 書きとめたい歌
君に捧げるラブソング


3番もあるのだけど・・・
それはあてはまらないみたい・・
13:13  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.11 (Mon)

50ごおまる/加川良

今日、良さんのビデオ「50ごおまる プライベート」が届いた。
それで今日の1本!(笑)

めちゃくちゃかっこよかったのがバンドTE-CHIRIをバックにボーカリストとして歌う良さん!
ギターの弾き語りもめちゃくちゃかっこいいけど、ギターを置いてボーカルとダンスに専念の良さんはほんとかっこいい!!
これはもうロックシンガーです!
そういえば良さんは元々はGS出身と言っておられたけどいったいどこのグループにいたのでしょう?
21:48  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.09 (Sat)

風が違う/細坪基佳

crosss.jpg今日のリクエスト

←試聴できます

昨日からコミュニティFMで細坪さんと鈴木やっさんの新しい番組が始まった。なんと午後に生放送で2時間!!


というわけで、昨日は坪さんとやっさんのアルバム「4月になれば僕らは」からリクエスト。今日は昨日に続いて坪さんの「風が違う」をリクエスト。あ!その番組にではなく地元コミュニティのレギュラー番組にリクエストですけど。

当地コミュニティFMはリクエストすればたいていはかかります。
リクエストが足りないとパーソナリティのセルフリクエストだったりもする(笑)
普通のラジオじゃこのようなアルバムの曲なんて滅多にかかりませんよね~
メジャーな曲がなくてもめちゃマニアックな曲がかかったりします。
リスナーが持ち込みリクエストするんですよ。
私も龍雲、ふきのとう、坪さんのアルバムを持って行きましたワ(笑)
リクエストした「風が違う」は私が持ち込んだMDです。
自分のコンポで聞くのとラジオから流れるのとは気分が違うのよね~


01:49  |  フォーク系  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.07 (Thu)

4月の雪/沢田研二

JULIEVIII JEWEL JULIE
JULIEVIII JEWEL JULIE
4月になって雪が降ると必ずリクエストする曲。でも、もう雪は降りそうもない?かも?
沢田研二作詞作曲です。例えばふきのとうなら「水車」のような龍雲なら「素面酒」のような・・
メロディは単調でその繰り返しばかりなんだけどゴチャゴチャしないシンプルなのがすごくいい。
名曲だと思う。 こういう隠れた名曲がアルバムに潜んでいるのってちょっと宝物をひとりじめしているような気分です。
沢田研二はどこにも試聴サイトがなくてざんねん!
聴く人もいないだろうなぁと思うとこっそりまでする気起こらないなぁ(笑)


4月だというのに 風が冷たい夜
君は部屋のすみで 話す言葉もなくて
窓の外を見たら 雪が降ってた
16:51  |  Julie  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.06 (Wed)

エイトマン/克美しげる

ABCA-1003s.jpg←クリックすると試聴できます。他にもいっぱいあるよ~(笑)

最近、テレビから懐かしい歌声が。。
SMAPが歌っている光のCM!
でも、元気ないなぁ~ 

やっぱり エイト! エイト! エイト!エイト!エイト!♪ だよね!
このCMが流れると一緒に歌ってしまいCMが終わっても歌ってます。
アニメはあんまり見ないのだけど「エイトマン」「スーパージェッター」「少年ケニヤ」は歌える。あ、あと「キングコング」も。
ああ バレバレ(笑)

ひかるぅ~うみ! ひかる おーぞら! ひぃかーるだいち~
ゆーこお むげーんの ちっへいいせ~ん!
はしれ エイトマーン たまよりもはーやく
さぁけべ むねをはれ! こうてーつのむねを!
エイト エイト エイトエイトエイト!!
22:45  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.05 (Tue)

子守唄をうたえない父親達のために/加川良ほか

アウト・オブ・マインド
アウト・オブ・マインド
今日届いたCD

加川良さんのMDを毎度のこと聴いていたら、いきなり高田渡さんの歌声が聞えてきた?ん? ワンコーラス渡さん、2コーラス目はどなた?
お父さん達がこの子守唄をサビでは合唱してる。後ろでは赤ちゃんの泣き声や笑い声が聞えてくる なんともほのぼのいい~~感じの曲でね~~ね~聴いて聴いて!と人を呼び止めて聞いてもらいたい(聞かせたい)そんな歌です~

で、どうしてもCDが欲しくなってしまって注文してしまった。
今朝、それが届きやっとライナーも読むことができました。

「子守唄をうたえない親父達のために」は、これまでの加川良には見られなかったような、ファミリアルな優しい作品だ。
加川良の親しい友人達、高田渡、中川五郎、村上律、中川イサトがワンコーラスずつ順番に唄い継いでいくが、何故か加川良自身は参加していない。蛇足になるが、途中に聞える赤ん坊の泣き声は、高田渡の息子・漣クンの声だ


そうだったんだぁ・・・ 良さんは歌ってなかったんだぁ・・
中川五郎さんの声を聴いたら「25年目のおっぱい」が浮かんでおっぱいをとられちゃった自分のお子さんに子守唄を唄っているのかな?って思ったし「自衛隊に入ろう」とか過激に唄っていた渡さんがめちゃくちゃやさしい歌声で子守唄を歌っているのもすっごく素敵で、もう完全にノックアウトです。

子守唄を張り上げて唄う人はいないからね、ほんとやさしくってほのぼのあったかくなっておまけに涙まで出てきちゃった。
悲しくない涙っていいよね~

私もだれかのゆりかごになって子守唄を唄ってあげたい そんな気持ちになりました。
是非、是非 聴いてみてね こっそり ココ からどうぞ

12:44  |  加川良・高田渡  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.04 (Mon)

4年目の秋/浜田省吾

君が人生の時・・・
君が人生の時・・・
みゆきさんが来てくださったので浜省が聴きたくなった(笑)
浜省の歌を最初に聴いたのはやっぱり「風を感じて」で、アルバムはレンタルで6枚借りてカセットに残してあります。(買ってないごめん)
けっこう聴きこんだと思います。聴き始めたらみんな甦ったもの。
疾走感が心地よかったのを覚えています。
ただ、心境とはあまりフィットしなかったからか(そうよね~陽のあたる場所とか。。ちょっと縁のない話だし・・)それほどハマルことはなかったんですよね。
ちょうど甲斐さんに夢中の頃かもしれない。
そうそう、甲斐さんのサウンドストリートに烏丸せつ子さんがゲストで出ると「ウォウ ウォウ イェイ イェイ~♪」は浜省の代名詞でしたっけ?
たった1回だけど招待券で新宿厚生年金会館のコンサートに行きました。

浜省でいちば~ん好きなのは♪4年目の秋
ジュリーファンの親友がちょうどアパートひとり暮らしを始めて、その光景とこの歌が妙にマッチしてこの歌を聴くと彼女を思い出す。
元気なんだけどどこか淋しげで男にはもてた!
彼女とは同い年で、ずっと一緒にジュリーのファンでいながら二人一緒に甲斐にはまり、同じ日付けで最初に勤めていた会社を辞めて北海道のツアーに行ったりした。
最近は住む所も離れてしまいジュリーに行くことも滅多になくなり会う機会もなくなってしまったけど。

   4年目の秋   浜田省吾

19の時きみ家を出てから この町ひとりアパート暮らし
7時に目覚まし時計とめて コーヒーだけの朝食すませ
今日は何を着ていこうかしら 毎朝迷う鏡の前
でも迷うほどハンガーケースの中 洋服並んでいるわけじゃない

電車の扉に押しつけられて 朝日の中をきみはひとり
土曜の夜テーブル越しに 声かけられる見知らぬ人に
でも寂しさ投げ出せるような 少女の頃はもう遠い日々

本当の愛 見つけるその日まで 夜更けの町で君はひとり・・・

20:26  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.03 (Sun)

忘れかけた子守唄/ザ・タイガース

ヒューマン・ルネッサンス
ヒューマン・ルネッサンス
昨夜、ある方にチャットメインで「ジョニー 子守唄 兵士・・・が出てくる歌を知りませんか?」と聞かれて「タイガースの忘れかけた子守唄」とすぐにピン!
普通の人だとアリスの「ジョニーへの子守唄」となるところなんでしょうが・・・(笑)

ちょと口ずさんでみると間違いなさそうで今朝からこの曲が入っているヒューマンルネッサンスのアルバムをひっぱり出してきました。

久しぶりに聴いたけどやっぱいいなぁ~~
当時はまだまだ歌が下手だと言われていたけど今聴いても全然そんなことない。
こんなに上手かったっけ? もちろんこれからもっともっと上手くなっていくのだけど。

今聴いても全然色褪せてない、今だからこそもっと多くの人に聴いてもらいたい そんなアルバムです。
11:57  |  THE TIGERS  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.02 (Sat)

風/コブクロ


風
3月の末から4月にかけてそして、桜を見るとこの曲が流れてきて哀しくなります。
もう一度あの日をやりなおせたらって思う。
そうしたらもっともっと優しい気持ちになって同じ日を過ごせるかもしれないってそう思う。
自分だけが哀しいんじゃなくて同じ哀しみを分け合えたら哀しみも幸せに変えることができたのかもしれない。

もう届かないね・・・・

でも、本当は「風」よりも「桜」のほうがもっと哀しいかもしれません。
また笑わせてほしい・・・・そんな日はもうこない・・

こみ上げる想いは 誰に届くのだろう
指先をつないで歩いた あなたにはもう届かない

舞い上がる花びらに吹かれて あなたと見た春を探す
小さなつむじ風鳴いている
この風はあなたですか? 次の春も吹きますか?
16:13  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.04.01 (Fri)

走り去るロマン/タケカワユキヒデ

roman.jpg←クリックしてね
タケカワユキヒデさんといえばゴダイゴが真っ先にうかぶかもしれませんがこのアルバムはゴダイゴになる前のソロデビューアルバムです。

アルバムの紹介は画像をクリックしていただくとご本人のサイトでタケカワさんご自身がされているので興味があったらそちらをご覧ください。

今日は某Nさんぶろぐのテーマだったジョー山中さんつながりで(かなり飛躍したかも?)ロックフェス→ジュリーロックンツアーへと思い出をたどりタケカワさんに行きついたしだい。

1975年のJulieロックンツアーでは井上バンド+ミッキー吉野グループのWバンドが合体してバックを勤めました。なんと豪華!!
レパートリーの中にタケカワさんの「Night Time」という曲があったのがきっかけでこのアルバムを聴くことになりました。

ミッキー吉野グループにボーカルとしてタケカワさんが加入してゴダイゴになるわけです。

全曲英語の歌詞だけど聴いていてなんとも心地いい。
重くもなく軽くもなく肩が凝らず、といって右から左へ流れていかない。

けっこう思い出しては何年も聞き続けたアルバムでPCでCD-Rが焼けるようになってすぐにレコードからCD-Rに焼いたアルバムです。
実はCDが発売になっていたのを知らずにすでに廃盤 くやしい(笑)

今日は久々にCD-Rで聴いていました。
18:40  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |