2005.03.30 (Wed)

オムニバス/源流-はじまり-a voice from nakatsue village

genryuuas.jpg
M氏に今度すごいの書きますから~と予告したのがこれなんですけど・・
よく考えてみれば私には“すごい!”でも、他の方には全然すごくないかもしれなかったです。
どこが私にすごいかと言うと・・・

このアルバムはネットを始めてすぐに「永井龍雲」で検索していて見つけたものでこんなアルバムが出ていることを知らなかったのです。
中津江のコンサートに出演しているのはファンクラブの会報で知ってはいたし、そのレポや写真も見たことはあったのですが。で、すぐに注文しました。
その頃は他の出演者の方は名前くらいなら知っている方もいましたけど聴いたこともほとんどなかったと思います。

今、ここに連なっている名前を見て、加川良、大塚まさじ、友部正人、下田逸郎の名前と共に永井龍雲があることがとても誇らしく思えるのです。
世代から言ったらひと世代下、フォークの世界では大先輩と同じステージに立っていたわけですね~(感慨もひとしお)
 *参考 中津江ミュージックフェスティバルの歴史はココをクリック
下田マニアの方にこのアルバムをお知らせしたら「中津江村の赤い橋」はオリジナルアルバムにも収録されていないココだけの曲だとか?

いいなぁと思うのは加川良さんが「教訓1」ではなく、友部正人さんが「一本道」ではなく、永井龍雲さんが「道標ない旅」でない選曲だということ。
良さんの「こがらしえれじい」は10:30の大作!

「プカプカ」は入ってますが良さんも加わってのセッションです!

西岡恭蔵さんは「KYOZO&BUN」で出演されているのですね?
BUNさんって? 

この中津江村もこのたびの市町村合併でなくなってしまうとか?
ワールドカップのニュースの時は話題になった村だけどミュージックフェスティバルのことはほとんど話題になっていなかったのがちょと淋しかったです。

ついでですが、このアルバムとは関係ないけど、7~8年ほど前に龍雲さんが司会していた「フォーク喫茶」という福岡ローカルの番組に西岡恭蔵さんと大塚まさじさんがゲスト出演されました。
ゲストと1曲セッションするのですが、そこに飛び入りで良さんがハーモニカで参加してくれました。(良さんがゲストの時は「胸にあふれるこの想い」をセッション)
永井龍雲、大塚まさじ、西岡恭蔵、加川良のセッションの「プカプカ」です! う~~ん すごい!(って思うのは私だけ???)

1 永井龍雲・スピリッツ/スローダウン 4:58
  作詞作曲:永井龍雲 1989
  ハーモニカ:木原慶吾、EG:安田健一、Dr:相良秦晶、EB:境保博、Key:竜郁子
2 バサラカバンバ(HARU)/いつか・・・心 4:31
  作詞作曲:おおがたみずお 1991
  VO:おおがたみずお、Fl:赤兵衛、Per:ミッキー盛迫

3 永井龍雲・バサラカバンバ/想い 4:23
  作詞作曲:永井龍雲 1991
  Fl:赤兵衛、Per:ミッキー盛迫

4 桑名晴子/火の華 4:58
  作詞作曲:桑名晴子 1990

5 下田逸郎/中津江村の赤い橋 2:58
  作詞作曲:下田逸郎 1987

6 下田逸郎・桑名晴子/タバコ 4:33
  作詞作曲:下田逸郎 1989

7 友部正人・ウィズバンド/水門 7:27
  作詞作曲:友部正人 1989
  EG:藤沼伸一、EB:寺岡信芳、Dr:小林高男

8 友部正人・ウィズバンド/古い切符 5:48
  作詞作曲:友部正人 1989
  EG:藤沼伸一、EB:寺岡信芳、Dr:小林高男

9 マンドリンブラザース・桑名晴子/行こうぜジャングル 4:58
  作詞作曲:大庭珍太 1991
  EB:大庭(珍太)晶浩、EG:長田(TACO)和承、Per:ANNSAN

10 マンドリンブラザース/ジ・エンターテナー 1:58
  作詞作曲:スコット・ジョップリン 1991
  マンドリン:大庭(珍太)晶浩、マンドリン:長田(TACO)和承

11 加川良/こがらしえれじい 10:30
  作詞:福田善之 作曲:西岡たかし 1987
  EG:村上律、Dr:古沢良治郎

12 KYOZO & BUN・大塚まさじ・加川良/プカプカ 4:57
  作詞作曲:西岡恭蔵 1988
  VO:西岡恭蔵、EB:岡島善文、Per:ANNSAN

13 KYOZO & BUN・大塚まさじ・加川良/リ・ウィンドーのテーマ 6:07
  作詞作曲:西岡恭蔵 1988
  VO:西岡恭蔵、EB:岡島善文、Per:ANNSAN
15:46  |  フォーク系  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.29 (Tue)

琉球ムーン/国仲涼子  

今日買ったCD
琉球ムーン
琉球ムーン
Steel Wheels
Steel Wheels
History Live
History Live
エゴイスト
エゴイスト







TSUTAYAに用事で出かけたらなんと中古のさらに処分品コーナーがありました。
でもたいていこういうのって探したところで私が欲しいと思うようなのはないんだけど値段に釣られてちょと見てみました。
なんとアルバム105円 シングル52円!!! 

ちゅらさん2のエンディングテーマ「「琉球ムーン」見っけ♪ 
これ着メロに使ってるし。。。
ちゅらさんも好きだったし・・ 52円! やった!

それに! 甲斐さんがあるじゃん!
甲斐バンドが解散してからはほとんどノーチェックで何枚も持っていないので即買い!
ストーンズまでありました。びっくり(笑)

今日は得した気分でした。
16:00  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(7)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.28 (Mon)

月の祭り/加川良

KUROちゃんをうたう
KUROちゃんをうたう
今日の一曲、加川良さんの「月の祭り」が入っているアルバムが「KUROちゃんをうたう」です。

このアルバムはまだ聴いたことがないんです 実は。
良さんの部分の音源だけいただきました。
しっとりしてなんとも言えずしみじみします。


   月の祭り   作詞KURO&大塚まさじ 作曲西岡恭蔵

月はみちて のぼり 星はかがやきだす
人はつどいながら やさしく生きる
やさしく生きる
長い時をぬけて 会えるその日がきた
人も森も海も ほほえみあって
ほほえみあって
よろこびの夜 月の祭り

昔 インディアンは花と遊びながら
光る命の意味 花に学んだ
花に学んだ
俺とこの星との歌が歌えるまで
夢はみちてひいて くりかえすだろう
くりかえすだろう
約束の夜 月の祭り

月はみちて のぼり 星はかがやきだす
人はつどいながら やさしく生きる
やさしく生きる
やさしく生きる

01:32  |  フォーク系  |  TB(0)  |  コメント(5)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.27 (Sun)

時は過ぎて/ディランⅡLast Concert

05s.jpg
今日の一枚です。
●曲目:ガムをかんで/子供達の朝/茶色い帽子/時は過ぎて/君住む街/プカプカ/淋しがりや/その気になれば/悲しみのセールスマン/こんな月夜には/サーカスにはピエロが

チャットで聴かせてもらった「時は過ぎて」がとても印象に残って
オリジナルも聞かせてもらいました。

前に書いた「昨日の思い出に別れをつげるんだもの」と同じように
強烈なインパクトはないんだけどなんだか落ち着けるやさしい歌声でした。
大塚まさじさんのボーカルが今と違って素直な(?)歌い方なんですね。
こっちのほうがすきだなぁ・・
どうして変えちゃったんでしょう?
01:02  |  フォーク系  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.25 (Fri)

栄光の架け橋/ゆず&(○○小学校卒業生)

栄光の架橋
栄光の架橋
今日は次男の小学校の卒業式でした。
卒業というのに外は吹雪にも近い雪で、昨日はあんなに晴れていたのに。

式次第はお決まりですが、一通り終わったところで「お別れのことば」。
最近の卒業式は在校生送辞も卒業生答辞もありません。
在校生と、卒業生全員で思い出や希望を感謝を言葉のかけあいで表します。
途中に合唱したりするのですが、1曲目は「今日の日はさようなら」を全員で。伴奏は音楽クラブの子供達ですがとってもしっかりしたものでした。
「今日の日はさようなら」は私が中学校の時に卒業生を送る会で合唱した歌です。まさに森山良子さんがリアルタイムで歌っていたその時でした。(ふる~~)
当時は卒業式には「仰げば尊し」が当たり前の時でそれ以外を歌う
などということは考えられない時代でしたけど変わったものですね。

後半には卒業生全員でゆずの「栄光の架け橋」を歌いました。
オリンピックで毎日のように流れていたにもかかわらずその歌詞をちゃんと聴いたのは初めてのような気がします。

いいね~~ すっごくいいね~

歌いながら泣き出してしまう女の子がいて、担任の先生も泣いてるし
ほとんどもらい泣き状態でぐすんぐすんしていました。

最後は全員で校歌。
作詞が谷川俊太郎さんなんです。

だれも知らない 明日へと 今日もみんなで問いかける
夢はひろがる かぎりなく 心にひめた 北の星
もとめて生きるわたしたち
ああ ○○小学校


まだ22年目の新しい学校なので歌詞も昔の校歌っぽくなくて素敵です♪

17:29  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.23 (Wed)

いくつかの場面/沢田研二

先日書いたのはアルバムタイトル「いくつかの場面」でしたが今日は曲の「いくつかの場面」です。
作詞・作曲河島英伍さんによるJulieへの書下ろしです。
えいごさんの「ご」は「伍」で記されています。
でも一般的には「五」ですよね? そのへんわかる方がいらしたら教えてください。

私は(たぶん多くのJulieファンは)この曲は河島さんがJulie自身のことを
書いた歌だと思っていました。
あまりに内容がJulieそのものだったから・・・
(ずっと後になってこの歌は英五さん自身のことを書いたものだと知りました。)

歌っているJulieも自分と重ね合わせて(当時は自分そのものとして歌っているのだと思っていました。)歌っていました。
コンサートではほとんどラストあたり、もしくはアンコールで最高潮に盛り上がったあたりでしっとりと歌い、時に涙しました。

野次と罵声の中で司会者に呼び戻された
苦い思い出のある町


ここの詞は、歌謡界ではロックと言われロックフェスに出れば歌謡曲を歌うヤツと帰れコールされたことが浮かんできます・・
でも、実際はこの部分は英五さん自身の実際にあったエピソードだと
後から知りました。

いくつかの場面があった 瞼を閉じれば
いつも何かが歌うことをささえ 歌うことが何かをささえた

瞼を閉じれば数々の思い出が胸を熱くよぎる
そしていつも心を離れない幾人かの人たちがいた
出来るならもう一度 僕のまわりに集まってきて
やさしく肩たたきあい 抱きしめてほしい


もしかしたら歌うことを仕事にしている人たちの
誰が歌ってもこの歌は心を打つのかもしれませんね。

このレコーディングの時、1takeは最後のあたりで泣き声になってしまいNG
また録りなおしてからその夜にヨーロッパの仕事へと旅立ったそうです。
帰国して出来上がったアルバムには泣き声のほうのtakeが収録されていたそうです。
そう、今目の前にあるCDから(当時はもちろんレコード)流れてくる歌声です。


07:33  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.22 (Tue)

プレイヤーズ王国

今日は一日バタバタと、用事で出かけたり帰ったと思うとまた用事を
頼まれたりでゆっくりと仕事しながら一枚聴いていることが出来なか
ったのですが、お友達が投稿しているプレイヤーズ王国から新曲UP
のお知らせが来たので聴いてました。

知らないうちに知り合いがいつのまにか投稿していたりしてびっくり!
最近、はやりのようです。
22:22  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.22 (Tue)

AFTER MATH/沢田研二

AFTER MATH
AFTER MATH
モノはついででJulieのバラードベストです。
でも廃盤なんですよね・・
Amaz0nさんのジャケ写UPもないし・・・
ヒット曲しか知らない人には派手だけじゃないボーカリストとしてのJulieも聴いてほしいなって思うようなそんな一枚です。
いわゆるヒット曲、シングル盤のべスト盤は買ってこなかったのですがこのバラードベストは欲しいと思って買いました。
チャート的にも絶頂期を過ぎて井上バンドを離れcocoloを結成していた頃の何枚かのアルバムからのバラードチョイスでした。
ほとんどがライブで好評だった曲だったのではないかと思います。

地味な中で有名どころではユーミンの「静かなまぼろし」BOROの「やさしく愛して」くらいかな?
もちろんカバーじゃなくて書き下ろしですよ~
後にセルフカバーしてるのだと思いますが、その方が有名だったりして?

00:45  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.20 (Sun)

TRUE BLUE/沢田研二

1988年のシングルで、作詞加川良 作曲チト河内 です。
同名アルバムの1曲目にも収録されています。
このシングル盤を買いそびれているのが今となってはとても残念です。
オークションでも滅多に出ることがなく出てもかなり高額で落としそこねました。
ピークを過ぎてヒットチャートになかなか登場しなくなってからは発売
枚数もあまり多くないみたいです。

♪TRUE BLUE♪  作詞加川良 作曲チト河内

TRUE BLUE BLUE TRUE LOVE
この空の色が僕の 君とまもる あいの色
心が流れつくのは 風の中の木影
子供達は踊る 花になれ
水を運ぶ女の 夢になれ
こぼれる想いをあつめて 君の髪にかざろう

悲しみはつよく抱いて ほほ寄せてとけるまで
よろこびは静かな祈り 君に贈る たったひとつの言葉

子供達は踊る 花になれ
水を運ぶ女の 夢になれ
こぼれる想いをあつめて 君の髪にかざろう

悲しみはつよく抱いて ほほ寄せてとけるまで
よろこびは静かな祈り 君に贈る たったひとつの言葉

TRUE BLUE BLUE TRUE LOVE
TRUE BLUE BLUE TRUE LOVE
16:51  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.20 (Sun)

いくつかの場面/沢田研二

いくつかの場面
いくつかの場面
お友達のぶろぐでJulieの曲の詞を西岡恭蔵さんや加川良さんが書いているとコメントしたのでちょっと取り上げてみることにしました。

アルバムタイトルは「いくつかの場面」同名曲はアルバム最後に収録されています。



1.時の過ぎゆくままに   作詞阿久悠  作曲大野克夫
2.外は吹雪        作詞及川恒平 作曲大野克夫
3.燃えつきた二人     作詞松本隆  作曲加瀬邦彦
4.人待ち顔        作詞及川恒平 作曲大野克夫
5.遥かなるラグタイム   作詞西岡恭蔵 作曲東海林修
6.U.F.O       作詞及川恒平 作曲ミッキー吉野
7.めぐり逢う日のために  作詞藤公之助 作曲沢田研二
8.黄昏のなかで      作詞加藤登紀子作曲加藤登紀子
9.あの娘にご用心     作詞大瀧詠一 作曲大瀧詠一
10.流転          作詞加藤登紀子作曲加藤登紀子
11.いくつかの場面     作詞河島英伍 作曲河島英伍

アルバム発売当時は作家陣のことなどほとんど気にすることがなかったのかもしれません。
今、見てみるとすごいですね。
そういうコンセプトで作られていたアルバムだったのですね。

ではこの中で西岡恭蔵さん作詞の

  ♪遥かなるラグタイム♪

窓辺遥かに陽が落ちると
ああ流れくるあの遥かなラグタイム
いつか聞いた遠い町の歌
ああ胸に残るあの遥かなラグタイム

歌ってよ俺らだけに
聞かせてよ 声はずませ
心に響く楽しいメロディ

古いピアノとあんたの声が
昔聞いたレコードみたい
ランプの光にあんたの指が
右に左に調子をあわす

沈んだ気持ち 陽気にさせる
まるで魔法さあの遥かなラグタイム

歌ってよ俺らだけに
聞かせてよリズムにのせ
心にしみる優しいメロディ
16:26  |  Julie  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.19 (Sat)

初恋の丘/由紀さおり

突然?! って感じですが・・・
今日、toyogeさんが歌ってくれた曲。
なんかめちゃなつかしかったぁ~
さすが古いのを良く知ってると思ったら最近のアルバムで誰かがカバー
しているのを聴いたそう。

「初恋の丘」「生きがい」「ルームライト」(←試聴できます) くらいだけど私はリアルタイムで気に入ってました。確かカセットがあるはず・・

「初恋の丘」は作詞が北山修さんなんですね~
「ルームライト」が岡本おさみ作詞吉田拓郎作曲 は知っていましたが。
なつかしついでにちょと聴きたくなった 今日の1曲でした。

で、「初恋の丘」といえばビーバースのも好きな曲です。

相変わらず良さんも聴いています。
昨日、今日は「やぁ。」です。
大好きな「精一杯」が入っています。

17:05  |  邦楽ノンジャンル  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.18 (Fri)

鳥のようなもの/永井龍雲

torigif.gif
私一番の龍雲さんの ♪鳥のようなもの♪ です。
今まで、落ち込むと龍雲さんの歌にどっぷりつかって落ちるとこまで落ち込んで這い上がってくる そういうパターンでした。
でも、「鳥のようなもの」が出来てからはまず、この曲にひたってそして、現実を受け入れるしかないんだ って自分に言い聞かせるようになりました。

あなたはあなたのままで生かされてそこにある

一歩間違うと宗教みたいに聴こえてしまうかもしれないけど・・・
すべて天の計画(はからい)配剤なのだと受け入れることで気持ちがす~っと楽になれるような気がします。

龍雲さん自身が今までに通ってきた人生のどうにもならないこと 理不尽なこと あらゆることを超えてきてこんな歌詞が書けるんだとそんな気がします。

まだ勝ってないから上をめざして頑張れるっておっしゃってました。
もう一花 咲かせたい!

少しでも多くの人の耳に心に届いて欲しい 龍雲さんの歌声が。

ここのところ落ち込みが激しいので聴いて心を落ち着かせています。

この歌を初めて聴いたのは江古田マーキーのライブでした。
初めて聴いた時の感動 忘れられません。
ライブ終了後に曲のタイトルを尋ねたら「・・・(てんてんてんと空に指をおいて)のようなもの」と答えてくれました。
そしてタイトルは「鳥のようなもの」とついてデビュー25周年記念CDとして発売されることになりました。
シングルは通販とライブ会場でしか買えませんがアルバム風樹
風樹

に収められているので是非聴いてみてください。
・・・とちゃっかり宣伝もしてしまった!


鳥のようなもの   作詞作曲 永井龍雲
 
空を飛ぶ鳥のように 何にもとらわれずに生きて行こう
雨上がりの空に掛かる 生命は例えば虹のようなもの
あなたはあなたのままで 生かされてそこに在る
花をこぼれた朝露さえ 全ては天の計画(はからい)

人の手で創られた 形あるものはいつか崩れてゆく
魂の遠く遥かな記憶を辿れば 鳥のようなもの
私は私のままで 示された道を行く
光幽(かそ)けし木の下道 全ては天の配剤

あなたはあなたのままで 美しく咲いている
名もなき一草一木さえ 全ては天の計画(はからい)
私は私のままで 示された道を行く
光幽(かそ)けし木の下道 全ては天の配剤
あなたはあなたのままで生かされてそこにある
花をこぼれた朝露さえ 全ては天の計画(はからい)

ラララララララララララララララ
12:09  |  永井龍雲  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.16 (Wed)

コオロギ/加川良

良さんのアルバム親愛なるQに捧ぐの中のとっても短い歌。

ひとりぽっちになりたいと 思う人ほど淋しい人
大声出して笑える人の涙ほど美しいもの

ひとりぼっちで死んでコオロギのようになり
からからになってからっ風にとばされようか


歌詞はこれだけ。
でも、今日の私にはしみた~~

まさに今日の一曲です。


「夕焼けトンボ」も短いけどなんでこんなにしみるんだろう
私はいつも泣いている 隠れないで大声で泣けたら
もっともっと軽くなれるのにな って思いながら
隠れて泣いてます。

夕焼けトンボはなぜ赤い 俺の涙を見すぎたのだろうね
泣けないお前はかわいそうだね
泣けないお前はかわいそうだね

夕焼けトンボよどこへゆく お前も隠れて泣きたいんだろうにね
泣けないお前はかわいそうだね
泣けないお前はかわいそうだね


このアルバム 聴けば聴くほど良さんが伝わってくる。
「こもりうた」もよかったなぁ アレンジも手伝ってかバイオリンの音色が
悲しいくらいにしみこんできました。

心の中にまで北風が吹かぬよう
いつか君の涙 風がぬぐってくれるよ
それでもさすらいの子思い出しておくれ
それでもさすらいの子 忘れないでおくれ

僕はさすらいの子 気ままな風さ
だからそう僕はさすらいの子でいよう


「鎮静剤」は高田渡さんとはメロディが違うのですね。
下宿屋のメロディに載せている?
渡さんで聴いた「鎮静剤」とは全然違った歌に聴こえる。
歌というよりほとんど語り?
良さんが語ると忘れられた女さえ包みこんでくれるようなそんなやさし
さが感じられるのです。

自分はどのレベルの女なのかな?とこの曲を聴く度に思う。
たいくつな女→悲しい女→不幸な女→病気の女→捨てられた女→
よるべない女→追われた女→死んだ女→忘れられた女

ムジナさんへ
良さんもまさじさんのことも(泉谷さんは2曲しか知らないし)そんなに
知らない私がちょっとした偶然でムジナさんのお部屋に行くようになって、
部屋が開いているとついお邪魔してしまうのはその居心地のよさ。
めちゃくちゃ上手な弾語りを聞かせてもらえるだけでなくめちゃくちゃ
マニアックなお話がメインでとびかう。
で、上手い下手は関係ないんだとマイクがまわってくる。
普通ならできません あんなレベルの高い部屋でマイクをとるなんて。

良さん、まさじさん(ディラン)の歌を聴いた時に感じられるやさしさ
がきっとあのお部屋にはあるのでしょうね。
類は友を呼ぶ 良さんやまさじさんの歌に影響を受けて育ってこられた
からきっと彼らの魂やメッセージが乗り移っているのかも?
ちょっとおおげさすぎました? (笑)
またお邪魔しますのでよろしく
13:09  |  加川良・高田渡  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.14 (Mon)

教訓/加川良

教訓
教訓
親愛なるQに捧ぐ
親愛なるQに捧ぐ


最近お邪魔しているめちゃくちゃマニアックなチャットルーム「弾語り泉谷、大塚、加川」(うぅ。。タイトルがこの通りじゃないかも?)の影響で大塚まさじさんや加川良さんの音源を出してきて聴くことが多くなりました。
聴こうと思った時にあるのもすごいな・・(笑)

実は2年くらいまえに良さんの音源をMDで全部いただきまして、自分でも初めて行ったライブでCDを買ってきました。
サインもいただきました!良さんの目はやさしかったぁ♪ぽっ

ほとんど知らなかった良さんを一気にまとめていただいて一応聴きとおしたんですけど、やはり一気食いは味わう前に消化不良してました。
なにがなんだかわからない状態で。
聴いた瞬間に ピッ!と来た曲だけは詞を書き写したりしてたんですけど。

で、今度は消化不良にならないように1枚ずつ味わって聴いてみようと思ったしだいです。
それで今日は一枚目のアルバム「教訓」二枚めの「親愛なるQに捧ぐ」を聴いていました。

レコード音源ですので針の音がぷちぷちいったりしていいもんでした~

でも初期はやっぱり社会派の曲が多いですね~
その中で「夕焼けトンボ」「こもりうた」のようなやさしい気持ちになれるような曲がやっぱり私は好きみたいです。

21:12  |  加川良・高田渡  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.13 (Sun)

春は静かに通り過ぎてゆく/ロックキャンディーズ

讃美歌
讃美歌

今日、チャットムームで初めて聴かせてもらったロックキャンディーズ! 
春は静かにとおり過ぎてゆくという曲でした。
谷村さんがアリスの前に活動していたグループ?
詳しいことはよく知らないのです。
最初はアリスの曲かと思いましたが“ロッキャン”だったそうです。
それがめちゃくちゃかっこいい曲でした。

今日はチャットルームで遊んでしまったので甲斐さんはちょとおやすみ。

なかなかにマニアックな曲を聴かせていただきました。
楽しかったぁ~♪

22:38  |  フォーク系  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.12 (Sat)

らいむらいと・ガラスの動物園/甲斐バンド

らいむらいと
らいむらいと
  試聴

        ガラスの動物園
ガラスの動物園
  

とうとうレコードを出してきてターンテーブルに乗せPCに取り込んでCD-Rに焼くことにしました。
でも、ノイズが・・・(泣)
針はとぶし・・・ レコードで直接聴くことはほとんどなかったんだけどなぁ
やっぱりCD音源欲しい~~

書き残した詞をもう少し・・
アルバム「らいむらいと」と「ガラスの動物園」から・・

全ての夜から色のない朝まで 僕は歩き続ける
一人の淋しさがこわくて 熱い愛の言葉をさがす
そんな僕に そんな僕に ドラマはいらない

                 <思春期>

人は別れるためにめぐり逢うことなど
きっときっとなかったはず・・・
   <あの頃>


別れるために君を抱きしめたんじゃない
燃えつきるほど二人 生きちゃいないじゃない

            <ポップコーンをほぉばって>

喜びと悲しみは 背中合わせに いつも並んですわってる

私を忘れないで 君を忘れないよ 朝に光はとどくのに
この影のようなさびしさは なんだろう

              <光と影>

果てることのない この世の中で
果てることのない 人の流れの中
あの人は いつわりだけが 味方だとつぶやいた

もどれはしない この人生の もどれはしない あの街角に
想い出だけが 昨日のように 僕の名前だけを呼んでいた

              <昨日のように>

そして僕は僕だけの道を歩こうとし
君は僕だけのために ただ生きようとした

そしていつも 傷つけることばかりのくりかえし
僕らは血を流しながらそれを愛と呼んだ

            <東京の一夜>

女は泣きじゃくり 男のポケットに愛を捜す
君は振り返り僕に 昨日の優しさ求める
そんな風に 今日も過ぎてゆく
いつも曲がり角ですごそうなんて 時は許しちゃくれない 

                  <男と女のいる舗道>

想い出という名の酒を 無理に飲みほして
二杯目の孤独という酒を 注いだ時
グラス越しに見えたのは 一つの横顔

夜汽車の汽笛が 今日も遠くですすり泣く
ほんの小さな倖せ それも忘れてしまった
一人じゃ淋しすぎ 二人じゃ辛すぎた

          <悪いうわさ>
17:03  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.11 (Fri)

誘惑/甲斐バンド

誘惑
誘惑


今日はアルバム 「誘惑」(試聴)です。

「俺はロックを書く詩人になりたい」そう言ってた甲斐さん。
彼の書く比喩表現は本当に素晴らしいと思う。
どうしたらそんな表現が出てくるんだろう?
そして、グサっとつきささって傷口にしみる。
部屋を暗くして泣きながら聴いたな~ もちろん失恋した時(笑)

 傷つけることも 傷つけられるのも
 慣れていたから お前のやさしさにも
 おびえていた

            <ちんぴら>

 明日はどこへゆこう 明日はどこへゆこう
 いま 夕陽に翼ぬらし 俺は帰るのさ
 お前というあたたかな港にたどりつくまで

            <翼あるもの>

 愛がほしいなんて 言いはしない
 だから君にも あげはしない
 ただおいらは 街角に立ち
 お前のバラ色の髪に顔をうずめ
 現在(いま)を感じていたいのさ

            <嵐の季節>

 悲しい口ぐせ繰り返し 傷つけあった心
 燃えることにも疲れ果てて その日だけを生きた
 汽笛悲しく汽車は泣いた 二つ目の恋
  
             <二色の灯り>

汽笛悲しく汽車は泣いた ってなんか聴こえるよね・・
つぎの♪シネマクラブの詞もすごかった
こういう表現 憧れます。

 おいらの言葉は言い訳で終わり
 君のそぶりは ひどい仕打ちで終わる
 お茶は飲みほされ 酒はつきて
 白いテーブルに黒い時間が残る

 俺は悲しみを 皿にのせる
 君は別れを グラスにそそぐ

        <シネマクラブ>

 ああLADY
 長い雨もすさぶ風も外は続きそう
 だけど心の中のアンブレラ もうたたんでもいいんだろう

 からっぽのポケットにみたされた虹を
 強くにぎっては今にもこわしそう
 だけど今帆をあげ 高い波をくぐりぬけ
 荒れた海の中に二人船を出す 
  
           <LADY>   
大森さんの泣きのギターがたまらないです。
もう生で聴くことはできないのですね・・・

♪LADYはめずらしくhappyな歌ですがhappyでありながらきゅ~んとするものがあります。
この後、二人はどうなるのかな?

実際は二人は船を降り“破れたハートを売り物にして”今度は別の人と“観覧車”に乗るのです・・・
19:28  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.10 (Thu)

最後の夜汽車/甲斐バンド

この夜にさよなら
この夜にさよなら
 昨日に引き続き甲斐バンドです。
今日は、MDウォークマンをカセットウォークマンに持ち替え、レコードを買った時に録音したままのカセットテープを出してきました。
本当はCDがほしいけどとても全部はそろえられないし、レコードがあるからと諦めたままになっています。
やっぱりCDが欲しいなぁ。

このカセットはアルバム「この夜にさよなら」と「誘惑」の2枚を1本にしたもので一番のお気に入りカセットです。

その中でもお気に入りは「最後の夜汽車」

♪白い月あかりのその裏側で 僕らはゆがんだ顔を洗った
 白い月あかりのその裏側で 涙のかけらを洗い落とした♪


ライブでは甲斐さんが背中を向けこの部分を歌い終わるとくるっと正面を向く その時スポットライトが甲斐さんを照らす。
ライブの中でも中盤の名場面!
その瞬間は会場がし~~んと鎮まりかえります。
あ~~ライブ音源も聴きたくなった!
ビデオも見たくなってきた!

甲斐さんの詞がたまらないです。

♪星のふる夜 ひとりぼっちで
 あんたのぬくもり 拾い歩く
 星のふる夜 ひとりぼっちで
 あんたのやさしさ 探し歩く♪
 
           <この夜にさよなら>

歌詞の気にいったフレーズ、響いたフレーズをノートに書き出したりしてました。
そのノートもだいじにとってあるのでまた書き出してみたいな。
21:40  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.10 (Thu)

HERO(ヒーローになる時それは今)

実はこのぶろぐはMIDIもUPできるのです。
それで甲斐バンドねたつながりでちょっと試しにUPしてみます。

♪HERO 聴こえるかな?
01:02  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.09 (Wed)

英雄と悪漢/甲斐バンド

英雄と悪漢
英雄と悪漢

突然、甲斐バンドです。
というのもなにやらお友達の間で甲斐を弾き語る課題が出てるとか出ていないとかで??
つい一昨日も「安奈」などなど聞かせてもらったのでした。

ちょうど、今甲斐さんが[“アコギ”なPARTY 30 ] というタイトルのツアーをやっているんですよね。
お友達がツアーメニューを知らせてくれたんですけどイマイチ納得できない(笑)
というのもせっかくのアコギなライブなのに電気を使ったバンドライブと変わらないメニューで「漂泊者(アウトロー)」やら「ヒーロー」やらヒット曲のオンパレード。
小さな町を回るツアーだそうでどうしてもみんなが知ってる選曲なんだそうです。
なんだか甲斐さん大人すぎない??? 

で、ギターで弾き語るなら ♪絵日記♪ ♪光と影♪   ♪二色の灯り♪ なんかやってほしいなぁ~ と思うしだいです。
私、頭カタイかなぁ~
今日、貼り付けたアルバム「英雄と悪漢」は初期の頃の作品でアコースティックな香りがするかなぁ~

甲斐バンドは無償に聴きたくなることがあって聴き始めるとしばらく止まらない(笑)

いっぱい大好きな歌があるし話したいこともいっぱいなのでまたちょこちょこと登場すると思います。
思いつめると甲斐さんの歌詞が浮かんできます。

また明日も続きそう・・




22:28  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.08 (Tue)

ワルツ/大塚まさじ

風のがっこう
風のがっこう


このページを作った時からいつか書きたいって思ってた歌です。
去年だったかお友達T坊さんから大塚まさじさん、西岡恭蔵さん、小室等さんが出演のNHKFMのスタジオライブのカセットをいただき、その中に入っていた大塚さんの♪ワルツ♪に大感激しました。
その時の気持ちにものすごくぴったりフィットして涙が出ました。
でもいつしか心の中が見えなくなって、心の底に届かなくなっちゃった。


ワルツ 大塚まさじ

知らない二人がめぐり合って
愛し合い感じあい互いに結ばれた
自分がもらって嬉しいものを
あなたにあげられたら 最高なのにね
心の中まで見れるといいね
心の底まで届くといいね

憎しみあうために生きてきたんじゃない
縛りあうために結ばれたんじゃない
あなたの痛みは僕の痛みと
気付いたその日からやさしくなれた
心の中まで見れるといいね
心の底まで届くといいね

ララララ・・・

自分がもらって嬉しいものを
あなたにあげられたら 最高なのにね
心の中まで見れるといいね

19:06  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.07 (Mon)

さみしがりや/ディランⅡ

きのうの思い出に別れをつげるんだもの
きのうの思い出に別れをつげるんだもの


今日はディランⅡのアルバム「きのうの思い出に別れをつげるんだもの」を聴いてました。
このCDは2年くらい前に下北沢の中古レコード屋さんのCDコーナーに並んでいたもの。そこにはURC復刻盤シリーズの新品見本盤が何枚か並べられていて何か一枚欲しいなぁとあまり深く考えずに買ったものでした。
(見本盤を売っちゃうのか?いいのぉ?と思いながら)

中古屋さんて必ずしも目的の物があるわけではないけど、ずっと欲しくて手に入らなかったものや思いがけずに見つけたものに巡りあえると嬉しいですね。
その日も「なんかないかな?」と思ってお店のドアを開けたので・・
ちなみにその時にナターシャの107シリーズの一枚も手に入れたのでした。

で、今日は昨日の尾っぽを引きずってディランⅡの世界に浸っているわけです。
曲もボーカルもそれほどインパクトはないのだけどなんだかやさし~くなれる世界でした。

買ってすぐに聴いた時は通りすぎていた曲だったのに おお! こんなのあったんだ! と嬉しくなったのが先日から日記で話題(?)の「さみしがりやのひとり好き」にぴったりの歌を見つけたこと。
タイトルもそのまま♪さみしがりや♪

さみしがりや  作詞作曲 おおつかまさじ

飛ぶことのできないさみしがりやは
君の胸もとに耳をあて
やすらぎを求め続ける
墓場をさまよう母親たちに
会えないってさみしがる

ひとりぼっちの好きなさみしがりやは
沈みゆく太陽が好きで
ささやかなよろこびを手に入れる
でも愛のない石切場では
キスはやめときな

こわすことのこわがるさみしがりやは
ひたすら口でこわしつづけきずつけ合う
近づこうと君の見せてくれたはずのものが
僕には見られなかったんだ
君の見せてくれたはずのものが
僕には見られなかったんだ

13:21  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.06 (Sun)

ガムをかんで/ディランⅡ

ザ・ディラン II BOX
ザ・ディラン II BOX
second
second







今日、チャットルームでディランⅡ←クリックで試聴)の歌を聞かせてもらったので今日はディランⅡ!
最近は、時々お邪魔している泉谷さん加川さん大塚さんを中心に歌うチャットルームでも聴かせてもらう機会が多くなりました。

6~7年前に龍雲さんが司会をしていたフォーク喫茶という番組に西岡恭蔵さんと大塚まさじさんの二人でゲスト出演してるのを見たのが初めてだったかな?
それまでは「プカプカ」の歌しか知りませんでした。

その時の紹介でこのお二人に永井ようさんが加わった3人で結成したのがザ・ディランで後に西岡さんが抜けて「ディランⅡ」になったことを知りました。

また西岡さんの奥様クロちゃんのことも・・
その時はまさか象さんまで逝ってしまうとは思ってもいませんでした。
番組の中の会話で「今、心の整理と冷蔵庫の整理をしている」っておっしゃってました。

10年ほど前に大阪の鶴瓶さんのラジオ番組のオリジナルCDが抽選で当たって、その中に大塚まさじさんの歌で「ガムをかんで」という曲が入っていましたが大塚さんとディランが結びついたのはこのテレビを見てからでした。

今日歌ってもらったのは「悲しみのサラリーマン」と??



18:34  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.05 (Sat)

白馬のルンナ/内藤洋子

image3414s.jpg
白馬のルンナ
白馬のルンナ

どんどん古くなる?

オールナイトニッポン まだパーソナリティがニッポン放送のアナウンサーだけの頃、それこそ始まったばかりの頃に偶然聴いたのが始まり。
まだ、そんなにお便りなど来てなくて4時間で50~60曲かけるなんてね・・本当の意味でのDJでしたね。

特に好きだったのは火曜日のアンコーさんと土曜日の亀ちゃん。
亀ちゃんは先日、ニッポン放送社長としてTVに出ていらっしゃいました。
カメ&アンコーで「水虫の歌」なんてレコードも出していました。

そのアンコーさんが大ファンだと言って毎回のようにかけていたのが内藤洋子さんの ♪白馬のルンナ♪ かわいかった~~ 

23:54  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.01 (Tue)

この世の果てまで/ブレンダ リー

ヤフートピックに失恋ソングベスト10が出ていた。
最近の子達の選曲だからおもしろくない(笑)

私の失恋ソングはと思いめぐらせてみたら・・
1番はフォークルの「悲しくてやりきれない」

短大時代に覚えたブレンダ・リーの♪この世の果てまで♪も忘れられない。
実に色んな人が歌っているのだけどこの曲というとブレンダ・リー
この世の果てまで~ブレンダ・リー・ベスト・セレクション
この世の果てまで~ブレンダ・リー・ベスト・セレクション

英詞を直訳しても理解できる内容で・・・

この世の果てまで(The End of the World)



Why does the sun go on shining?
Why does the sea rush to shore?
don't they know it's the end of the world
Cause you don't love me anymore?

Why do the birds go on shiging?
Why do the stars glow above?
Don't they know it's the end of the world

It ended when I lost your love
I wake up in the morning and I wonder
Why evryting's the same as it was
I can't understand no I can't understand
How life goes on the way it does
23:53  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.03.01 (Tue)

私に人生といえるものがあるなら/高石ともやとナターシャセブン

深夜放送からヒットした「受験生ブルース」が世間一般では高石ともやさんの代表曲に思われているけれど、この曲以外を聴く機会がなかったらもしかしたら食わずぎらいのアーチストになっていたかもしれない。
中学の頃深夜放送からは「思い出の赤いヤッケ」や「陽気にいこう♪私に人生といえるものがあるならも流れてきて「受験生ブルース」のイメージとは全然違う友也さんの歌を聴くことができた。
古いオムニバスカセット(要するにラジカセから流れてくると録音ボタンを押してためて来た)に今もその頃の録音が残っている。
何年か前に「107ソングブックシリーズ」の中の一枚を中古レコードで見つけて即買い!
MDに落として何度も聴いた。
最近になってお友達からベスト盤のCDをいただいてきれいな音で聴くことができるようになった。
ともやさんのことは全然詳しくないんですけどね・・

私に人生といえるものがあるなら
              作詞 笠木透 作曲 アメリカ民謡

私に人生と言えるものがあるなら あなたとすごした あの夏の日々
きらめく草の葉に心がはずみ 野に咲く花に 心がかよう

私に人生といえるものがあるなら あなたとすごした あの夏の日々
愛していたのに あなたは消えた 信じていたのに 何故かわからない

私に人生と言えるものがあるなら あなたとすごした あの夏の日々
許されるのなら やり直してみたい できることなら あの日に帰りたい

22:33  |  邦楽ノンジャンル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |